献金疑惑・・・行儀が悪い面々

 週刊誌報道で献金疑惑の渦中に立たされていた甘利経済再生担当大臣が、昨日大臣を辞任した。辞任はもうちょっと先かなあと思っていたので、多少の驚きはあった。ただ、現に金が甘利大臣側に流れ、背後に怪しげな憶測が蔓延しているのだから、辞任は当然だろう。

 昨日の記者会見をテレビで見たが、大臣に直接渡された50万円二口と、地元秘書に渡った500万円についての説明だった。50万円二口は政治資金として適正に処理されていたとの説明だ。秘書への金200万円は適正だったが、残り300万円は秘書が個人的に使ってしまったという。

 甘利氏への献金は、大臣就任祝いなどの理由がついていたようだ。地元事務所への金については明確な説明はなかったが、千葉の建設会社と都市再生機構(UR)の間で進められていた損害補償交渉をめぐり、甘利事務所が口利きをしたとの疑惑がある。

 建設会社は大臣室などで二度にわたり、各50万円を献金した。そのうちの一回は、虎屋の羊羹の袋に祝儀袋のようなものが入れてあったという。時代劇では、悪徳商人がお代官様に媚びた笑顔で菓子箱を差し出すシーンがある。箱を開けると、底にずらりと小判が敷き詰められている。今回はこれと似たようなもので、古典的な献金手法である。

 もうひとつの地元事務所への献金は、腑に落ちないことが多い。最初は1000万円の献金申し出があったが、事務所側は多すぎると言って半分返し、残りを小分けにして処理しようとしたとの説明である。

 建設会社は、どのような経緯からか分からないが、結局URから2億円以上の補償金を受け取ったことになっている。問題は、甘利側の口利きがあったのか、なかったのかである。普通に考えれば、何もないのに巨額の献金をするはずがない。週刊誌報道によると、キャバクラなどの接待飲食を合わせると、献金は1200万円とされる。

 私のような者に、何が真実かは分からない。ただ、今回の事件には「行儀の悪さ」が目立つ。中でも、甘利大臣側と建設会社との会話を断りもなく録音するという手口である。事件を告発した建設会社の総務担当は「いざという時、自分を守るために録音した」と言っているらしいが、こういう人物にろくな人間はいない。

 それにもうひとつ。甘利事務所の秘書たちは、総務担当にたかり、キャパクラなどで飲み食いした。一度や二度でないらしい。政治家の秘書としてはまことに行儀が悪い。そして甘利さんだが、「秘書が、秘書が」と言えば言うほど、自身の行儀が問われかねない。

 今後の国会は疑惑追求一色になりそうだ。甘利さんはじめ、関係者の多くが国会の場で証言を求められるかもしれない。場合によっては、汚職や秘書の横領など刑事事件に発展する可能性もある。与党と野党の攻防が見物である。面白いと言えばひんしゅくを買いそうだが、日がなホーム炬燵の番をする隠居にとっては、やはり面白い・・・。
スポンサーサイト

甘利大臣の疑惑・・・不気味過ぎる証拠

 週刊文春が甘利・経済再生担当大臣の政治資金疑惑を報じた。場合によっては、贈収賄事件に発展するかもしれない。すかさず野党各党は記者会見し、徹底追及の拳を振り上げた。とくに民主党は「疑惑追及チーム」を立ち上げ、総力戦の様相である。

 記者会見に臨む野党幹部たちは、一様に厳しい表情を見せた。しかし私には、奥歯で笑いを噛み殺しているように見えた。今国会は野党に追及する材料が乏しく、与党ペースで進むと見られていた。そこへ降って湧いたのが今回の疑惑報道だ。手詰まりの野党が、内心大喜びするのも無理はない。

 報道から何日か経って、私は図書館で週刊文春を読んが、何とも奇妙な印象を受けた。

 この事件は、千葉県の建設会社が独立行政法人都市再生機構(UR)との間で道路建設の補償をめぐりトラブルになっていた。そこで建設会社の総務担当者は、URへ口利きしてもらうため、甘利大臣側に献金やら接待やらで総額で1200万円を支出したというものだ。

 文春に情報を持ち込んだのは、この総務担当者である。甘利事務所の第一秘書が現金の入った封筒を受け取る写真、秘書との会話を録音した50時間に及ぶテープ。さらに、甘利大臣に直接渡したとされる50万円は、全ての紙幣番号が事前にコピーされていた。

 総務担当者は実名を公表しており、これらの「証拠」も本当なら完璧に近い。なぜこのような周到な準備をしていたのだろう。もし口利きがうまくいかなかったら、暴露するつもりだったのだろうか。ネットで流布されているのは、第一秘書がたかりの常習者とされ、騙されないために備えていたとも受け取れる。

 それにしても、これは恐ろしいことである。人間関係、信頼関係とは一体何なのかということだ。誰かにものを頼む時、ある程度相手を信頼しているからこそ、頭を下げるのだ。なのに、最初から相手に疑いの目を向け、あらかじめ動かぬ証拠をそろえておくというのは、倫理観としてどうだろう。何とも、殺伐とした風景である。

 今の段階で、事件の全容も、文春に持ち込まれた事情もはっきりしない。証拠をそろえておいた理由も分からない。甘利大臣は近々説明するとしているが、国民を納得させられるだろうか。真実の解明は国会と司法の手に委ねられるとしても、出処進退の決断は刻々と迫っている。

 TPPの立役者、アベノミクスの推進者、安部政権の屋台骨・・・。飛ぶ鳥を落とす勢いの彼に、金をめぐる死角、あるいは弱点があったのだろうか。それとも、追い落としの罠にはまったのか。古今東西、出る杭は打たれるのが世の習い。これから、ひと波乱もふた波乱あるだろう・・・。
 

若狭の旅・・・観音さんにふぐ料理

 小雨が降る中、女房と車で若狭・小浜市へ一泊の小旅行に出かけた。若狭湾はかつて私の釣りのホームグラウンドで、20年近く通い続けた。最後に若狭で釣りをしたのは何年前だろう。おそらく十数年は経っているはずだ。小浜までの道すがら、その頃を思い出しながら軽トラを運転した。

 湖西道路を走り、真野の出口で降りて鯖街道を行くことにした。鯖街道は言うまでもなく、若狭で獲れた鯖や甘鯛を塩漬けにして京の都に運んだ道である。沿道には鯖寿司を食べさせる店があるが、近年、そんな店が一気に増えたように思う。

 つづら折れの道を登った所が花折峠で、ここには結構有名な鯖寿司を食べさせる店がある。7年前のちょうど今頃、昼食をとるためこの店に来たことがある。その当時、鯖寿司は一人前で1890円もした。しかも、たった三切れである。鯖寿司が高いのは分かっていたが、それにしても度肝を抜かれた。

IMG_8555.jpg

 一人前だけ注文し、女房とひと切れ半ずつ食べた。それではお腹がすくので蕎麦を追加注文した。鬱憤を晴らす訳ではないが、その時のことを2009年1月25日のブログでに書いており、良かったら読んでいただきたい。たった三切れの鯖寿司がどんなものか、写真もアップしている。

 鯖街道を進み、朽木を経て国道303号線に入った。沿道には、昔懐かしい釣り餌店が4軒ほど営業していた。やがて宿場町の「熊川宿」にさしかかった。釣りに通っていた頃は、未明にここを通り、夕方に帰路を急いでいたので、国道の山側に軒を連ねる宿場を見学したことがない。

 いい機会だから熊川宿を通ることにした。中仙道の馬籠宿などにも行ったことはあるが、熊川宿は人通りも店の数も少なく、素朴なたたずまいだ。通りには小川が流れ、家々にはべんがらが塗られている。鯖街道の歴史を物語る町並みだった。釣りにうつつを抜かし、このような素晴らしい宿場があることを知らずにいたのが恥ずかしい。

IMG_8560.jpg

IMG_8562.jpg

 やがて国道は三差路になり、右へ行けば敦賀、左が小浜である。もちろん左折して小浜へ。今回の小旅行は、小浜に点在する古刹を参拝するのが主な目的だ。

 小浜など若狭一帯には、キラ星のごとく国宝級の仏像が ある。調べてみて初めて知ったのだが、その数は私の想像をはるかに超えるものだった。天平、平安から鎌倉、室町に至る仏像群は、写真でしか見ていないが、これはもう圧巻である。

 なぜこれほどまでに、名刹と仏像が若狭に多いのだろう。鯖街道によって京都と結ばれていたことが第一ではないかと思う。そして第二は、大陸の文化が日本にもたらされた玄関口だったのも無関係ではないはずだ。昨年には、「海と都をつなぐ若狭の往来文化群」は日本遺産第一号として登録された。

 まずは国道からそう遠くない多田寺(真言宗)に行った。石段を登ると、入母屋桧皮葺の本堂がどっしりとした姿を見せていた。国の重要文化財である。受け付けにはかなり高齢の婆さん座っており、拝観を申し込むと、「冬の間はお断りしてます。寒いので、戸を開けるのがかなわんのや」と言う。

 この寺には、平安初期の薬師如来や奈良時代の十一面観音など孝謙天皇の勅願寺にふさわしい重要文化財が多い。下調べした時からぜひ拝観したいと思っていただけに、残念だった。ここから山をひとつ越えたところに、妙楽寺(真言宗)があり、本堂と二十四面千手観音は国の重文になっているが、お寺は留守で拝観できなかった。

IMG_8568.jpg
     ↑ 多田寺

IMG_8570.jpg
     ↑ 妙楽寺

 この日最後の拝観となる羽賀寺(真言宗)に向かった。こちらは受け付けに高齢の男性がいて、ぐっすり昼寝されていた。小声でそっと起こし、本堂に入れてもらった。この寺も女帝・元正天皇の勅願寺で、行基の創建と伝えられる。奈良から遠いこの地にも行基の足跡があり、行動力に驚かされた。

 本尊の十一面観音は、厨子の中に納まっていた。対面した瞬間、ただの驚きではなく、驚愕という表現がふさわしいほど感動した。平安初期の作だが、彩色がよく残っている。長く秘仏だったから、保存状態が良かったのだろう。顔立ちはおおらかで、優美な姿である。国宝級の立派な観音さんが、都から離れたこの地に伝わっていることも驚愕である。若狭の仏教文化は、実に奥が深い。

IMG_8597.jpg
     ↑ 羽賀寺の十一面観音(パンフを複写)

 この夜泊まるのは、小浜の市街から半時間ほどの阿納という海辺の民宿だ。夏は海水浴でにぎわうが、それ以外はふぐ料理を食べさせる民宿が軒を連ねている。ここではふぐや鯛、ヒラメなどを養殖しており、安く食べられる。

 夜の食卓には、これでもかというほどの海鮮料理が並んだ。てっさ、ふぐちりはもちろん、ヒラメの刺身は1匹まるごとだ。お寺巡りなどと、もっともらしいことを書いてきたが、本音はふぐ料理。香ばしいひれ酒に酔いしれた・・・。

IMG_8582.jpg

IMG_8583.jpg

IMG_8587.jpg

方向音痴が地球儀で旅をする・・・

IMG_8551.jpg

 NHKの連続小説「あさが来た」を見た後、続く情報番組「あさイチ」を見るのが日課である。どうでもいいことだが、私は司会の有働ちゃんが好きであり、他局にチャンネルを変えることはない。この日の番組のゲストは、木曜時代劇「ちかえもん」の主役を演じる松尾スズキという人だった。

 この人は劇団を主宰し、俳優であり、脚本家であり、小説家でもある多芸多才な人物らしいが、私は彼のことをまったく知らない。有働ちゃんはインタビューの冒頭から彼の方向音痴を話題にした。実は私もひどい方向音痴で、知らない街で十字路を2、3回曲がると、元の場所に戻れないほどの重症である。

 彼の告白はいちいち、わが意を得たりと膝を打つものばかりである。中でも、頭の中に地図を描けないという話には、同志的な共感を覚えた。彼はスマホに地図を出して行き先を探す時、スマホを横にしたり、斜めにしたりして見るが、それでも分からないという。私も持参の地図を行く方向に合わせるが、すると現在地が全体の地理のどのあたりになるか理解できないのだ。

 わが家には分厚い道路地図があるが、例えば、和歌山の龍神温泉に行くには、どの道を辿ればよいか地図で調べるとする。私が住んでいる生石高原を基点に、順に地図をめくっていく。しかし、道路や地形が地図の前頁、前々頁のものと頭の中でつながらないのだ。つまり、ページごとの地図を一枚の地図として描くことが出来ないのだ。

 方向音痴にとって悲しいのは、地図に従って目的地に行けないことではなく、身内の女房や子供に方向音痴を正しく理解されないことである。車を運転していて道を間違えると、心無い非難の言葉が飛んでくる。方向音痴は先天的なもので、れっきとした病気なのだ。薬を飲んでどうにかなるような話ではない。まして知能とは関係ない。

 次は世界地図である。ヨーロッパではテロが連鎖し、北アフリカにも飛び火している。先日にはインドネシアでテロが起きた。テロが起きる度に、パソコンにグーグルの地図を開き、場所を確かめ、地政学的なことも考える。テロの主な舞台ヨーロッパは国が入り組んでいて、なかなか理解出来ない。

 グーグル地図の画面は、カーソルを動かせば右も左も表示され、拡大も縮小も簡単である。例えば、EUの機関があるベルギーだが、地図を拡大してしまうと、縮小した時の地図が頭から消え、ヨーロッパのどのあたりか、どのような国と接しているか分からなくなる。これも、地図が頭に入らないという方向音痴と無関係ではないだろう。

 そう言う訳で、前々から欲しかった地球儀を買った。通販のamazonで2948円の安物である。プライムというサービスに加入しているので、注文した翌日のきのう届いた。安っぽい作りだが、地球儀に変わりはなく、どの国が、どの島が、地球のどこにあるか分かる。外国の事情にうとい私にとって、地球儀の地図は興味津々、好奇心をくすぐる。

 方向音痴にかこつけて、話が地球儀に飛躍してしまった。それにしても、地球儀をくるくる回しながら、地球を俯瞰するのは楽しい。小学生でも知っているような発見もある。地球儀の下の方は光が当たらないので、登山用のヘッドライトで照らしながら、アルゼンチンなど南半球を旅している・・・。

愛される大津絵の主人公たち

IMG_8509.jpg

 大津市役所へ行くのは10数年ぶりである。今回は、市役所に留め置かれているマイナンバーを受け取るためだ。三井寺前の道を北へ歩いていると、沿道に大津絵の陶板をはめ込んだ石柱が建てられていた。石柱は10mほどの間隔で、道路をはさんで両側に建てられており、3、400mほど先まで続いていた。

 石柱の新しさから近年建てられたのだろう。大津絵は大津を代表する民画であり、このように路傍をにぎやかに飾るのは洒落ている。実は以前から大津絵を習いたいと思っていた。この冬こそ教室に通おうと、和歌山の山小屋から大津の自宅に帰ってきたのだが、下調べをしているうちに難しそうなことが分かり、投げ出してしまった。

 大津絵は、江戸初期の頃から東海道大津宿でみやげ物として売られていたという。仏画、鳥獣画、風刺絵、武者絵、美人画など絵柄は100種類以上あったと言われる。登場人物は鬼が多く、絵はユーモラスでおおらかである。わさびのように風刺がきいた絵も多い。

 歩きながら石柱の絵を撮影したのが下の写真である。陶板の下には絵の意味が描かれているが、いまひとつ意味のわからないものもある。もっとわかりやすいものにすれば、親しみも湧くと思うが・・・。


 ↓ 「鬼の寒念佛」 大津絵の代表的な絵。鬼が僧衣をまとっているが、慈悲ある姿とは裏腹な偽善者を諷刺したものだ。鬼の右の角が折れているが、我欲を折ることを教えている。

IMG_8536.jpg

 ↓ 端午の節句の幟(のぼり)にも描かれる。男の子の守護神である。

IMG_8507.jpg

 ↓ 大黒。福は自分でたぐり寄せよと教えている。

IMG_8499.jpg

 ↓ 弁慶の七つ道具。

IMG_8495.jpg

 ↓ 「鬼と柊」 魔除けに用いる柊(ひいらぎ)の葉をくわえた鼠が鬼を追い詰める。鬼にも弱点がある。

IMG_8493.jpg

 ↓ 「藤娘」 大津絵美人画の代表で、旅人に人気があった。良縁がもたらされる。

IMG_8490.jpg

 ↓ 「雷と奴」 雷からは逃れられるが、自分の作った罪からは逃れられないという図。

IMG_8530.jpg

 ↓ 福を求める貪欲さを戒める絵という説明だが、いまひとつよく分からない。

IMG_8528.jpg

 ↓ 「猫と鼠の酒盛り」 猫と鼠は食い、食われる間柄。それなのに、呑気に酒を飲み交わす。一見おおらかな絵だが、これを人  間に置き換えてみると、何やら奥が深そう・・・。

IMG_8524.jpg

 ↓ 「瓢箪と鯰」 瓢箪でぬるぬるした鯰を捕まえるのは難しいが、人間も同じだと風刺する。

IMG_8534.jpg

 ↓ 「手紙を読む女」 浮世絵のような美人画。好いた人からの手紙か、どんなことが書かれているのか・・色々と連想させる。

IMG_8510.jpg

映画「海難」・・・日本・トルコの恩義が海を越えて

IMG_0107.jpg

 日本とトルコの合作映画「海難1890」を観た。映画の前編は、トルコの軍艦「エルトゥールル号」が遭難した和歌山県串本町の樫野崎が舞台だ。後編は、イラン・イラク戦争で取り残された日本人をめぐる救出劇だ。

 後編はまだ記憶に新しいが、沈没事故は明治23年、1890年のことだから120年以上も前のことである。恥ずかしながら、和歌山の山小屋で暮らすようになるまでこの海難事故のことは知らなかった。

 7年前、その歴史を辿るため紀伊半島の最南端に向かった。串本の潮岬から橋で結ばれた紀伊大島に渡り、しばらく走ると、トルコと日本の国旗を掲げたトルコ記念館があった。その敷地には、巨大な「エルトゥールル号殉難将士慰霊碑」が建てられていた。5年ごとに両国関係者による慰霊祭が行われていることを知った。

 慰霊碑の前には太平洋が広がっていた。足元からは切れ落ちており、断崖の下は荒々しい岩場になっていた。エ号はこのあたりで沈没し、乗組員たちが打ち上げられたのだろう。当時私が撮った冒頭の写真と、映画のシーンが重なり合って見えた。

 このすぐ先には、日本最古の石造りの樫野崎灯台がある。明治3年の建造だから、トルコへの帰路を急ぐエ号の右手には、荒天でなければ灯台の明かりが見えていたはずだ。しかし当時は猛烈な台風で、灯台に気付いた時はもはや万事休すだったに違いない。

IMG_0116.jpg

 映画はもちろん、実話に基づいて作られた。トルコの親善使節を乗せたエ号は1890年9月16日の夜半、樫野崎の岩場に激突、乗組員600人以上が投げ出された。樫野地区では村を上げ、嵐の海で命がけの救助活動を行った。死者・行方不明587人という史上最大級の海難事故となったが、69人の命は救われた。

 村人の生活は貧しかったが、乗組員に衣服を提供し、非常食として飼っていた鶏の肉も食べさせた。そして日本政府は2隻の船で生き残った人たちをイスタンブールへ送り届けた。このような日本人の真心はトルコの人たちに語り継がれ、トルコと日本の友好親善の礎となった。

 それから75年の歳月が流れた。映画の舞台はテヘランだ。1985年のイラン・イラク戦争で、イラクはイラン上空の航空機に対し、無差別攻撃を行うと宣言した。各国は救援機を飛ばし、自国民を救出した。

 しかし日本は、憲法の規定で自衛隊の海外派遣が出来ず、チャーター機の要請を受けた日航も安全が確保出来ないとして応じなかった。日本人215人は孤立してしまった。映画のヒロインの日本人学校教師は「なぜ自衛隊が来ないのか」と日本の大使を問い詰め、ある男性は「日本に捨てられた」と嘆いた。

 無差別攻撃の期限は迫っていた。もはや万事休すである。その時、トルコが救援機を飛ばしてくれたのだ。しかも、トルコ国民より日本人を優先して乗せてくれた。これが映画のクライマックスである。救援機を飛ばしてくれたトルコの指導者たちは、遠い昔のエルトゥールル号の恩義を忘れていなかったのだ。

 後日のことだが、映画にまつわる民放の報道番組が放映され、救援機で救出された男性がインタビューを受けていた。彼は「飛行機が国境を越え、機長が『ようこそトルコへ』とアナウンスした時、私は泣きました」と語っていた。それは安堵の涙だったのか、祖国日本から手が差し伸べられなかった悔し涙だったのか。多分、その両方だったのだろう。

 窮地から国民を救うのは、国家として当たり前の事である。しかし、自衛隊の海外派遣はタブー視され、法整備は徐々にしか進まない。先の安保法制では条件付きながら救出できるようになっているが、野党は十把ひとからげで「戦争法」だと決め付け、今国会でも廃止を叫んでいる。国民を救出できない愚など、繰り返してほしくない・・・。

空を眺め、背筋を伸ばす・・・新しい年に思う

 平成28年の初詣は、わが家から歩いて4、50分ほどの三井寺である。 紅白歌合戦が終わる頃に家を出た。いつもなら夢を見ている時間帯だし、酒の酔いも回っていたので、勘弁してほしかった。しかし帰省中の娘が行きたいと言い出したので、渋々後をついて歩いた。

 しばらく行くと、遠くから除夜の鐘が聞こえてきた。近江八景のひとつ「三井の晩鐘」を打ち鳴らす鐘の音だ。深みがある優美な音色である。「ぐわぁーん」と聞こえる。天下の三銘鐘の一つにも数えら、 姿の立派な宇治平等院、由緒正しい高雄神護寺、そして音色の美しさで選ばれたのがこの三井寺の鐘である。

 まずは金堂にお参りした。列をなすほどの人出である。三井寺は天台寺門宗の総本山で、同じ天台宗の比叡山延暦寺とは仲が悪い。 比叡山の宗徒によって焼き討ちにされ、近世になると秀吉によって寺領を没収され、廃寺にもなった。その度に再興されてきたことから、「不死鳥の寺」と称されている。

 私は父親から「神仏に願い事はするな」と教えられてきた。金持ちになりたい、長生きしたいという現世利益を願うことは、人間の浅ましい姿だと言いたかったのかもしれない。神仏に手を合わせるのは、生かされていることへの感謝なのか、浄土への導きを願うことなのか・・・。まだまだ生臭い私には分からない。

 元日には息子夫婦と孫が来て、あわただしく日帰りして行った。年末29日から帰省していた娘二人は2日の深夜バスで東京に帰った。まるで潮が引くように静かになった。われら夫婦は、取り残されたような感じでもあり、やれやれという気分もない訳ではない。齢を重ねたわれらは、それなりに穏やかであり、この一年もそうでありたい。

 このところ、体力も知力も衰えている。女房からは「猫背になっている」と怒られるので、今年は意識して背筋を伸ばしたいと思う。猫背になると、下を向いて歩くことが多い。坂本九ちゃんは「上を向いて歩こう」と歌った。少し目線を上げて歩けば、あの山の向こうに何かが見えるかもしれない。好奇心を失いたくない。

 あと一歩踏み出すことも心がけたい。山を歩いていて、あの岩の所で一服しようと目標を定めるが、もう二歩、三歩先まで歩くことにしよう。山歩きだけではなく、日常の生活でも失いがちな積極性をあと少し、奮い立たせたいと思う。こんなことを女房と約束すると、「掃除せい」「昼寝するな」と面倒なことになるが、それもいいだろう。

 遅ればせながら、当ブログに訪問下さる皆様に新年の祝意を申し上げます。ブログを立ち上げて今年で8年目です。昨年には、アクセス数が20万件という望外の数字に達しました。しかし何年も続けていると、あれも書いた、これも書いたといった具合でネタの新鮮さが失われ、一層つまらないブログになっていますが、今後もどうぞお付き合い下さるようお願いします。

IMG_8475.jpg

IMG_8469.jpg

IMG_8473.jpg


カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR