FC2ブログ

お盆の食卓に天然の鮎を・・・

 お盆には子供や孫が山小屋へ来る予定だ。私が勝手に思っていることだが、この季節の最高のご馳走といえば天然の鮎だろう。冷凍で保存しなければならないが、例え一人1匹でも食べさせたいと思い、有田川へ釣りに行った。

 家から20分ほどで、中流域に出る。先月末の大雨で川が濁り、まだ水は薄緑色のままだ。しかし、川が濁っていても鮎が釣れるから不思議だ。鮎は視力がいいのか、自分の縄張りの石に侵入してくる鮎を追い、ついにはオトリに付けた針に掛かるのだ。

 オトリ屋のオヤジによると、釣果は思わしくなく、瀬より流れの緩い大きな石を狙う方がましとのことだった。午前8時ごろ、オトリを付け、川の中ほどに横たわる大石に向けて送り出した。

 すると5分も経たないうちに目印が揺れ、掛かり鮎が対岸に向けて走った。竿をためて鮎を浮かし、引き抜いた。タモで受けた鮎は20㎝ほどの良型だが、石に付く珪藻がまだ十分に生育しないためか、香魚と呼ばれる鮎独特の香りはそれほどでもない。

 それから1時間半ほどの間に同じサイズが5匹釣れ、この調子で数を伸ばせば、子供たちと囲む食卓は大いににぎわうはずだ。しかし目論見は外れ、当たりがないまま1時間以上が過ぎた。仕方なく下流の瀬に移動したものの、ここでも1時間以上もボウズ状態だった。

IMG_0104 (1)

 そこで、朝に入ったポイントで釣りを再開した。大きな石を攻めて、ぽつりぽつりと釣れるようになった。この場所は水深があり、場所によっては胸までつかる。だから、オトリに付けた針が石に引っ掛かると、回収に行けなくなる。無理して外しに行けば、流されて溺れる危険もある(カナヅチだから)。

 そのような場合に備え、実は最近、「根掛かり外し」なる器具をネットで買った。1500円ほどだった。仕掛けの糸に器具を装着して底まで沈め、U字型の器具で針を引っ掛けて外す仕組みになっている。鮎を回収できる便利グッズである。

IMG_0105_20180809065009771.jpg

 その器具の出番が来た。対岸に近い岩に根掛かりしてしまった。竿をあおったり緩めたりしたが外れない。例の器具を装着して沈め、何回かしゃくっていると外れ、オトリを回収することが出来た。外れるかどうか半信半疑だったが、うまくいった。

 何匹か釣った後、また根掛かりした。器具を糸に通して沈め、先ほどと同じように何回もしゃくってみたが外れない。そのうち、フッと軽くなった。糸が切れたのだ。もちろん、オトリの鮎は回収出来なかった。これで嫌気がさし、まだ11時過ぎだったが、釣りをやめた。釣果は型ぞろいの9匹だった。

 お盆、山小屋に集まる子供や孫は計7人。鮎は一人2匹とはいかなかったが、9匹をどう配分するか微妙だ。釣り師にとって、釣った魚を美味しいと言ってくれるのが一番うれしいが、鮎の小骨を取ったり、ちまちま食べたりするのは気に入らない。実は東京で暮らしている末の娘は、いつも鮎を頭からかぶり付く。そんな娘に3匹食べさせたいと思うが、どうだろう・・・。
スポンサーサイト

夫婦は他人か?

 新聞を読んでいたら、次のような書籍広告が目に入った。本の名前は「夫婦という他人」。副タイトルは「その結婚、続けますか?」という刺激的なものだ。いかにも出版元の編集者が考えそうなタイトルで、売らんかなという底意が滲んでいる。

 著者は案の定、元NHKアナウンサー下重暁子さんで、広告では「ベストセラー作家」と持ち上げられている。下重さんと言えば以前、ブログでこき下ろしたことがある。テレビ出演していた彼女が「オレオレ詐欺には絶対騙されませんのよ」と断言したことに苦言を呈し、こういう人こそ騙されやすいと書いたのだ。

 彼女に何の恨みもないけれど、この手の婆さんは好きではない。私の母方の祖母はいつも背を丸め、ニコニコしていた。婆さんと言えば、祖母のような穏やかなイメージが出来上がっているので、下重さんを見ていると生意気盛りの少女がいきなり大人になったように映るのだ。

 そもそも、「夫婦という他人」というタイトルからして、日本人の家族観から距離を置いている。「分かち合えない」「わかり合えない」から夫婦は面白いなんて書いているが、喜びや悲しみを分かち合うのが夫婦であり、万国共通の価値観だろう。「わかり合えない」という突き放したような言い方にも、違和感を覚える。

 そして、「水くさいほうが相手が見える。結局最後は一人」とも書いている。さらに、「相手に期待するから裏切られる」というのだ。夫婦のすべてが仲がいいわけではない。怒ったり、泣きわめいたり、笑い転げたり・・・。それでも夫婦には「阿吽の呼吸」というものがあり、それが成熟すれば「味のある夫婦」となるし、そういう夫婦は私たちの周囲にもたくさんいる。

     ↓ 家族とは何かをテーマにした映画「万引き家族」
175034[1]

 別の本だが、こんなことも書いている。「孤独を味わえるのは選ばれし人」「孤独を知らない人に品はない」「素敵な人はみな孤独」など風変わりな持論を展開している。それは彼女の勝手だが、上から目線で説教するのは勘弁してほしい。下重さんには夫なる人がいるらしいが、子供はいないとか。

 彼女は要するに夫婦の自立を強調しているのだが、しかし夫婦の生き方は人それぞれであり、余計なお節介である。いつもベタベタとくっついている夫婦がいいとは思わないが、それでも微笑ましいと思う。下重さんなら、フンと鼻を鳴らすかもしれない。日本には日本らしい家族観があり、「他人」や「孤独」を強調して夫婦像を語るのは、やはり歪んでいる。

 彼女には、カンヌ国際映画祭のパルムドール賞を受賞した是枝裕和監督の「万引き家族」を見てもらいたい。この映画は、赤の他人6人が同じ屋根の下に暮らす家族の物語で、婆さんの年金をあてに、足らない分は万引きで暮らしている。他人ながらも情愛が通じ合い、浪花節的な夫婦の関係も描かれている。この脚本は下重さんには絶対書けない。

 下重さんは「子はかすがいはウソ」と言い放ち、返す刀で「夫婦はわかり合えないから面白い」とのたまう。白と言えば黒といい、寒いと言えば暑いと言う。これを「あまのじゃく」と呼ぶが、これを辞書で引くと、「わざと人に逆らう言動をする人。ひねくれ者」と書いてある・・・。

火星は赤かった

IMG_0081_201808010822325b9.jpg

 わが家から東へ10分ほど歩くと、生石高原の小さな峠にさしかかる。この峠のピークに立つと、突然、南の空に赤い星が現れた。家内と愛犬ぴーちゃんを連れ、火星の15年ぶりの大接近を見に来たのだ。

 火星が赤いのは知っていたが、こんなに赤いのは予想外だった。7月31日のこの夜はほとんど雲はなく、空いっぱいに星が輝き、西の空には金星も青白く光っていた。

 火星といえば、タコのような火星人しか思い浮かばない。そもそも火星が楕円軌道で回っていることさえ知らなかった。考えてみれば、だから地球に最接近するのだが、大接近は15年から17年ごとに起きるそうだ。

 火星人を思い浮かべていたのは遠い昔のことだが、現代では火星探査が盛んに行われ、火星旅行も夢ではなくなった。 次に大接近するのは27年後らしい。そのころ私は、天国から赤い星を見ているだろう。

 家内に火星を見に行こうと誘った時、家内は「えーっ、今から?」と渋ったので、私は諭した。「年はとっても旺盛な好奇心が必要だ」。好奇心こそ生きる力だと思うが、どうだろう・・・

             ↓ 手ブレでそれらしく撮れた
IMG_0080_20180801082231cb9.jpg


インカかぶれ

 家内は山小屋の小さな畑で、細ぼそと農業をしている。ラッキョ、玉ねぎ、キュウリ、オクラ、ピーマン、シシトウ、葉ワサビなどを少しづつ栽培し、まぁ、それなりに家計の足しにはなっている。

 つい先日、ジャガイモを収穫した。種芋の植え付けが4月下旬だったため、収穫も遅くなった。掘り出したのはたったの7、80個。ジャガイモの原産地は南米アンデス高原だが、収穫した種類もインカゆかりのものだ。表面の色はピンク色で、いかにもアンデス特産という感じだ。味は普通のジャガイモとそれほど変わりなく、美味しい。

IMG_0081_1.jpg

 その昔、南米各地を征服したスペイン人はジャガイモを船に積んで帰る途中、毒のある芽もろとも食べ、多数の死者を出したという。征服され、苦難を強いられたアンデスの人々からすれば、「ざまあ見ろ」という感じだろうが、インカに思い入れのある私としても同じ思いである。

 海外事情に疎いので偉そうなことは言えないが、もう一度行ってみたい町を上げよと言われれば、躊躇なくインカ帝国の首都だったクスコを第一に上げたい。標高3400mのこの町は空気が薄く、速足で歩くとたちまち高山病になり、めまいや吐き気を催す。4年前、たった1回行っただけだが、今なお強い印象が残っている。

 町を歩けば山高帽をかぶったインカの末裔たちと出会えるし、いたる所で高度な石の建築技術を目の当たりにすることも出来る。町は盆地の中にあり、茶褐色の山肌には家々がへばり付いている。峠から見下ろした町の夜景は幻想的で、見上げれば満天の星が降ってくる。

 とまぁ、アンデスとインカ文明にぞっこんの私だが、ふと、「パリカブ」という言葉を思い出した。30年以上前の話になるが、私の会社の後輩がパリに旅行し、帰国したらワインの話から文化芸術に至るまでパリに関するうんちくをしつこく語った。一度ならまだいいが、二度、三度とうんちくを聞かされた会社の同僚は、パリにかぶれた彼のことを「パリカブ」と呼んでからかった。

 私も1回のペルー旅行でアンデス、インカ文明にかぶれた一人であり、人のことは言えない。ともかく、ジャガイモの収穫が外国かぶれの話に飛躍してしまい、変なブログになってしまった。でも、その土地にかぶれる旅って、いいものだと思う・・・。

紀淡海峡に沈む夕日

IMG_0067_201807261845154c7.jpg

 猛暑が日本列島を包んでいる。先日は関東で41度に達したらしい。41度はわが家の風呂の設定温度である。この中にずっと浸かっているようなもので、その過酷さは想像がつかない。

 ひんしゅくを買うのを承知で言えば、わが山小屋は、日中でも30度を上回ることはない。特に朝晩は寒く、窓を閉め、冬布団をかぶって寝る。ここは標高800mを超えているが、標高が100m上がるごとに気温が0・8度下がると言われる。しかも、森を吹き抜ける風は涼しく、平地より5、6度は違う。

 今の季節、わが家から見える夕日が美しい。居間から直接突き出ているウッドデッキからは、夕日が沈む紀淡海峡を見渡すことが出来る。美しい夕日が見えると、ついシャッターを押したくなる。アップした夕日の写真が暑苦しければ、御免・・・。

IMG_9073.jpg

IMG_0053_20180725044211ebf.jpg

IMG_0048_201807250440488c9.jpg

IMG_0063_20180725043954332.jpg

IMG_0047_20180725043855a34.jpg

ほろ苦かった鮎の初釣り

 うんざりするほどの暑さである。標高800mの山の上で暮らしているとはいえ、風がないので体感温度はとっくに30度を超えているはずだ。下界では、熱中症で死亡したり病院に運ばれたりしており、まして豪雨災害の後片付けは大変だろうなあと思う。

 ここ和歌山でもよく雨が降ったが、広島や岡山、愛媛などに比べれば大したことはなかった。私が鮎釣りに通う有田川も増水はしたものの、その後雨が降らなかったので水は引きつつある。

 今年はまだ一度も鮎釣りに行っていない。異例のことだ。もちろん川の増水が第一の理由だが、もう一つは熱中症が怖いのだ。川の中でわが一人がくたばっても仕方ないが、色んな人に迷惑をかける。

IMG_0065_20180721070021ab6.jpg

 しかし、もうそろそろ我慢も限界、意を決して有田川に向かった。家を出るとき、梅干を一つ口に含んだ。熱中症対策だ。中流域にあるオトリ屋で年券(1万800円)を買い、オヤジから近況を聞いた。鮎の餌となる石ゴケが十分付いておらず、不調らしい。

 水深1メートル余りの緩い流れのポイントに入った。先客が一人おり、声をかけて上流で竿を出した。少し濁りがあり、腰まで水に浸かっているいるので暑さは感じない。しかしいつもより水量が多いので押しが強く、よろけることもある。

 シーズン初の釣りだから、期待で胸が高鳴った。狙いを定めた大きな石を攻めるが、オトリが気持ち良さそうに泳いでいるだけで、鮎が掛かる気配はない。

 1時間ほど経った時、オトリが石と石の間に入った瞬間、目印が揺れ、竿先がひったくられた。やっと掛かったのだ。目印は水没しており、竿を倒して鮎を浮かせ、引き抜いた。飛んできた鮎は20センチ近くあり、よく肥えていた。

 オトリが替わり、ポツリポツリと釣れるようになった。午前11時半には釣りを終えることにしていたので、残り時間は後わずか。すると、強烈な当たりがあり、掛かり鮎が上流に疾走した。あわてて竿を立てたが、川底の石に糸が巻き付いたのか、外すことが出来ない。しばらく引いたり緩めたりしたが、無念、糸が切れた。2匹の損失である。

 糸を張り替え、オトリを泳がすと、対岸近くの岩に針が食い込み、またも外せない。水深が深くてそこまでは行けず、結局糸を切った。またも1匹の損失である。残ったのは5匹だけだった。

 その夜は、5匹を家内と分け合い、遅まきながらの初物を塩焼きにして食べた。味が濃い。内臓の苦みが何とも言えない。悔しいことがあっただけに、ほろ苦さが身に染みた・・・。

IMG_0061_20180721070020f20.jpg


 

猛暑・・・涼しいうちにガシラ釣り

 多くの犠牲者を出した西日本の豪雨災害がまだまだ癒えてないのに、呑気に釣りのレポートをするのは気が引ける。言い訳がましい書き出しになったが、先日、夫婦でボート釣りに出かけた。前回の釣行は4月下旬だったから、2か月半ぶりになる。

 これほどブランクが長くなったのは珍しい。好きな釣りでも、歳をとると億劫になってしまう。しかしそれだけではない。この春から、生石高原の別荘地の世話役になり、いろいろと忙しくなったためだ。

 このところ猛暑が続いているので、涼しいうちに釣果を上げたいと思い、午前4時半ごろ家を出た。すでに外は明るくなっており、由良湾の漁港に着いたのは1時間後。ボートに空気を入れ、素早く荷物を積み込むと、さぁ出発だ。

 湾内の中央あたりでボートを止めた。アンカーを入れなくても、風がないのでほとんど流されない。狙う魚は、夏が旬と言われるガシラだ。餌はサバの切り身、アオリイカのエンペラ、青イソメの3種類を使い分ける。

IMG_0040_201807151746128b3.jpg


 竿を出して間もなく、家内が実に立派なベラを釣った。続いて大きく竿を曲げ、サバフグをものにして納得の様子である。今晩のおかずは出来た。サバフグには毒がないので安心して食べられ、鍋でも唐揚げでも美味しい。

 しかしその後はさっぱり当たりがなく、しびれを切らした家内は「一文字に行こう」という。これまで何度かの成功体験がそう言わせたのだ。そこまでは20分くらいかかかるが、風を切って走るので実に涼しい。

 一文字から少し離れた場所で仕掛けを投入すると、家内がすぐに中型のガシラを釣り上げた。これが合図だったかのように、家内と私が交互にガシラを釣った。恐らく、この時がジアイだったのだろう。

 風が出て少しボートが流されると、私に強い当たりが来た。魚が岩の間に入られないよう、強引にリールを巻いた。上がってきたのは黒っぽいガシラで、古老のような風貌である。27、8センチはあるだろう。

 続いてまた良型のガシラが釣れた。家内も順調に数を伸ばしているが、私にはいい型のガシラが多く、重量では勝っているはずだ。二人合わせて15、6匹釣れたので、暑くならないうちにと8時半ごろ帰ることにした。

 帰港する途中、スケベ心が出て竿を出してみた。このポイントはベラが多く、家内は小さな当たりをうまく合わせて数を稼いだ。「なんやベラかいな」とバカにされそうだが、片栗粉にまぶして唐揚げにし、甘酢をかけて食べると、たちまち高級魚に変身するのだ。3時間余りの釣りだったが、まぁ、大漁だった。

IMG_0045_20180715174614270.jpg

アサギマダラの楽園に一歩近づいた

 今回もしつこくアサギマダラのこと・・・。この蝶は、日本列島から九州や南西諸島、遠くは台湾まで1000㌔、2000㌔もの長距離を旅する。その旅の途中、わが山小屋にも立ち寄ってほしいと思い、この蝶が好むヒヨドリバナやフジバカマを植え、草刈りではアザミを残すなど環境作りに取り組んできた。

 そもそも私に蝶の知識はなく、名前を知っているのは、アゲハチョウかモンシロチョウ、はたまた夜の蝶くらいのもので、ここ生石高原に近いわが山小屋に飛来するひときわ美しいアサギマダラの名を知ったのは、ほんの5、6年前のことだった。

 NHKの特集番組で、アサギマダラが旅する珍しい蝶であること、全国規模でマーキング調査が行われていることなどを知った。毎年、夏から秋にかけて庭先に姿を現すアサギマダラの詳しいことを知るにつれ、にわかに親近感を覚えるようになった。

 3年前の秋、山小屋前の山の斜面にヒヨドリバナを3株植えた。翌年には白い花が咲き、8月1日にアサギマダラがこの花に止まっているのを確認した。朝から夕方まで蜜を吸いながらここで過ごしていたから、喜びもひとしおだった。

 今年はヒヨドリバナが一層大きく育ち、花もたくさん咲いた。今年初めてアサギマダラを見たのは、6月26日だった。それから7月初旬まで毎日飛来、多い時は7匹が乱舞した。数は少ないながらも、私が目指している「楽園」に一歩近づいた。

IMG_0008_201807110755160bf.jpg

IMG_0027_201807110756180f7.jpg

IMG_0008_201807110755160bf.jpg

 ところで、蝶を数える時、どう書けばいいのだろう。受け売りだが、「匹」は間違いで、牛や馬のように「1頭、2頭」と書くらしい。何だか変な話だが、西洋の動物園では、飼育している蝶も含めて種類に関係なく、「HEAD」で数えており、日本語に直して「頭」となったのだそうだ。でも、やはり変だ。

 アサギマダラの姿は、大雨以後、どこへ行ったか見かけない。おそらく北上を続けているのだろう。気まぐれなのか、何かの法則で行動しているのか分からないが、これから秋にかけてもっと飛来してくると思う。花が増えれば、やがてアサギマダラの楽園にもっと近づくだろう・・・。

警察もマスコミも大人げない

 毎日新聞は7月4日、次のような記事を掲載した。

 「岐阜県が管理する保安林からモミジなどの樹木を持ち去ったとして、愛知県警津島署が同県津島市の大鹿一八市議(64)を森林法違反(森林窃盗)の疑いで書類送検していたことが分かった。 送検容疑は、2015年10月、岐阜県高山市の県道せせらぎ街道近くで、県管理のモミジなどを盗んだとされる」

 大鹿市議は昨年4月、モミジを自宅の庭先で育てていたことを自身のブログに書き込み、これを読んだ市民が同署に通報し、発覚した。 大鹿市議は取材に「モミジの木は道路脇の土砂から出ており、枯れてしまうので自宅で育てようと思った。軽率な行動を取ってしまい申し訳ない」と話した。

 私はこの記事を読み、書類送検した津島署と報道した毎日新聞に対し、震えるほどの怒りを覚えた。道端に生えている植物を家に持ち帰ることは誰だってあるはずだ。それがモミジであろうと、山菜やタンポポだろうと植物に変わりはない。そもそも、そこが保安林かどうかは分かりづらいし、どのような罰則があるかも分からないのではないか。

 持ち帰った植物が稀少なものであったり、売買できるものであれば話は別である。しかし、モミジの苗ならどこにでも生えているから、稀少植物でもない。警察に目こぼしせよと言っているのではない。かくかくしかじかで違法だが、今後このようなことがないよう、注意すればいいだけの話だ。

 本人も、それが違法な行為という認識が薄かったのではないか。警察は、相手が市議ということで手柄を立てたかったのかもしれないが、公権力を行使する時は慎重でなければならない。しかも、「市民からの通報」というのが気に食わない。単なる正義感からの通報ならいいが、もし怨恨や政治的なものが絡んでいれば嫌らしい話である。

 毎日新聞もどうかしている。はっきり言って、道端に生えていた背丈30㎝ほどのモミジの苗のようなものを持ち帰るなんて、些細な話である。それを紙面で報じるほどのニュース価値があると思っているとしたら、その感覚が恐ろしい。私ならコラム風にして注意を喚起するような記事を書く。市議というだけでやり玉に挙げるのは、マスコミの歪んだ姿だ。

 近頃のマスコミは、枝葉末節をほじくり、針小棒大に報道する傾向が強い。特に政治報道はつまらない。国会論戦を見ていても、揚げ足取りに終始したり、言葉尻に固執したりして問題の本質に迫っていないが、マスコミはこんな風潮に追随するような報道を続けている。

 人々が互いに監視する社会は息苦しい。あれするな、これするなという禁止用語が氾濫する社会は窮屈だ。今回の事件に対する警察の対処や、マスコミの報道もそんな社会風潮の一面だ。わが国には、「大所高所」や「小異を捨てて大同につく」といういい言葉がある。警察もマスコミも大人げないではないか。また、腹が立ってきた・・・。

サッカー選手の入れ墨が不気味・・・

 ゴルフに夢中になっていた頃の話である。自宅近くのごく小さな練習場に週3回くらい通い、クラブを振っていた。この練習場に黒のベンツで乗り付ける40歳くらいのヤクザがいた。車は子分に運転させており、聞けば武闘派の組長らしい。

 彼とはハンデキャップが同じくらいだったので、何となく言葉を交わすようになった。ヤクザを褒めるのは気が引けるが、物腰は柔らかく、イガグリ頭の少年っぽい顔つきでとてもヤクザには見えなかった。どのようなヤクザでも、一皮むけば凶暴であることに変わりないのだが・・・。

 ある夏の日、私はヤクザの後ろの打席で練習していた。真夏と言うのに、彼はいつも長袖のTシャツを着ていた。彼がボールをティーに乗せようとかがんだ時、一陣の風が吹き、シャツがめくれた。腰のあたりに赤い入れ墨が見えた。噂によると、入れ墨は足首にまでに及ぶ見事なものだという。

 ヤクザだから入れ墨を入れていても不思議ではないが、妙に、印象に残っている。そして今、あの入れ墨が生々しく思い出されるのは、サッカーワールドカップに出場している選手たちの多くが入れ墨を入れているせいなのだ。

get20140617_0022_480_000-500x320[1]

 アルゼンチンのメッシは右腕にカラフルな入れ墨を入れているし、ブラジルのネイマールに至っては、首のあたりに子供が落書きしたような入れ墨がいくつも描かれている。

 正直言って、選手の入れ墨を見ると嫌悪感に近いものを感じる。「親からもらった体を傷つけるなんて・・・」という古臭い考えがあるからだ。恐らく選手にとってそれはファッションであり、入れ墨ではなく、タトゥーなのだろう。蛇足ながら、安室奈美恵ちゃんには入れてほしくなかった。

969847_428746970556923_1199432128_n[1]

 それはともかく、入れ墨は日本古来の文化だから、私のようにとやかく言うと無知を笑われるかもしれない。土偶に入れ墨と見られる文様があるから、縄文人のファッションだったのだろう。火事と喧嘩は江戸の華と言われたが、火消しの象徴は入れ墨だった。遠山の金さんだって桜吹雪である。

 しかしそれでも、日本社会は入れ墨に寛容ではないと思う。明治時代には近代国家にふさわしくないとして禁止されたことがある。現代でも、入れ墨にはアウトローやヤクザのイメージが付きまとい、ゴルフ場のほとんどが入場禁止である。それが普通の人であっても、袖の奥から入れ墨が見え隠れすると、やはり私は警戒する・・・。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR