森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

ボート初釣り・・・イカの釣果は

 朝4時半、目覚まし時計が鳴った。今日は、今年初めてのボート釣りの日だ。それなのに、いまひとつ気分が乗らない。雨が降っていたら釣りに行かなくていい。風が強ければボートを出せない。そんな自然現象を密かに期待する自分が情けない。

 前夜はそれなりにやる気はあったが、いざ朝起きると億劫になってしまうのだ。今年の正月、もっと積極的に生きようと誓ったばかりである。それなのにこの体たらくだ。布団を蹴飛ばし、「よしゃ」と言ってはね起きた。

 由良湾に向けて軽トラを走らせた。すでに東の空は明るく、快晴だ。大型のアオリイカを狙い、生きたアジを食わせて仕留める作戦だ。漁港に立ち寄り、アジを10匹買った。いつもは20匹、30匹と買うが、春のイカは釣れる確率が低く、それだけあれば十分だろう。

 湾奥の漁港からボートを出した。海は凪いでおり、遠出することにした。5か月ぶりにボートを走らせると、何だかんだ言っても気分が高揚してくる。やや肌寒い風を受けながら40分ほど走った。沖合いに島が二つあり、その手前の磯場にアンカーを入れた。

IMG_0194.jpg

 生きたアジを針に刺し、20mほど飛ばして当たりを待った。海中を見ると、長い藻が水面近くまで繁っていた。この季節、イカが産卵するため藻場に集まって来るのだ。イカがアジに食いつけば、藻の上に浮かせなければ、糸が藻に絡んでしまう。これが最も肝心だ。

 待つこと30分、竿が満月のように曲がり、続いてジーという音を立てながらリールから糸が出る。イカがアジに食いついたのだ。イカは止まってくれず、沖へ沖へと遠ざかる。リールのスプールを指で押さえ、ブレーキをかけてみるが効果はない。こんなに糸が出れば、寄せるのに難儀するだろう。

 やっとイカが止まり、引き寄せにかかった。春はイカの図体が大きいので、少々引っ張ってもアジを離すことはないが、なぜかイカはアジを離してしてしまった。そのまま待てば、再びアジに食いつくはずだ。案の定食いついたが、またも離してしまったのだ。イカの食い気が悪いのか・・・。最初のチャンスを逃してしまった。

 それから20分ほどすると、またもイカが乗った。一気には走らず、ジリジリと小刻みにリールから糸を引き出し行く。イカは竿先から30m以上離れており、これ以上走られてはお手上げだ。2分ほど待ち、かなり強引にリールを巻いて寄せにかかった。ある程度寄せても、イカは竿を絞り込んで沖に逃げる。その繰り返しだ。

 長いやり取りの末、掛け針のヤエンという器具を糸に装着して送り込んだ。イカまで遠いので、なかなかヤエンが沈んでくれず、ブランコのように揺れながら少しずつ前進する。ヤエンがイカに到達したかどうかは勘というしかないが、合わせを入れるとうまく掛かり、強烈な引きが伝わってきた。

 大袈裟ではなく、いよいよイカとの格闘である。相手は間違いなく2キロ、3キロの大物に違いない。強めに締めたスプールが逆転し、何度も何度も潜られた。悪戦苦闘の末、15mほど沖の海面がガバッと盛り上がり、黄色いイカが姿を現した。息を呑むほど大きい。

 やっと玉網が届く距離に来た。海面はスミで真っ黒だ。玉網ですくおうとしたが、大きすぎて枠からはみ出し、潜られてしまった。また一からのやり直しだ。それでも何とか玉網にイカが入った。しかし、重くて玉網の柄が折れそうになるので、ステンレスの枠を手で持ってボートに引きずり上げた。

 胴の長さ46cm、重さ3キロという大物である。胴体を曲げなければクーラーボックスに収まらない。クーラーの蓋を閉めようとしたら、竿を支えていた左手の指が痙攣し、何分間も苦痛に悶えた。肩で息をするほど疲れたし、達成感もあったのでしばらく休むことにした。

 息を整え、アジを付けて釣りを再開させた。するとまた当たりがあった。竿が45度ほどの角度で海中に没し、糸が出る。おそらく海底深くで食いついたのだろう。イカを底から引き剥がすため、力を込めて引き上げた。竿は大きな円を描いたが、それでもイカはアジを離さない。最初に失敗したケースとは大違いだ。

 そこから先の経過は前述と同じなので省略しよう。仕留めたイカは推定2・8キロほど。これもクーラーに収まりきらず、胴体を曲げて入れた。もう、これ以上釣っても入り切らず、大きなクーラーを持って来ればよかったと後悔もしたが、その一方で、横たわるイカの青い目を見つめていると、これ以上殺生すまいという仏心も頭をかすめた。

          ↓ つぶらな青い目が心に刺さる
IMG_0203.jpg

 仏心と言いながら、またまたアジを付けて仕掛けを投入した。半時間ほどすると当たりがあった。もう、有頂天である。随分走られたが、根気よく寄せて仕留めた。これも2・8キロほどの特大サイズ。クーラーに入らないので、アジを生かしていたバケツに入れ、残ったアジは海に帰した。

 バケツに入れたイカは時折、「ブォー」とい音を立てて海水を噴き上げ、私の服がびしょ濡れになった。午前9時という早い時間だが、餌のアジは捨ててしまったので、釣りはこれまで。帰途の風が快かった。心も軽やかだった。帰って女房に巨大なイカを見せれば、驚くだろうななあ・・・。

IMG_0198.jpg

IMG_0207.jpg

スポンサーサイト
   10:22 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 

マダニに愛されて・・・

 朝起きると、洗面台の前に立ってヒゲを剃るのが1日の始まりである。その際、顔を鏡に映し、容姿に衰えがないか確かめることにしているが、落胆してはため息を漏らす日々である。

 電気カミソリの刃を顎の下に入れるため、顎を上に向けた。すると、喉仏の下約2センチ付近の所が赤く腫れ上がっている。縦1センチ、横3センチほどの大きさで、その赤さと腫れはまるで明太子のようだ。

 前日か前々日、藪の中に入ったけれど、私は幼少期からウルシに対する免疫力があり、負けるようなことはない。虫に刺されるのはしょっちゅうだが、このように明太子状態になるのは初めてだ。

 女房を呼んで見て貰ったが、「小さくてよく見えな」と言い、老眼鏡を取りにいった。しげしげと見入った女房は「ダニかもしれんよ」と恐ろしいことを言った。胡麻粒ほどの黒いものがくっついているらしい。

 毛抜きを持ってきて黒い物体を引き抜こうとするが、何度試みても取れない。「ちょっと痛いわよ」と言って皮膚ごとつかんで引き抜いた。痛かったが、取れたようだ。女房は「いっぱい足が付いているから、やっぱりダニやねえ」と言った。

madani01[1]

 女房は爪でダニをつぶそうと何回か試みたが、なかなか死なない。そのうち、「プチッ」という音がしてやっと死んだ。私も姿を見たが、何本も足が出ており、ネットで見たダニそのものだった。その種類まで分からなかったが、姿や生態などからマダニにほぼ間違いがないと思った。

 マダニは茂みや草むらに生息しており、葉っぱの先などに身を隠して待ち構え、それに触れた人間や動物にくっつくそうだ。人間に寄生し、死に至ることもあるから、軽く見てはいけないらしい。棘を完全に抜くためには医者に行くことだそうだ。

 実は、女房にダニを取ってもらった翌日もかゆみと腫れが引かなかった。棘が残っている可能性があり、女房にもう一度刺された付近を大胆につかんでもらい、皮膚ごと取ってもたらった。腫れは少し引いたが、皮膚の赤味は首より下に拡大した。医者に行くか迷っている。

 そう言えば、生石高原の入り口に「マダニ注意」という看板があるのを思い出した。ススキの葉などにもマダニが潜んでいて、人間に飛び移る機会を伺っているのだろう。今回は、ワラビを採りに行った時、植物の葉が首筋に触れのに違いない。思い出しただけで寒気がする・・・。

  ↓ 山菜の生石高原にはマダニが待ち構えている
IMG_0172.jpg

IMG_0173.jpg

   10:29 | Comment:2 | Trackback:0 | Top
 
 

やっと訪れた春爛漫

IMG_0169.jpg

 4月も下旬になって、ここ生石高原はようやく春爛漫となった。わが家の敷地の山の斜面にはスイセンが黄色い花を咲かせている。女房が少づつ増やしてきたもので、道行く人が足を止めて眺めている。

 山小屋のデッキの正面には山桜の大木があり、今が満開だ。花の密度が大きいソメイヨシノと違って、山桜は花と葉が同時に出てくるので花はまばらだ。しかし楚々とした風情があり、これはこれで味わいがある。

 平安から鎌倉にかけて生きた西行法師は、桜を愛した歌人だ。西行が愛でた桜は、幕末に交配によって作られたソメイヨシノではなく、日本固有の山桜だろう。吉野の桜も山桜である。

 「願わくは 花のもとにて春死なむ その如月(きさらぎ)の望月の頃」。これは西行を代表する有名な歌だが、見事過ぎるその死生観に、私などは腰が引ける。どれだけ桜が美しくとも、そんなに潔くはなれない。桜を愛でながら長生きしたい。

IMG_0161.jpg

 山小屋の周辺を飛び交う野鳥に、ちょっとした異変を感じている。デッキに置いた餌台には、ヤマガラ、シジュウガラ、カケスの3種類が入れ替わり立ち代わりやって来て、ヒマワリの種をついばんでいる。

 去年まではヤマガラが多く、シジュウガラは少数派だった。比率で言うと、ヤマガラが10のうち8、シジュウガラは2くらいだったが、今は6対4ほどになっている。餌の取り合いはシジュウガラが強いから、そのうちヤマガラが追い出されるのではないかと心配している。

IMG_0166.jpg

 ま、そんなことを考えながらぼんやり過ごしているが、朝鮮半島はかつてない緊張が高まっている。平和な日本では、親子二代にわたる色ボケ政治家が大きな話題。九州では3億数千万円が強奪されたのに驚いたが、タイで捕まった女詐欺師の若作りにはもっと驚いた。でも、目元は年齢相応と見た・・・。
   10:44 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 

ノビルもまた春の味

IMG_0130.jpg

 月刊誌に読みたい記事が載っていたので、町の図書館へ向かった。ようやく暖かくなり、春めいた景色を眺めながら生石山をのろのろと下った。すると、畑の一角に目が止まった。そこにはノビルが群生していた。

 耕作されていない畑だから、少々ノビルを頂いても構わないだろう。茎の根元を握って引き抜くと、絡み合った根っこに球根が鈴なりになっていた。鼻を近づけると、ラッキョとネギを足して二で割ったような香りがツンと鼻腔を刺激した。

 ノビルはユリ科の多年草で、野原や土手などどこにでもある。ただ、私たちが暮らす生石高原では見かけないので、わざわざ里まで下って採って帰るのは、年に1回あるかないかだ。

 その夜、女房が酢味噌和えを作ってくれた。翌日の朝食には、味噌汁の具になって食卓に載った。平凡な野草だが、味はワケギに似た独特の風味があり、乙なものである。

IMG_0132.jpg

IMG_0135.jpg

 春に山菜を食べるのは、美味しいからなのか、日本人の体に刻まれた「何か」があるのだろうか。野草の本で読んだことがあるが、山菜には体内に蓄積された毒素みたいなものを排出させる作用があるという。山菜を食べるのはもちろん美味しいからだが、春になるとその効能を体が求めているのかもしれない。

 生石高原に山小屋を建てる前は、そもそもノビルなど知らなかった。北陸の僻地で生まれた私だが、少年時代、山菜はもとより、カボチャの種、桑の実、山芋のムカゴなど食べられるものは何でも食べた。それなのに、ノビルを食べる習慣はなかったのはなぜだろう。

 確かにノビルは、腹の足しになることはない。ノビルや山菜を有難がるのは、むしろ食生活が豊かになった裏返しなのだろうか。それとも、現代の食べ物には物足りない「野趣」という風味を珍重する時代なのか・・・。
   09:03 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 

ワラビの初物・・・ピンポイントで採る

 連日の菜種梅雨にうんざりしていたが、やっと晴天になった。午前中は風が強く寒かったが、午後からは風が止み、日差しが暖かくなった。運動不足を解消しようと、久しぶりに女房と散歩に出かけた。

 出発する前、レジ袋をポケットに入れた。これは山暮らしの習性である。もし山菜があれば、摘み取って持ち帰るためだ。先日のブログで今シーズンの山菜事情を書いたが、例年に比べて1週間以上も遅れているので、山菜が採れるとは鼻からから期待していない。

 山焼きで黒ずんだ高原を歩いた。いつもこの季節になるとワラビを採る場所に寄ってみた。イタドリの太い芽が顔を出していたが、ワラビはまったく出ていなかった。

 半時間余り歩いたので帰ることにしたが、そこでふと思い出した。そこは30m四方ほどの狭い場所だが、日当たりがよく、生石高原で最初にワラビが採れるのだ。急な斜面を滑りながら歩き、その場所まで行った。

 すると、7、8cmのワラビが出ていた。その場所を少しでも外れると、ワラビは出ていない。二人で30本ほど採れた。こんなに小さくても柔らかくて美味しいのだ。

 斜面を少し登っていた女房が「割と大きいのがあるわよ」と叫んだ。行ってみると、なるほど長さ15cmほどのワラビが生えていた。太く、鮮やかな緑色だ。いかにも柔らかそうで、夢中になって採った。全部で5、60本はあるだろう。

 家に帰ると早速お湯を沸かし、ワラビの上に薪ストーブの灰をふりかけ、たっぷりとお湯を注いだ。一晩寝かせれば灰汁が取れる。今日の朝、女房がワラビの卵とじを作ってくれた。口の中でとろけ、風味も素晴らしい。

 季節のものを食べられるのは、実に幸せなことだ。山菜の季節にはまだ早いが、それでも幕は開いた・・・。

IMG_0138.jpg

IMG_0140.jpg
   09:19 | Comment:2 | Trackback:0 | Top
 
 

山小屋の暮らしを再開

IMG_0129.jpg

 生石高原の山小屋に帰ってきた。昨年12月以来4か月ぶりだ。翌朝、山小屋のロフトで目覚めると、自分が今どこにるのか分かるまでに、しばらく時間がかかった。夢の続きと勘違いすることがよくあるが、私に限ったことではないかもしれない。

 布団の中から窓の外を見ると、見慣れた山桜の梢に小さな野鳥がせわしなく行き交っていた。「ツツピー、ツツピー」という鳴き声からしてシジュウガラだろう。大津の自宅近くにも野鳥はいるが、このように様々な野鳥の大合唱を聞くと、山の暮らしが始まったのだと実感する。

 生石高原で暮らす知人によると、今年は特に、気温の低い日が多かったという。西日本の桜の開花が遅れたように、間もなく迎える山菜の季節も例年より1週間ほどは遅れると思う。生石に来る途中、桃山町の桃の農家の人に聞いても、開花は1週間以上遅かったと言っていた。

 山小屋に上がってきてまず観察するのは、階段脇にあるタラの木だ。その芽の状態は山菜の季節の進み具合を教えてくれるバロメーターなのだ。今年は、やっと薄い緑色の芽が顔を出したばかりで、食べられるのはまだまだ先。山菜も随分遅れているようだ。

IMG_0122.jpg

 昨年は確か4月10日ごろ山小屋に帰ったが、タラはすでに大きな芽を付けていたし、高原の日当たりのいい斜面ではワラビの初物が採れた。山ウドもコシアブラもわずかだが芽を出し、胸を時めかせてくれたものだ。これが標準的な季節だろう。

 このところ生石高原も連日の雨で、まさに菜種梅雨の風情だ。今朝デッキに出て‘下界’を眺めると、紀淡海峡が雨に煙っていた。デッキの野鳥の餌台にヒマワリの種を置き、口笛を吹き続けていると、ヤマガラが一目散に飛んで来た。4か月ぶりの再会なのに、私の口笛をよく覚えてくれていた。

IMG_0128.jpg

 朝の気温は4度。日中でもそれほど気温が上がらないので寒い。伸び放題になっていた愛犬「ぴー」の毛を大胆に散髪してもらったので、寒くて震え上がっている。体にバスタオルを巻いてやったが、薪ストーブの特等席を譲ろうとしない。

 と言う訳で、夫婦と犬1匹の山の生活が始まった・・・。

IMG_0113.jpg

IMG_0116.jpg

 
   10:55 | Comment:8 | Trackback:0 | Top
 
 

雪の山腹に小谷温泉・・・秘湯の中の秘湯

 長野と新潟の両県にまたがる妙高戸隠国立公園。その雪深い山腹にある秘湯・小谷(おたり)温泉に向かったのは、今月3日だった。この日は、放射冷却によって霜が降る寒い朝になったが、その代わり雲ひとつない晴天だった。

 自宅近くの桜の蕾は、薄い桃色に色付いていたが、まだ一輪も咲いていなかった。それでもわが家の小さな庭の一角では、福寿草が黄色い花を咲かせ、春はそこまで来ているようだ。それにしても西日本はなぜか気温が上がらず、桜の開花は関東に先を越されている。

 午前6時ごろ、米原行きの新快速電車に乗った。青春キップを利用する1泊2日の小さな旅だ。女房が詳細な計画を立てたので、それに従ってひたすらついて行くだけである。

 米原駅を過ぎると、朝日に照らされた伊吹山がヌッと現れた。伊吹山は西の斜面がセメント採掘でスパッと切り取られて痛々しいが、冬は雪に覆われ、何事もなかったように美しい姿をしている。

IMG_0003.jpg

 名古屋で中央線に乗り換え、北上を続ける。中津川までは車窓に気を取られるような風景は少なく、文庫本を読みふける。私は中津駅に着くと待ち時間を利用し、改札口を出て正面に鎮座する恵那山を眺めることにしている。日本百名山に数えられているが、余り人気がない。むしろ島崎藤村の故郷の山として有名かもしれない。

IMG_0008.jpg

 ここからの中央線は、よそ見が出来ないほど忙しくなる。車窓の左に、右に中央アルプスの名峰が現れるのだ。名前そのものも美しい空木岳、木曽駒ケ岳、今なお噴煙を上げる御嶽山・・・。

IMG_0012.jpg

 松本駅には昼ごろ着いた。駅ビルを出て右手すぐに蕎麦屋があり、松本に来たら立ち寄る店だ。「榑木野(くれきの)」という店だが、読み方が難しいので、何度来ても覚えられない。蕎麦の量も多く、美味しい。お焼きとのセットを注文した。

紙

 次に向かうのは信濃大町だ。学生時代から何度もここで乗り換え、白馬に行った。駅の右手に馬肉の専門店があり、馬刺しの塊を買った記憶があるが、大町の古老から「そんな店はないよ」と一蹴された。人間の記憶というものは、いい加減なものなのだ。

 松本を出ると、左手には常念岳の尖がった名峰が見えるはずだが、この日は雲が湧いており、まったく見えなかった。大町駅からは針ノ木岳、鹿島槍ケ岳なども見られるはずだが、これも雲の中。おまけに、大町市街を歩いていると吹雪になり、この天気の急変には参った。

IMG_0023.jpg

IMG_0019.jpg

 電車が木崎湖、青木湖を過ぎる頃、雪は本格的に降り、みるみる雪が積もった。北アルプスの山岳風景も楽しむことが出来ず、終点の南小谷駅までは退屈だった。駅から温泉までは路線バスだ。半時間ほどかけて急な山道をノロノロと走った。ここには3軒ほどの旅館があったらしいが、今は山田旅館だけになっていた。

IMG_0033.jpg

IMG_0051.jpg

 小谷温泉は、雨飾山(1963m)の登山口にあり、登山者のバイブル「日本百名山」を著わした作家深田久弥もたびたび訪れていた。深田は雨飾山に挑み続け、戦後、3度目の挑戦でやっと登頂を果たした。妻もいる彼は密かに別の女性と山田旅館に逗留したこともあり、その大人の恋愛余話は今も語り草になっている。

 武田信玄の家臣が見つけたという温泉は、標高850mの山腹にある。ひなびた趣があり、秘湯の中の秘湯だ。湯が滝のように浴槽に落ちて来る。加水もしていない正真正銘の源泉掛け流しだ。泉質はナトリウム炭酸水素塩泉で、家に帰ってからも肌がヌルヌルしていた。

IMG_0053.jpg

 若い人はともかく、私たち年寄りにはこたえられない旅館だ。明治、大正の古い建物はギシギシときしむが、炬燵に足を入れて湯の余韻を反芻していると、ほっこりする。塩漬けで保存されたワラビは絶品だった。昨年は中仙道・妻籠の蕎麦屋で塩漬けの方法を教えてもらったが、失敗した。今度こそと思い、山田旅館の女将から根掘り葉掘り聞いた。

IMG_0043.jpg

 翌日、朝食をすませると女房が風呂に行ったので、私は散歩することにした。前日とは打って変わって晴天である。2、3mもある雪の壁を見ながら通行禁止の道を登った。カーブを曲がった所で雪が低くなっており、滑りながら除雪された雪の上に立った。そこには絶景が広がっていた。北アルプスの峰々が神々しく光っていたのだ。

IMG_0066.jpg

IMG_0057.jpg

 旅館の主人に写真を見てもらうと、百名山の鹿島槍ケ岳、五龍岳だという。山は方向によって随分形が異なるものだ。帰りのバスからは、白馬鑓、杓子、白馬の「白馬三山」が見えた。2年前の夏、2泊3日で三山を縦走したので思い入れが強く、感動した。バスの運転手さんは、はしゃぐ私のために2回もバスを止めてくれた。感謝、感謝!

      ↓ 白馬三山
IMG_0076.jpg

 帰りの電車からも、次々と北アルプスの名峰が現れ、目を楽しませてくれた。双耳峰の鹿島槍を始め、針ノ木岳、爺岳のピラミッドが青い天を衝いていた。次第に雲が湧いてきたが、常念岳の頂上が一瞬見えた。

IMG_0084.jpg

      ↓ 雲間から見えた常念岳のてっぺん
IMG_0092.jpg

 乗り継ぎの塩尻駅で名物の釜飯を買い、車中で食べた。昔は陶器の器だったが今はプラスチックだ。若い頃、何かの役に立つと思い、陶器を持ち帰ったこともあった。ケチな性格だった。

 奈良井宿と木曽福島を歩いて帰途についたが、それにしても木曽路は欧米の旅行者が多い。日本の原風景を探訪するのが目的だろう。知らない小さな駅で大勢が降りたが、どこかへ向かうのだろう。ぜひ、穴場を教えてほしいものだ・・・。

IMG_0099.jpg

IMG_0106.jpg

   08:31 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 

大統領への尊厳・・・韓国マスコミの歪み

 日本には「武士の情け」という美徳がある。江戸城松の廊下で吉良上野介に斬りかかった浅野内匠頭は、「武士の情けでござる」と叫んでとどめを刺そうとしたが、羽交い絞めにされ果たせなかった。この赤穂浪士の一幕は講談の世界かもしれないが、古今、日本人の心を揺さぶり続けている。

 「憐憫の情」も古びた言葉かもしれないが、格差が増し、弱者にそれほど優しくない現代では、一段とその言葉の重みが増している。かわいそうに思うこと、哀れむこと、いたたまれないこと、見るに忍びないこと、見ていられないこと・・・。そんな思いも憐憫の情の意味だろう。

 明治時代に新渡戸稲造によって書かれた「武士道」は、武士階級の価値基準を示したものだ。その中心に据えられているのは、私の勝手な解釈だが、「惻隠(そくいん)の情」だと思っている。武士の心得として「哀れに思う気持ち、かわいそうに感じる気持ち」が大切だと説き、最高の徳に通じるとしているのだ。

 なぜ長々とこんなことを書いたのか・・・。韓国の朴槿恵前大統領が逮捕された翌日の韓国紙の報道を見て、情けない気持ちになったからだ。中央日報、東亜日報、朝鮮日報など各紙は、1面に前大統領の写真を大きく掲載しているが、化粧を落とした彼女をことさら醜悪に見せようとする意図がありありとうかがえた。

 それはまるで晒し首である。日本でも京の六条河原に罪人の首を晒した時代があったが、韓国社会はそんな時代を引きずっているように思える。いやしくも彼女は、韓国の多くの人々によって選ばれた大統領である。収賄や強要の罪に問われているが、だからと言って、敬意や尊厳を切り捨てても良いとは思わない。

 韓国は、国民の感情を優先させる「情治国家」だが、しかし一応、法治国家でもある。彼女は法律によって裁かれるべきなのだ。マスコミがこぞって彼女への憎しみぶつける論調は、一体何なんだろう。それが国民の総意と言うよりは、往々にしてマスコミによって煽られた憎しみの感情ではないだろうか。

 韓国には、日本特有の「武士の情け」はともかく、「憐憫の情」のような言葉が存在するのだろうか。テレビを見ていると、朴前大統領を批判する人々の言動は、いちいち書くのが憚れるほど口汚いものだ。憤怒が渦巻く韓国社会は、人々の精神の平衡感覚が失われているように思える。

 朴前大統領は、時に中国に擦り寄り、習近平に秋波を送る姿は見苦しかった。そして日本に対しては、恨みは千年経っても消えないなどと公言し、常に冷淡だった。けれど弾劾を受け、拘置所で凍える日々を送る彼女に対し、傷口に塩を塗りこむようなことはしたくない。それが日本人の心の奥にある「惻隠の情」なのだ・・・。 

 
 
   11:02 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 

森友学園の嘘と真実・・・ある殺人事件を思い出した

 何十年も前、知り合いの弁護士から次のような話を聞いたことがある。ただ、記憶が薄れており、正確でない部分があるかもしれない。

 その話とは・・・。ある地方都市で女性が殺害され、家に放火される事件があった。警察は数日後、無職の中年男性を逮捕した。取調べに対し、男性は犯行を自供し、起訴された。この弁護士は、国選弁護人として男性の弁護に当たった。

 事件は物証に乏しく、裁判は犯行を自供した捜査段階の供述について、信憑性が争われた。弁護士は、犯行前後の男性の足取りなどについて徹底的に調べた。しかし、警察は殺害方法など犯行の核心にこだわり、弁護側のように事件の枝葉については捜査をおろそかにしていた。

 検察の供述調書によると、被告は犯行後、市内の公園のベンチで寝たとされていた。ところが弁護側によると、その夜は雨が降っており、ベンチで寝ることは考えられなかった。また、逃走経路についても矛盾が多いのに、検察側は供述を鵜呑みにしていた。

 弁護側は、供述の嘘や矛盾を列挙し、犯行の自供だけが正しいとする検察側の主張には大きな無理があると批判した。判決は弁護側の主張を認め、無罪判決を言い渡した。この弁護士は、後に弁護士会の会長を務めたほどの凄腕の人だった。

 数多くの嘘をついているのに、核心の一つだけは信じてくれと言っても、普通の人はそれほどお人よしではないだろう。今、国会で同じことが起きている。大阪の国有地払い下げをめぐる森友学園の籠池理事長の発言である。

 森友学園に天皇陛下が訪問された。安倍総理も来られた。安倍総理の名前で寄付を集めた・・・。彼の発言には嘘がいくつもあるのでいちいち覚えていないが、一番大きな問題は「安倍総理から100万円の寄付をいただいた」という証言だ。

 学園の理事長室で、安倍総理の昭恵夫人から直接、「主人からです」と手渡されたという。その際、昭恵夫人から秘書に席を外すよう言われたらしい。100万円の授受を目撃しているのは籠池理事長ただ一人である。総理も夫人も秘書も否定しているので、真偽は不明である。

 籠池理事長による多くの嘘が判明しているので、100万円の寄付はにわかに信じ難いし、心証は良くない。偽証には刑事罰が科せられる証人喚問だが、これをいくら繰り返しても証拠のない100万円授受の真相は分からないだろう。また、補助金の疑惑も理事長が証言を拒否すれば同じ結末になるだろう。

 安倍総理は国有地払い下げに関わっていたら総理も議員も辞めると言っている。野党はここぞとばかり攻勢に出ているが、今のところ決定打不足はいなめない。そもそも、籠池理事長夫婦が保守系議員や有力者に抱き付き、利用しようとする筋の悪い騒動である。マスコミは熱心だが、果たして一国の総理を辞めさせるような問題なのか、正直疑問に思う。

 保守系の人たちは、北朝鮮の核開発やEUの混迷、トランプ政権の脱線など内外に多くの問題を抱えながら、国会は何をしているのかと苦言を呈している。確かに、北朝鮮が日本に向け何発もミサイル発射しているのに、呑気な国会だとつくづく思う。与野党攻防は仕方ないとしても、「筋の悪い」騒動にいつまでも振り回されていたら、外国からも笑われるだろう。
   11:29 | Comment:2 | Trackback:0 | Top
 
 

シイタケ収穫は空振り・・・

IMG_0027.jpg

 年末に伐採したコナラの原木に、シイタケ菌を打ちに生石高原の山小屋へ行ったのはほぼ1週間前だ。その時、裏の杉林に立てかけているシイタケのホダ木を見て回ると、親指の先ほどのシイタケの゛芽゛がいくつも出ていた。

 過去に苦い経験がある。こんな小さな゛芽゛だから、当分大きくならないだろうと高をくくり、10日ほど経って山小屋へ行くとみんな傘が開いていたのだ。

 だから今回は早めに様子を見に行った。すると親指の先ほどの大きさは、ほとんど変わらないままだった。遠路4時間もかけて行ったのに、がっかりした。

IMG_0039.jpg

 シイタケだけでなく、キノコは気温や雨の影響を受けやすいと思う。ここしばらく、雨はまったく降らず、気温もそれほど高い日は少なかったので、゛芽゛は大きくならなかったのだ。

 キノコ栽培は、つくづく難しいと思う。秋に4、5日でも留守にすると、ナメコやヒラタケはとんでもなく大きくなっていることがある。シイタケも、こちらの都合に合わせて大きくはなってくれない。

 シイタケが空振りに終わったので、山菜の様子を見て回った。フキノトウはすでに開いていて、毎年作っているフキ味噌は断念するしかなかった。山ウドの根元には籾殻を盛っているが、4月中旬には籾殻の中から白いウドを掘り出せるだろう。

 タラの芽はまだまだ硬い。コシアブラは何となく色付いているようにも見えるが、食べられるのは2、3週間先だろう。東京ではサクラが開花したそうだが、ここ生石高原で春を感じられるのは2、3週間先だろう。

IMG_0029.jpg

IMG_0035.jpg

IMG_0032.jpg

   06:00 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 
カレンダー
 
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR