森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

人は理想を失う時に老いる・・・幻の詩人ウルマン

 エジプト旅行のことをブログに書いたところ、高校時代の友人からメールが届いた。彼は大手商社に就職し、最初の海外出張がエジプトのカイロだったという。懐かしくブログを読ませてもらったと記されていた。

 メールによると、当時のエジプトはアメリカと断交中で、会社の先輩はソ連圏への出張を嫌がり、新人の自分にお鉢が回ってきた。縫製工場を立ち上げるのが仕事だが、イスラエルとエジプトなどアラブ諸国による第4次中東戦争(1973年)が勃発し、逃げ帰ったという。

 当時のエジプトは治安が悪く、食べ物も貧しかった。ご馳走と言えば、ナイル川で捕れたナマズか鳩の肉だったらしい。ピラミッドがあるギザの大通りにテントのキャバレーがあり、ナマズを食べながらベリーダンスで盛り上がったと書かれていた。あの頃、このような商社マンが世界で活躍し、高度成長の一翼を担っていた。

 メールには「あんたたち夫婦、ペルーのマチュピチュに行ったと思ったら、次はエジプト。その好奇心と行動力に脱帽だ」とも書かれていた。そして、私たちの行動を見ていると、サミュエル・ウルマンの詩「青春」を彷彿させたとも記してあった。何かこそばゆい思いがした。

 私は、そのサミュエル・ウルマンという詩人を知らなかった。友人からメールが届いて1週間ほど経った頃、私が購読している全国紙の日曜版の1面に、そのサミュエル・ウルマンの記事が掲載されており、彼のことを詳しく知ることになった。

 記事によると、ウルマン(1840~1924)は、米アラバマ州で教育や人道の活動をしていた。「青春」という詩は78歳の頃書かれたが、米国でも知る人の少ない幻の詩人と言われた。戦後、連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサーは、日比谷のビルの自室に「青春」の一節を貼り、座右の銘としていたらしい。

 詩を読んでみたが、これがまた実にいい。「若さ」と「老い」を対句にしながら語りかけるのだ。老い行く人々を励ます応援歌であり、つい引き込まれ、そうだ、そうだと何度も膝を打ってしまった。解説じみたことを書くより、以下、読んでいただきたい。声に出して読むと、一層いい感じだ。

    年を重ねただけで人は老いない
    理想を失う時に初めて老いがくる

    青春とは人生のある期間をいうのではなく
    心の様相をいうのだ

    歳月は皮膚のしわを増すが
    情熱を失う時に精神はしぼむ

    人は信念とともに若く
    疑惑とともに老ゆる

    人は自信とともに若く
    恐怖とともに老ゆる

    希望ある限り若く
    失望とともに老い朽ちる
スポンサーサイト
   08:03 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 てんママ [URL] #7kD13P3.
ひまじんさんのご友人の言葉に激しく同感します!^^
そして、ご夫婦揃っての行動力なので
仲が良いご夫婦でとても羨ましいです^^

サミュエル・ウルマン
私も知りませんでした・・・
「青春」とても素晴らしいです!

心が晴れ晴れしつつ
今の自分に恥ずかしさを感じつつ
奮い立たせる気持ちになりました。

ステキな詩を教えてくださって
ありがとうございます^^

 2017.02.28 (火) 20:53 [Edit]
  [URL] #-
    てんママ さんへ

 コメント有難うございます。

サミュエル・ウルマン の「青春」に、私も励まされています。
理想を失う時に老いがくるという言葉には、反省させられます。
朝目覚め、布団の中で今日は何をするかを考えますが、実際動き出すとつい億劫になってしまうのです。
家の仕事も、釣りも、薪集めも、はかどりません。
明日からやるぞ!と思っていますが、さて、どうなりますやら・・・。
 2017.03.01 (水) 17:48 [Edit]
 イレグイ号 [URL] #-
テレビのニュース番組の初めに早朝の渋谷駅の画像が移っていまして、壁の看板に、
「青春、は10代の特権じゃない。」
と書いてありました。サミュエル・ウルマン の「青春」という詩も同じ意味なのでしょうね。

去年の暮れに整形外科に行って、人間としての耐用年数が過ぎているのだから腰も痛くなるのは当たり前と言われて妙に納得してしまったのですが、それは肉体だけであって心はまた別物だと思えました。
また春になって一息、頑張ってみようかと思えました。
(仕事にではないですが・・・。)
 2017.03.02 (木) 13:55 [Edit]
  [URL] #-
    イレグイ号さんへ

  青春は10代の特権じゃない・・・
まさに、ウルマンが言いたかった言葉でしょうね。
ただ私なんかが同じセリフを言ったら、爆笑ものですが・・・。
イレグイさんは、まだまだ通じますよ。
 腰が痛いのは困ったものですね。
なにかいい治療方法がないのでしょうか。
女房もヘルニアで困っています。
調子のいい日、悪い日があるようで、女房の機嫌を見ていたら分かります。
 春になったら、腰と相談しながら頑張って下さい。
 2017.03.03 (金) 18:55 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1211-b9a095b7
 
 
カレンダー
 
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR