紀淡海峡の船釣り・・・そして燻製

 和歌山市内の友人から船釣りに誘われた。彼は、祖父から引き継いだ漁船のオーナーである。彼とはブログ仲間であり、魚釣り、山菜採り、読書という趣味がそっくり同じである。もちろん、二つ返事で連れて行ってもらうことにした。

IMG_7201.jpg

 朝4時、和歌山市内の水軒の港を出港した。この日の狙いは、ゴマサバと大アジである。そのどちらが釣れるかは、魚の回遊次第である。全長10mものサビキ仕掛けを50号のオモリで沈め、どの棚で釣れるかを探りながら、竿を大きく上下にあおる。かなりの重労働である。

 このところ、真夏のような天気が続いており、波も静かだ。船は全速力で紀淡海峡を南下し、海南市の沖あたりでスローダウンした。今日は潮が緩やかで、船は潮にまかせて大阪方面にゆっくり流すらしい。

IMG_7202.jpg

 友人は魚群探知機を見ながら「水深20mの所に魚の大きな反応がありますよ」と声をかけた。リールのゲージが20mを示すと、糸の出を止めた。彼はすでに竿を曲げており、30cmはある丸アジを釣った。

 しばらくすると、私の竿にも当たりがあった。竿先をグイッ、グイッと引き込むはっきりした当たりだ。竿を立て、糸を手繰り寄せると、強い引きが伝わって来る。それもそのはずで、30cmを軽く超えるアジが3匹も付いていた。

 船は人が歩くほどの速さで進んでおり、アジの群れに差しかかると2人とも魚がかかる。3匹、4匹と一度に釣れることもあり、船の生け簀はにいぎやかになってきた。やがて大きな当たりがあり、魚が右へ左へよく走った。案の定、鯖が釣れた。40cmはありそうな立派な鯖である。その後も鯖を1匹追加した。

 次第に潮が速くなり、糸の角度が急になって来た。彼から「そろそろこの辺で終わりましょうか」との声がかかり、午前8時ごろ港に帰った。この日の釣果は大アジ20匹、鯖2匹の大漁で、強い引きを味わうことが出来た。

IMG_7203.jpg

 第二幕は魚の燻製作りである。これだけの魚を2日や3日では食べきれないので、燻製にして保存することにした。鯖は半身を刺身にし、残りを塩や砂糖、みりんのソミュール液に一晩漬けたあと塩抜きし、ブナのチップで3時間ほどスモークした。半生状態の鯖独特のうま味と、燻製の香りがミックスしていい味に仕上がった。

 アジは、海水よりやや薄い目の塩水に1時間ほど浸し、一夜干しを作った。冷蔵庫で一晩寝かせ、次の朝、身の部分に醤油とみりんを混ぜ合わせた液を塗ってもう一度乾燥。表面がパリッとしたら3時間ほどスモークした。黄金色のかぐわしいアジの燻製が出来上がった。

 そして昨日の夜は、生石山で田舎暮らしをしているご夫婦を招待し、燻製の味見の会を開いた。招待されてまずいとは言えまいが、何とか合格点をいただいたようだ。先人が生み出した燻製の知恵は素晴らしい・・・。

         ↓ 鯖の刺身と鯖の燻製
IMG_7207.jpg

IMG_7211.jpg

           ↓ アジの燻製
IMG_7208.jpg

IMG_7210.jpg

IMG_7215.jpg

 
スポンサーサイト

女房がカワハギを釣る・・・

IMG_7192.jpg
  ↑ 余りにも夕日がきれいだったので(わが家から)。記事と写真は関係ありません。

 ちょうどひと月前、女房と由良湾へボート釣りに行った。狙う魚は、私がイサギ、女房はカワハギだったが、ポイント付近の海はうねりが高く、私は仕掛けを1回下ろしただけで船酔いしてしまった。おう吐を繰り返しながら、波の静かな内海に逃げ帰った。

 この日の釣りについては4月25日のブログで書ているので、読んでいただければ有難い。今回の釣行はその時のリベンジである。天気は良く、波も静かなので、前回のように船酔いすることはないだろう。

 女房はガシラを数多く釣っているが、カワハギ釣りは初体験である。その引きは、ガシラと比べものにならないほど強い。しかも、餌取り名人と言われるほど餌を取るのが素早く、その小さな口に針を掛けるのは難しい。奥の深い釣りなので、根強い人気がある。

 女房はいつもガシラ釣りで私を負かしてばかりで、少々天狗になっている。そこで、難しいカワハギ釣りを体験させ、図に乗る女房にお灸をすえてやろうと思った。少々意地悪と言えなくもないが、釣りを続ける以上、一度は通らなければならない関門である。

 由良湾を出て、深さ20mほどのポイントにボートを止めた。女房に竿を渡し、アサリの餌の付け方を教えた。そして、「この釣りは敏捷な合わせが肝心で、コツコツという当たりがあればすぐ合わせこと」と念を押した。

 女房は海底に仕掛けを落とし、リールを2、3回巻いて当たりを待つ。時々、仕掛けを上下させ、餌を目立たせる。そんなセオリー通りの釣りを続けている。私は、50号の鉄火面に撒き餌のアミを入れ、2本針でイサギを狙う。イサギはどの棚で食うか分からないので、少しずつ糸をたぐり反応を待った。

 1時間ほどまったく当たりがなかったが、女房が「あっ、引く、引く」と言ってリールを巻いている。水深が20mと深いのでなかなか魚影が見えない。竿は大きくしなっている。やがて、カワハギが姿を現した。手のひら以上もある良型だ。関西では「マルハゲ」と呼び、冬場はまことに美味しい高級魚である。

 女房は「コンと当たったので、素早く合わせ、ドンピシャで掛かった。ほれ、唇に針が掛かっている」と自慢している。確かに、上手に釣ったのは間違いない。この後もぼつぼつ釣れ、3匹も釣った。そして餌がなくなる直前、4匹目を釣り上げた。刺身が出来るほどの大きさで、竿を何回ものされそうになっていた。

 さて私のイサギ釣りだが、小さいけれど一応3匹である。この他に手のひらサイズのチャリコ2匹。腐っても鯛である。それに笑われるようなガシラ1匹で、無慈悲にクーラーへ放り込んだ。ガシラ以外は引ったくるような強い当たりがあり、今も人差し指に快い感触が残っている。

 当たりがなくなったのでガシラ釣り場に移動した。女房8匹に対し私は2匹とまたも完敗だった。いつものことである。女房は「カワハギの当たりをきっちり捉えられたのがうれしい。強い引きが忘れられない」と饒舌だった。新しい釣りの世界に足を踏み入れた女房の喜び。それは私の思惑である・・・。

IMG_7194.jpg


 

生命力あふれる季節・・・

IMG_7190.jpg

 ここ生石高原は今、緑に満ち溢れている。5月も終盤に入るこの季節は旧暦の「小満」に当たり、草木や花、虫たちにその命が満ちていく季節である。わが山小屋を取り囲む木々からは緑が降り注ぎ、自然のむせるような精気を感じる。

 生命の喜びを感じるのもこの季節だ。今年も元気で緑の季節を迎えられたことに感謝の念が湧く。

 道沿いに繁るウツギには米粒ほどの白い花の芽が膨らんでいる。エゴやタンナサワフタギも月末には白い花を咲かせるだろう。この季節は白い花が目立つ。春は黄色、秋は紫が多いと聞いたことがあるが、本当だろうか。

 花の色には虫を寄せる効果があるらしい。ミカンの白い花が咲くのも初夏の頃だ。ミカン畑の多い生石山の中腹にさしかかると、ブーンというミツバチの羽音が聞こえてくる。花粉を運ぶミツバチがいなければ、多くの果実は実らない。

 わが山小屋のシャクナゲは、今年もたくさんの花を付けた。霧の日は妙に艶めかしく見える。何年も前のことだが、年配の知人が通りかかり、「あれは西洋シャクナゲじゃな。西洋の花はここの自然にそぐわんので嫌いじゃ」と苦言を呈せられたことがある。後日この人の家を訪ねると、色んな西洋の花が咲いていた。

IMG_7183.jpg

 つい先日、ここの中腹で田舎暮らしをしているご夫婦から山椒採りに誘われた。ご夫婦は放棄地になっていた山椒畑を借り、木に絡んでいた蔓を取り除き、肥料もまいて立派な山椒畑に復元された。

 私たちの山小屋暮らしに、山椒は必需品である。フキの佃煮、私の釣る鮎の甘露煮、ちりめん山椒など様々な料理に使う。地元産品の店に山椒が並ぶのを心待ちにし、たくさん買って冷凍保存しておくのだ。

 だから今回のお誘いはうれしかった。欲張って採った山椒は2年分にもなった。ただ粒にくっ付いている軸を取り、一粒一粒にするのは根気のいる作業で、女房は3日もかかっていた。私が手伝ったのほんの50粒ほどで、「根気がないなぁ」と嫌味を言われた。そうだ、いつも釣りで女房に負けるのは、この根気だったのか・・・。

IMG_7187.jpg

IMG_7188.jpg

大阪都構想、足元の損得に負けた

 世の中って、そう簡単には変えられないということだろう。大阪市を解体し、五つの特別区を設ける大阪都構想の是非を問う住民投票は現状を維持したい人が上回り、橋下徹市長の提案は敗北した。大阪市民でもない私がとやかく言うのも何だが、その結果にがっかりした。

 投票結果は1万票ほどの僅差で、惜しかったと思わないでもないが、このような大改革は10万票、20万票くらいの大差をつける勢いがなければならないと思った。橋下市長は結局、「市民サービス」という目先の損得勘定に敗れたのではないか・・・。

 橋下陣営がいくら将来像を訴えても、不確かな未来よりも現状に甘んじようとする人たちを説得出来なかった。私の家には半日遅れでしか新聞が届かないので、これを書いている段階で市民の詳しい投票行動は分からないが、一部テレビ報道によると70歳以上の反対が結果を左右したと言われる。

 高齢の人たちにとって、何十年先のことよりも今の方が大切だと思う気持ちは分かる。地下鉄や市バスのパスがもらえないのではないか、生活保護を今まで通り受けらないのではないかという不安も大きかったに違いない。さらに、区によって税収の格差が生まれ、住民サービスが低下するとの心配も反対票につながったのかもしれない。

 大阪都構想の反対派は「住民サービスの低下」を声高に訴えた。これが功を奏したのだ。同じ反対派の自民党よりも、大衆運動を得意とする民主党や共産党の作戦が一枚上で、舌鋒も鋭い。これに対し、維新の党は大阪市の将来を訴え、ある程度若者の支持を得たようだが、市民の足元の損得に勝てなかった。

 勝利会見で、反対派の自民党市議団の幹事長は「これでノーサイド」と言った。ラグビーになぞらえ、試合が終われば過去のことは水に流し、大阪市民のために頑張ろうとい意味である。政治家はいつも、口先のきれいごとで幕を引こうとする。しかし、あの場面を思い起こしてはどうか。

 集会の壇上に立った大阪自民党の市議団幹事長は、共産党NO2の書記局長の手を握って高く掲げた。そしてバリバリの社会党代議士から民主党に鞍替えした辻元議員とも手を握り合った。政策によって共闘してもいいが、それにも「節度」と「矜持」というものがあると思う。

 それが政治だと言う人がいるかもしれないが、それは違うと思う。政策を遂行するために、政治信条、政治哲学、政治思想はどうでもいいのだろうか。同じ都構想に反対するにしても、一線を画すべきだろう。自民党政治に反対を唱える共産党と抱き合うなんて、もはやブラックユーモアの世界である。

 今回の住民投票の救いは、若者に賛成する人が多かったことだ。大阪を変えたいと、マジ思っているのだ。大阪のあんちゃん、ねえちゃん、捨てたもんやでないで・・・。

わが山小屋へ、はるばる9人の客人・・・

 山菜採りや温泉巡り、アウトドアが大好きな一行が、今年も紀伊山地のわが山小屋にやって来た。東京、愛知、大阪などの計9人で、職業は医師、サラリーマン、僧侶、自営業など様々である。標高800mの静かな森は、一行の到着で一気ににぎやかになった。

 この人たちは、私の兄の友人である。いつか兄が「弟は和歌山の山奥に山小屋を建て、変な生活をしている」と話したことがあり、「それでは一度見学してみたい」ということになったらしい。山小屋訪問は今年で5年目で、有難いことに長続きしている。

 当日はあいにく、朝から雨がパラパラ降っていた。山小屋の中に入ってもらえればいいが、大人数で床が抜けては困るので、山小屋の裏にタープを張った。みんなアウトドア派だから、その方が野趣があっていいだろう。ここはまだまだ寒く、焚火をしたが、半袖で来た人は寒さに耐えきれず、私のパーカーを貸した。

 遠来のお客だから、和歌山ならではの山の幸、海の幸でもてなしたい。ただ山菜は終わりに近く、ワラビくらいしかない。海は何と言っても、麦秋の今が旬の麦藁イサギである。前日、知り合いの漁師から活かしてあるイサギを分けてもらった。

 2匹は普通の刺身にし、もう2匹は焼き切りにした。皮をガスであぶると、脂が表面に滲み出し、香ばしくておいしい。アオリイカの刺身は、わが家の定番である。4月下旬、私が釣った大物で、冷凍しておいた。イカは冷凍しても味は落ちず、もちもちしてこれもいける。

 この日に合わせて女房とボート釣りに行き、ガシラ34匹釣ってきた。ブログにも書いたが、女房26匹に対し、私はたったの8匹だったから、お客には釣果の内訳を内緒にしておいた。女房が釣った大型は刺身に、残りは塩焼きと味噌汁の具にした。手前味噌だが、これも好評のようである。

 お客は生きたアワビを持ち込み、バーベキューの火で焼いて大胆にかぶりついていた。近江牛、日本三大珍味の鮒寿司などもあり、実に贅沢な野外パーティーとなった。一行は夕方、ここから半時間ほどの清水温泉に向かい、ここで一泊。翌朝、わが家の近くの生石高原でワラビ採りを楽しみ、帰途についた。どうぞ、来年も・・・。

IMG_7181.jpg

IMG_7178.jpg

IMG_7179.jpg

IMG_7177.jpg

IMG_7175.jpg

IMG_7176.jpg

女房、大型ガシラに舞い上がる・・・

 毎年この季節になると、東京や愛知などから知人がはるばる、紀伊山地のわが山小屋を訪れてくれる。今年は計9人のご一行である。海の幸、山の幸でもてなすことにしており、今年はわれら夫婦が釣るガシラ料理を出すことにした。

 訪問の二日前、ボート釣りに行った。釣り場はいつもの由良湾である。結論から書くと、釣果は私の8匹に対し、女房はその3倍以上の26匹である。これまで女房に10連敗はしているが、これほど大差になったことはない。

 たかが釣りの話である。しかし、私にとって笑いごとでは済まされない。女房に釣りを教えたのは、釣り歴40年の私である。竿の扱い方、糸のさばき、誘いの方法、合わせのタイミング・・・手とり足とりで教えてきた。それなのに、師匠の私は面目丸つぶれなのだ。これまでの釣り歴は何だったのか・・・。

 最初の頃、私はいつも女房を素人扱いしてきた。仮に釣果で負けても、ビギナーズラックなどとからかい、気持ちにも余裕があった。しかし近年はそんなことを言っていられなくなった。ここ1年を振り返っても、負け続けである。だから私は必死である。女房の釣り方をチラッと盗み見することさえある。

 さて当日だが、最初のポイントでは女房が5、6匹連続で釣り、私にはまったく釣れない。いつものパターンで出遅れてしまった。ボートの運転、仕掛けの交換は私の役目だが、そんな言い訳など、もはや見苦しい。

 女房の釣りを見ていると、誘いをかけながら仕掛けを手前に寄せ、竿先がクイッと押さえ込まれた瞬間を見逃さず、合わせを入れる。敵ながらあっ晴れである。女房が14匹の時点で、私はたったの1匹だけだ。これはもう、運、不運の問題ではない。何か私の釣りに欠陥があるのかもしれない。

 釣ったガシラの数は完敗だが、それだけではなかった。先日のブログで、「釣果は総重量だ。小さな魚ばかりでは糞にもならない」と大見栄を切った。その時、天に吐いた唾が自分の顔に降りかかろうとは思わなかった・・・。

 こうなっては、大きなガシラを釣って一矢報いたいと思った。大型がよく釣れるポイントにボートを止めた。すると女房はいきなり竿を曲げた。「あっ、藻に引っ掛かったみたい。あれ?動いた。魚が付いている」と顔を赤くしてリールを巻く。私は希望的観測で、「その引きやったらエソやな」と意地悪く言った。

 ところが海を覗くと、大きなガシラが腹を返して抵抗を繰り返している。やっと浮いてきたガシラを玉網ですくった。何と、31cmもあった。この由良湾で30cmを超えるガシラが釣れるのは滅多にない。私たちにとって過去最大である。

 しかし、これだけで終わらなかった。他のポイントでも、29cm、28cmの大型を釣り上げたのだ。私は最後近くに30cmをゲットしたが、もはや遅きに失した。すっかり舞い上がった女房は、「私って才能があるのかしら」と言い放った。うるさい!

            ↓ 31cm
IMG_7155.jpg

            ↓ 29cm
IMG_7160.jpg

            ↓ 28cm
IMG_7162.jpg

            ↓ 女房26匹、私8匹
IMG_7168.jpg


 

ネパールの惨状に胸が痛い

 ネパールの大地震から10日が経った。この国へは、昨年10月末に旅行したばかりで、テレビの映像を見て胸が痛む。たった1回の旅行でネパールを知ったことにならないし、ネパールの人からすれば一介の旅行者が嘆き、悲しむのに空々しさを感じるかもしれない。

 多くの海外の大災害を報道で知る度に、私はひとしく暗澹たる思いにさせられる。しかし、今回の地震災害は、一度訪ねたことのある国という親近感からだけではなく、それ以上に私の胸に突き上げてくるものがあるように思う。

 それが何かはうまく表現できないが、海外旅行経験に乏しい私にとって、首都カトマンズの混沌とした風景に大きな衝撃を受けたことは事実だ。人々のヒンズーへの深い信仰心、生命への強いエネルギーが渾然一体となった街。そんな風景を目の当たりにするのは初めての体験だった。それが一瞬にして瓦解したのだ。

 ヒマラヤを見上げる丘の上までトレッキングしたが、そこの小さな寺院で会った村の少年や少女。体をぶつけるように私たちに寄ってきた親近感は何だろう。澄んだ瞳、屈託のない笑顔・・・。あの時の少年や少女は無事だろうか。山の斜面に張り付いていた農家は崩壊しているかもしれない。水や食べ物、テントは足りているのだろうか・・・。

IMG_6421.jpg

 瓦礫の山と化したカトマンズの街は目を覆うばかりだ。倒壊したダルバール広場、ニャタボラ寺院、旧王宮など見覚えのある世界遺産がテレビに映し出されると、悲鳴を上げたくなった。生き仏の少女クマリは無事だったのだろうか。私たちが泊まったホテルは大きなひび割れが出来ていた。

 私たちのネパール旅行は、エベレストやアンナプルナなどヒマラヤ山脈を観望するのが目的だった。目もくらむような山群が素晴らしかったのは言うまでもないが、帰国してみるとネパールの人々や風土、文化をひっくるめた国そのもののとりこになっていた。もう一度訪ねようと計画していたが、もう、その気になれない・・・。

                カトマンズ市内
IMG_6143.jpg

IMG_6147.jpg

IMG_6157.jpg

IMG_6513.jpg

               世界遺産                
IMG_6518.jpg

IMG_6543.jpg

IMG_6175.jpg

               農村
IMG_6272.jpg

IMG_6282.jpg

IMG_6373.jpg

IMG_6405.jpg

IMG_6439.jpg

ベーコンを作る・・・

IMG_7151.jpg

 女房が姪に誘われ、岸和田にある「コストコ」へ行った。名前は聞いたことはあるが、行ったことはない。会員制のスーパーで、倉庫のような建物に食料品や日用品がドカン、ドカンと置かれているらしい。いかにもアメリカらしい商売だ。

 久し振りに燻製を作りたかったので、豚バラの塊を買ってくるよう頼んでおいた。燻製を始めて10年近くになるが、最初の動機は自分で釣った魚をスモークして保存したかったからだ。

 日本には囲炉裏があり、その煙で燻す文化がある。鮭や鮎もそうだし、いぶりがっこと言う漬物も有名だ。勉強のため最初に買った燻製の本は、すごくマニアックだった。その達人たちのいでたちは、おしなべてカウボーイハットに革のベスト。しかも、パイプをくわえている。燻製かぶれのように見え、少しむかついた。

 勉強を進めると、食べ物なら何でもスモーク出来るし、スパイスなど奥が深いことも分かってきた。それに、大変おいしい食べ物である。とうとう、伊賀の「モクモクファーム」へ1泊2日の研修にも行き、私もすっかり燻製かぶれになった。一瞬、カウボーイハットをかむりたい欲望にかられたくらいだ。

 今回は豚バラでベーコンを作るのだが、10冊の専門書があれば、10通りの作り方がある。燻製とは、個性豊かなこだわりの料理、悪く言えば独りよがりの料理でもある。私はまだまだ修行の足りない素人だが、一つ言えるのはスパイスが一つ二つ欠けても、おいしいくなるということ。つまり、燻すという力の凄さなのだ。

 豚バラの余分な脂などを除き、水洗いしてきれいにする。これに、塩や砂糖、黒コショウ、オールスパイス、ナツメグなどのスパイスをすり込む。フリーザーバッグに入れ、冷蔵庫に寝かせる。1日に1回、よく揉んで天地を逆にし、スパイスが均等に浸透するようにする。

 7日が過ぎたら、肉についたスパイスを洗い流し、出しっ放しの水道水で塩抜きをする。塩がきき過ぎて塩っからい場合は失敗作になる。肉片を電子レンジで焼いて味見するが、塩味が物足りないくらいがいい。塩抜きした肉はペーパータオルにくるんで一晩寝かせる。

 塩漬けしてから8日目、いよいよスモークの日である。燻製作りはとにかく時間がかかるが、手間とおいしさは比例するということだろう。まずは日陰で、わが山小屋を吹き抜ける森の風にさらす。2時間ほどを要するが、専門書にはこれが大切だと書かれている。

 肉にフックを突き刺し、燻製器に吊るす。まだスモークをかけず、50度くらいの温度でさらに乾燥させる。これからがスモークである。今回はブナのチップを使い、70度くらいの温度で3時間燻した。煙がもったいないので、茹で卵もスモークした。燻製が終わればまた風に当て、冷蔵庫で一晩寝かせて味を落ち着かせる。

 強いて言えば、燻製は独りよがり。つまり、自分の世界に没頭して作りあげたある種の工芸品なのだ。自分のベーコンが一番おいしいと信じているから、あれこれ書くのは愚かである。何も言うまい・・・。

IMG_7134.jpg

IMG_7137.jpg

IMG_7141.jpg

IMG_7145.jpg

IMG_7148.jpg

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR