蚊帳の外・・・どこが悪いのか

 ある民放の報道番組で、核やミサイルの廃棄をめぐる北朝鮮問題を特集していた。番組のキャスターは厳しい表情を作って見せ、その冒頭で「日本は蚊帳の外です」と話した。口ぶりはどこかうれしそうに思えたが、私の偏見だろうか。

 「蚊帳の外」とは、要するにお呼びじゃない。政府の無策を当てこするような意味が込められている。野党の人たちも、蚊帳の外になっている事態を憂慮しているように見えるが、その先に政府批判が見え隠れする。

 しかし、「蚊帳の外」のどこが悪いのだろう。6月12日、シンガポールで史上初の米朝会談が行われる予定だが、まさかこの場所に日本がコミットせよというのだろうか。そんなものはどだい無理な話だし、アメリカの交渉を静かに見守るのが節度ある姿勢だろう。

 南北統一が悲願の韓国の文在寅大統領が、前のめりで関与しているのは左派政権として当然だろう。長く北朝鮮の後ろ盾になってきた中国にとって、アメリカ主導で事が進むのに危機感を抱いている。北への経済支援をエサに金正恩を2度も中国に呼び付けて懐柔している。無理やり蚊帳の中に入り込もうという魂胆だろう。

 日本は拉致問題を抱えており、北朝鮮には厳しく対処しなければならず、「仲間に入れてほしい」などと足元を見られるような外交はすべきでない。日本からの巨額の戦後補償なくして北朝鮮の発展はなく、日本としてはあえて蚊帳の中に入らず、外から鷹揚に構えていた方が得策だ。

 「蚊帳の外」などとケチを付けている人たちは、一体どうせよというのだろう。北への圧力をやめ、対話に転じなさいとでもいうのだろうか。忘れてはならないのは、北朝鮮が多くの日本人を拉致し、金正恩の叔父を粛正し、兄を殺してしまう独裁国家なのだ。へらへら笑って交渉するような相手ではない。

 北朝鮮の突然の対話攻勢は、日米主導の経済制裁に音を上げたと受け止められている。「蚊帳の外」の逆の意味で、日本は間違いなく当事者だろう。北朝鮮は今になって、アメリカに難癖をつけている。いつもの揺さぶりのつもりだろうが、そんな国との対話の輪に加わるのはまだ早い。日本外交の稚拙をあげつらう人の意図は丸見えである・・・。

スポンサーサイト

トランプさんは金委員長に勝てるか・・・

 史上初の米朝首脳会談は、6月初旬までに開かれる見通しだ。先月には当時のCIA長官で、近く国務長官に就任するポンペイオ氏が、北朝鮮の金正恩委員長と会談したと米紙が報じている。このように会談の準備は進んでいるようだが、会談の成否はトランプ大統領の言動と同様、予測不能である。

 首脳会談を前に、安倍首相は日米の意見のすり合わせを行うため、フロリダの別荘でトランプ大統領と会談し、ゴルフ外交も展開した。北が核を放棄するまで最大限の圧力を加えることで一致し、さらに大統領は日本が望む拉致問題を取り上げると確約したから、ひとまず日本側はホッとしたはずだ。

 さてその相手となる金正恩委員長はいかなる人物か・・・。4月15日の日曜夜、「NHKスペシャル  金正恩の野望」と題する特別番組が放送された。何人もの関係者から話を聞き、AI(人工知能)による分析なども加えて構成されていた。

 番組の冒頭、私は大きな衝撃を受け、そして戦慄した。間もなく実現しそうな米朝首脳会談をズバリ予言した人物がいたのだ。予言したのは、北朝鮮の幹部で2000年代に脱北した「ソン・ミンテ氏(仮名)」なる人物で、先代の最高指導者・金正日とも面識があったという。

 予言はまるで遺書のようにノートに綴られていた。それによると、思想戦を得意とする金委員長の戦略はやがて外交に向けられ、核やミサイルの能力を極限まで見せつける。その上で、戦争になるかもしれないというギリギリのタイミングを見計らい、180度方向転換して和平攻勢に出て来る・・・というものだ。

 これは、核・ミサイルの開発が続けられている昨年の早い段階で書かれたもので、しばらくして彼は死亡した。だから、今まさに行われている北の平和攻勢は知る由もなく、驚くべき予言だった。金委員長の鮮やかとも言える変わり身の早さに、瞠目し、恐ろしい男だと思った。

 番組では、北朝鮮人民の生活を向上させた金委員長の手腕や、実の兄を殺すなど恐怖統治の実態を多角的に分析している。私は金委員長が表舞台に登場してきた6年前、奇妙な髪型にブクブク太った不健康な体型、愚鈍な顔つきを見て失笑さえした。トランプ大統領も、チビだのロケットマンだの見下していた。

 しかし、この番組を見て認識を改めざるを得ないと思った。金委員長は幼少の頃から帝王学を学び、スイスに留学して知見を広めた。頭脳も極めて明晰との評価もある。核開発から今回の平和攻勢を見てみると、単なる思い付きではなく、計算しつくされた深遠な戦略があるように思う。

 対するトランプ大統領はどうか。予測不能の発言を繰り返し、政治家としての信頼を損ねている。国を二分するような発言もまた、自分の支持者層にしか目を向けていない。人々をまとめる力や人間性はどうだろう。側近の多くがホワイトハウスを去ったのも事実だ。ディール(取り引き)が得意だと自慢しているが、不動産取り引きと同じように見ている節も見受けられる。

 彼の自己顕示欲の強さもまた、異様に映る。政治は自己顕示欲を満足させる手段のようであり、真の国益や民衆の平和な生活など目に入っていないのかもしれない。自慢ばかりしたがり、ええかっこしいである。真偽は分からないが、ポルノ女優に口止め料を払ったとか、ロシアで痴態の限りを尽くしたとか、大統領としての資質を問う声が絶えない。

 大統領から見れば、金委員長は鼻たれ小僧であり、東アジアの小国である。しかし今回のNHKの報道番組は、北朝鮮を侮ってはいけないという警告でもある。金委員長は、ロシア疑惑や支持率低迷を挽回したいとする大統領の足元をしっかり見ている。北が仕掛ける深謀遠慮の罠が待ち構え、会談はアメリカに分があるとは思えない。

 しかしそれにしても、日本の政治家やマスコミは何だろうと思う。新聞は連日、森友学園や加計学園、自衛隊の日報問題にばかりに紙面を割いている。北朝鮮情勢は、日本国民にとってこれ以上ない危機でありながら、国会でまともに論議されていない。19日の全国紙朝刊でも、トップ記事は財務次官のセクハラ問題で、日米会談はその影に隠れている。

 この国は平和過ぎなのか、未曾有の危機に気付かないのか・・・。いや、知らないふりをして政権批判をするしか、野党は自分たちの存在意義を誇示できないのだろう。失礼ながら、拳を上げる野党議員の皆さんの目つきが、なんとも不気味で怖い・・・。

トランプさん、失礼ながら一言・・・

 米朝対話を巡るトランプ大統領を見ていると、おもちゃがいっぱい詰まった箱を開け、大はしゃぎしているようにしか見えない。箱の中には、首脳会談を行いましょう、非核化します、弾道ミサイルなど軍事挑発は行いません・・・などという喜びそうなカードが入っており、トランプさんは無邪気に高揚し、その場で首脳会談を約束してしまった。

 同席したホワイトハウス高官たちが「ちょっと待って」という暇もなかったらしい。トランプさん自身、不動産取り引きで多くの成功体験があり、俺ならうまくやるという自信があったのだろうが、外交交渉をビジネスと一緒くたに考えているとすれば、馬鹿げている。

 トランプさんのこれまでの言動を見てみると、関西弁で言う「ええかっこしぃ」、それも極めつけの自己顕示欲の強い性格だ。彼のツイッターは子供が自慢ごっこしているようで、「チビ」とか「ロケットマン」など品位のない言葉も少なくない。もしそれが本当の姿だとしたら、米国民はとんでもな人を選んでしまった。

 そんな彼が北朝鮮の策動に飛びついたのは、自身の立場が危ういからだろう。ロシア疑惑が深まり、中間選挙は苦戦を強いられている。これといった外交成果もない。ここはもう起死回生の一打を放つしかなく、あえて甘い餌に食いついたと見るべきだろう。

 トランプさんの辞書に「急がば回れ」という言葉はなどないように思える。日本には拙速を戒める言葉がたくさんある。「せいては事を仕損じる」「あわてる乞食はもらいが少ない」「待てば海路の日和あり」・・・。表現の豊かさは日本文化の多様さにも通じるが、さてアメリカではどんな語彙(ごい)があるのだろう。

 5月中に首脳会談が行われるらしいが、本当に成果が出せるのだろうか、大いに疑問だ。北朝鮮は世界を欺きながら核開発を続けてきた。そしてつい先日まで、威勢のいい言葉で米国を口撃していた。その舌の根の乾かないうちに、手のひらを返して「核を手放してもよい」と言い出したのだから、にわかに信じよという方が無理である。

 それなりに北朝鮮にも切実な事情があるのだろう。国連の経済制裁が効いてきて、軍や配下に不満が蓄積されれば、不穏な空気も生まれかねない。金委員長には最も懸念される事態だ。体制維持のために、清水の舞台から飛び降りたのだろうが、核を手放す気など毛頭ないと思うが、どうだろう。

 北朝鮮にしてみれば、トランプさんの鼻先に人参をぶら下げ続け、時間を稼ぐ魂胆だろう。「これまでかかった金を出せ」「食糧を支援してほしい」「油がほしい」などとつぎつぎ要求を出してくるはずだ。そこをどのようにかわして核放棄に繋げることが出来るか、トランプさんの外交の手腕が試されよう。

 もちろん、北朝鮮に核を放棄してもらわなければ困る。ただし、日本に届くミサイルは残るし、化学兵器もある。トランプさんが勝手な交渉すれば、取り残されるのは日本だ。しかも拉致問題は未解決。米国にそんなうまい手があるのだろうか。悲鳴を上げているのは、尻を拭かされるホワイトハウスの面々だろう。

盗まれたイチゴ

 平昌五輪のカーリング女子で、銅メダルに輝いた日本チームの記事をブログに書いた。すると、ブログの友人イレグイ号さんから、「彼女たちがモグモグタイムで食べていたイチゴは日本で開発された品種が韓国に流出したものらしい」というコメントが寄せられた。

 韓国ならさもありなんと思ったが、それから数日後、斎藤健・農林水産大臣が会見で、カーリング女子が食べていたイチゴについて、「日本から流出した品種を韓国で交配されたものだ」と発言したから驚いた。 所管大臣が流出を明言したからには、ちゃんとした証拠があるのだろう。

7d5474ceefae1c26f1922369f739e067[1]

 そこでネットで調べてみると、次のような記事が出ていた。要約すると、韓国のイチゴ栽培面積の9割以上が日本の品種を基にしたものといわれ、日本を代表するブランドが無断で持ち出され、韓国で勝手に交配されていた上、韓国の独自ブランドとして販売されているという。

 そして5年前、その流出経緯が明らかになった。愛媛県の農家がレッドパールという品種を6年間かけて開発したが、その農家に韓国人の農業研究者が訪れ、「苗をほしい」と懇願された。何度も断ったが断りきれず、様々な条件を記した契約書を交わし、苗を与えた。しかし契約は破られ、そのレッドパールは韓国で一気に広がった。

 イチゴの遺伝子を解析すれば、日本で開発されたものかどうかは分かるはずだ。だから農水大臣も断定的に発言したのだろう。知的財産を盗まれたのだから、国としても法的措置を取るべきだったはずだが、どうも日本は韓国に甘いところがある。これではすでに亡くなっている開発者は浮かばれないだろう。

 こんなことは言いたくないが、あえて言ってしまおう。自然科学系のノーベル賞受賞者は日本人22人に対し、韓国人は0である。ノーベル賞シーズンになると、韓国民はその現実を前に嫉妬し、悲嘆に暮れるのだ。ノーベル賞の多くは優れた基礎研究に対して贈られるもので、それは長い歳月の成果である。

 愛媛県の農家の人も、開発に6年かかった。それを韓国は盗み取り、しかも韓国独自のブランドとして世界市場に輸出し、莫大な利益を得ている。韓国は目先の利益を優先し、地道な基礎研究をおろそかにする国である。それでは、ノーベル賞級の研究者は育たないだろう。

 カーリング女子の一人は「韓国のイチゴはすごく美味しい」と言ったそうだが、それもそうだろう。日本の農家が心血を注いで開発したイチゴなのだ。車座になってイチゴをほうばる光景はほほ笑ましかったが、ひと皮剥けば韓国の嫌な一面が見えてくる・・・。

オホーツクに風を吹かせた・・・カーリング女子

 いきなり自慢っぽい話で恐縮だが、10年ほど前、あるゴルフ場でホールインワンを達成した。距離は190ヤードの難しいホールだった。放ったボールはピンめがけて転がり、そのまま入ってしまった。生涯2度目のホールインワンだった。

 ティーグランドの右手には、ホールインワン達成者に「北海道への航空券プレゼント」というJAL協賛の看板が立っていた。キャディー同伴だったので記録が認められ、夫婦2人分の往復航空券がもらえた。

 それから間もなく、夫婦で知床半島などをレンタカーで巡る5泊6日の旅行に出かけた。網走刑務所を見た後、オホーツク海に面するサロマ湖へ車を走らせた。美しい湖だった。

 回りくどい書き方になったが、実は平昌五輪カーリング女子で銅メダルを勝ち取った「LS北見」って、どこにあるのだろうと思い、パソコンの地図で調べてみた。すると、あの時訪れたサロマ湖が北見市であり、しかも本拠としている「常呂カーリングホール」は湖のすぐ近くにあることを知った。

 人口12万人ほどの市だが、カーリングのメダルによって一躍有名になった。私と同じように、北見市がどこにあるか調べた人も少なからずいたと思う。

 1980年代の初めごろ、酒店を経営していた常呂町の男性が、漁業に出られない冬でも楽しめるカーリングを根付かせようと活動したという。当初はストーンの代わりにガスボンベを使うなど涙ぐましいエピソードもあり、常呂町と言えばカーリングの聖地と言われるほどになった。

 LS北見のメンバー5人全員が、地方の中小都市である北見市出身というから驚かされた。例えば、高校野球の甲子園出場チームの全員が、他府県出身というケースもある。その意味では、人口12万の町が輩出したLS北見のメンバーは奇跡のような存在に思える。しかも、チームを立ち上げた本橋麻里さんはベンチャー企業の辣腕経営者のようにも映る。

 試合中のおやつタイムも大きく取り上げられた。彼女たちが食べていたチーズケーキは北見市のお菓子屋さんが作ったものらしく、連日売り切れが続いているとか。「北見」が全国に、いや世界に知れ渡り、町おこしに大きく貢献したはずだ。ふるさと納税もじゃぶじゃぶ入ると思うが、どうだろう。そだねー・・・。

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR