小説「よこまち余話」・・・夢幻の世界へいざなう

IMG_9100.jpg
 
「木内昇」という小説家の名前を目にした時、てっきり男性の作家だと思った。小、中学生の頃、同じ集落の「昇」君と毎日のように遊んだし、昭和40年代、元ヤクザで俳優の安藤昇の映画をよく観ていたので、「昇」という名前が男性のものと思い込んのはごく自然のことだった。

 「昇」は「のぼる」ではなく、「のぼり」と読む。本名なのか、ペンネームなのか知らない。2011年、「漂砂のうたう」で直木賞を受賞した49歳の実力派である。私が読んだ彼女の作品は、「櫛挽き道守」、「新選組幕末の青嵐」、「笑い三年、泣き三月」、そして今回の「よこまち余話」だけだが、どれも日本の懐かしい時代を穏やかな筆致で描いている。

 「よこまち余話」は17編の小話で構成されているが、それらをつなぎあわせると、1編の長編小説になっている。作品は、彼女独特の言葉を転がしながら、淡々と物語を進める。読み終えると、じわーっとした味が沁み出してくる。スルメのようである。最近読んだ本では秀逸だったので、紹介してみたくなった。

 小説の舞台は、多分、江戸時代の雰囲気を残す東京の下町だろう。時代は、明治の終わりか大正かもしれない。何もかも輪郭がはっきりしない、と言うより、意図的にはっきりさせない作品だ。物語は、路地に軒を連ねる長屋を舞台に進む。主人公は次第に分かってくるが、魚屋の次男坊の浩三である。

 もう一人の主人公は、この長屋でお針子をしている駒江という女性で、年のころは三十半ば。ここに、長屋の隣に暮らす老婆トメさんが入り浸り、火鉢の前で体を丸め、日がなぶつぶつとつぶやいている。部屋の棚には、たった一冊、本が立てかけてある。室町時代、能を完成させた世阿弥の「花伝書」だ。この小説のバックボーンこそ、能である。

IMG_9099.jpg

 浩三は地面にはり付くように現れる亡霊と会話し、兄の浩一はありもしない丸窓の向こうに人影を見る。さらに浩三は、天神さんの薪能でこの世ではあり得ない奇妙な体験をしたし、そもそも駒江の家に入り浸っていたトメさんは最初からいなかったことを知らされる。ついには、母親のように慕っていた駒江までも姿を消した。

 トメさんも駒江も、そのほかの人物も、浩一が生きた時代に蘇った亡霊だったのだろう。浩一は旧制中学に進学し、先輩の遠野君と知り合い、彼を駒江に紹介したところ、駒江は初対面のはずなのに、とても驚いた様子だった。遠野君は駒江の死んだご主人の若かりし頃の姿であり、遠野君が浩一に引き合わせた恋人の少女は、駒江その人の昔の姿だったのだろう。

 ややこしい話だが、死んだはずの人物が登場するかと思えば、現代の人物が過去の世界に入っていく。まさに、能の世界である。能にはしばしば亡霊が登場し、その人物の嘆きや怒り、悲しみを語り、幽玄の世界にいざなう。おおむね、能の前半は現実の物語で、後半は死者の世界が演じられる。

 これは、現代のコンピュータによって作り出された「バーチャルリアリティ」の世界に似ている。観阿弥・世阿弥の父子は、1600年も前の室町時代、5・5m四方の能舞台にバーチャルの世界を作り出し、舞台芸術として完成させたのだから凄いと思う。私も能楽愛好家の端くれとして、時空を超えた不思議な、幽玄の世界に陶酔するのだ。

 人生は、ふと、夢の中にあると思うことがある。この本を読んで、一層そんな思いを強くした・・・。
スポンサーサイト

イサギ空振り・・・でも美味の海緋鯉

 5月末から6月初めは、二十四節気の小満で、その末候は「麦秋至る」とある。麦秋は麦が実る季節だが、この時期に獲れる麦藁イサギは産卵を前にたっぷり脂肪を蓄えていて、実においしい。皮を軽く炙って刺身にすると、皮と身の間にある脂肪が沁み出し、一段とうまみが増す。

 10日ほど前、紀伊水道に面する「衣奈」という漁港に立ち寄った。ここの知り合いの漁師は、仲間の漁師から魚を買い取り、生簀で生かしている。その漁師と雑談していると、「どうした訳か、今年はまだイサギが釣れていない」と不思議がっていた。スーパーには刺身がいっぱい並んでいるのに、このあたりの沿岸で釣れないのはなぜだろう。

 しかし5月も末になれば、いくら何でもイサギが釣れるはず。先日、女房と一緒にイサギを狙って由良湾へボート釣りに出かけた。湾を出た所に蟻島という小さな島があり、大雑把に言って、その100m沖と、200m沖の二か所にイサギやアジが釣れるいいポイントがある。

 この日は波が静かで、まずは第一のポイントへ一直線に向かった。私はビシという手釣り、女房は竿を使う。餌はオキアミで、容器にアミエビを入れ、海底近くまで落とし、糸をしゃくってアミエビを少しずつ出して魚を寄せる。

 しばらくすると、糸をかけている人差し指にクイッという当たりがあった。糸を引くように合わせを入れると、強い引きが伝わってきた。これはもうイサギに違いない。期待に胸を弾ませながら糸を手繰ったが、浮いてきた魚は大きなカワハギだ。次もまた同じサイズのカワハギが釣れた。カワハギが美味しいのは冬で、この時期、それほど歓迎されない。

 その後は時折、手のひらサイズの小鯛が釣れるが、イサギはさっぱりだ。ここから100mほど沖に移動することにした。そこには漁船3隻が漁をしていたが、アジが釣れるだけでイサギはさっぱりだと言う。知り合いの漁船にロープを繋がせてもらい、ダメモトで釣りを再開した。

 私がアジを4匹、女房がガシラを1匹釣り、そろそろ移動しようと思った矢先、女房が大きな魚を掛けた。竿が折れんばかりに曲がっている。水深40mほどだが、その中ほどまでリールを巻いたところで、針が外れてしまった。逃がした魚は大きいとは言うが、実際大きかった。せめて魚の姿だけでも見たかった。

 ここを見限り、ガシラ釣りをするため湾内に引き返した。するといきなり、ベラの入れ食いだ。赤いベラ、緑色のベラ・・・。中には25センチ以上の大型も釣れる。ベラと言って馬鹿にする人もいるが、私たちは躊躇なく持ち帰る。特に、から揚げにして甘酢をかけて食べれば実に美味しいのだ。

 午前10時ごろ、女房がまた大きく竿を曲げた。先ほどのように大きくはないが、そこそこの型のようだ。海中をのぞくと、まるで緋鯉のような赤い魚が見えた。体長30センチ以上もある「海緋鯉」という魚である。これが釣れるのは珍しく、これまで3匹しか釣ったことがない。アゴの所に白い二本のヒゲが生えており、愛嬌のある魚である。

IMG_9134.jpg

 関東から沖縄の沿岸で釣れるらしく、とくに関東では高値で売られているという。味は季節を通して味が落ちず、皮は厚く、独特の風味がある。透明感のある白身でクセがなく、ネットには「刺身、煮魚、ポアレ」のどれも良しと書いてあった。

 結局、狙いのイサギは1匹も釣れなかったが、カワハギ、アジ、ベラ、ガシラなど30匹近く釣れた。海緋鯉は三枚に下ろし、皮を炙って氷水に浸した。すると、水の表面には濃厚な脂が浮いた。これを刺身にしたが、これはもう絶品である。イサギには悪いが、こちらが一段上だった・・・。

IMG_9136.jpg

IMG_9137.jpg

IMG_9139.jpg
 

青大将がヤマガラを食べた・・・!?

 町の図書館で、文芸春秋6月号を読んでいて、京大生態学研究センターの鈴木俊貴・研究員の記事に目が留まった。シジュウガラの鳴き方に、言語のようなものがあるという内容だ。以前、NHKのニュースでも紹介していたので、覚えていた。ただ、テレビの声は右の耳から左へ抜けてしまうが、活字は頭に残り、よく理解出来た。

 シジュウガラは私が暮らす生石高原の山小屋周辺にたくさん飛び交っている。夜明けが早いこの季節、5時前から競うように「ツツピー、ツツピー」と鳴いている。鈴木さんは、シジュウガラの鳴き方には様々なバリエーションがあり、会話を交わしているのではないかと推測している。私もなぜ、「ヂヂヂ」とか「ジャージャー」という変わった鳴き方をするのか疑問に思っていた。

 わが山小屋裏の杉林には、二つの巣箱を取り付けている。左側の巣箱にはシジュウガラ、右側にヤマガラが巣作りをしていた。女房は半月ほど前、足元でシジュウガラの雛がヨチヨチ歩いているのを見たと言い、私は1週間ほど前、6羽のヤマガラが次々と巣箱を出て飛び立ったのを目撃したばかりだ。どちらも巣立ったのだと思っていた。

IMG_9130.jpg

 私は文芸春秋の次のような文章に大きな衝撃を受けた。

 「観察していると、シジュウガラの巣箱にヘビが迫り、雛を食べようとしていた。外にいた親鳥がジャージャーと鳴いたのです」。「もしかして、ヘビだ!と言っているのかもしれない」。そして、「ジャー、ジャーと鳴いたとき、(雛が)巣箱から一斉に飛び出して、戻ってきませんでした」。

 この記事をここ1週間ほどの間に目撃したいくつかの出来事と照らし合わせると、あるストーリーが成り立つのだ。

 〔目撃その1〕 女房は、山小屋裏の山ウドが生えている場所に、野菜のゴミを捨てに行った。すると、長いものが動いた。「2メートル以上もあるヘビだった」と証言した。緑っぽい色だったから、青大将に違いない。その場所のすぐの所に杉の木があり、地面から高さ3mほどの所に巣箱を取り付けていた。

 〔目撃その2〕 それから数時間後、テレビを見ていた私は、気分転換のため家の裏に出てボーッとしていた。すると、正面に見える巣箱から羽ばたきが聞こえ、計6羽が次々と巣箱から飛び立った。巣立ちの瞬間に立ち会え、5月13日のブログで紹介した。

 〔目撃その3〕 その翌日、裏で洗濯機を回していた女房が悲鳴を上げた。水を張っていたバケツの中で、ヤマガラの子供が羽を広げたまま死んでいた。バケツに不時着したのか、飛び立つことが出来ず、溺れ死んだのだろう。

 〔目撃その4〕 さらにその翌日、女房が愛犬ぴーを散歩させていたところ、家の近くの草むらにヘビが横たわっていた。長さといい、薄緑の色合いといい、前回巣箱の近くで見た青大将にそっくりだった。しかも体の中ほどが膨れてコブのようになっており、何かを飲み込んでいるに違いない。

 女房が呼んだので、棒を持って駆けつけた。ヘビはそのまま動かず、じっとしていた。眠っているのだろうか・・・。棒で軽く叩くと、ダイビングするように山の下り斜面に逃げ、ドサッという重い音がした。なぜ、じっとしていたのだろう。飲み込んだ動物が消化するのを待っていたのだろうか。

               *      *      *

 もはや説明する必要はないだろう。青大将は巣箱のある近くを徘徊し、ヤマガラの雛を狙っていた。そして、私が見た雛の巣立ちは、親鳥の知らせで一斉に巣箱から脱出したのだ。脱出したものの、自力で飛び立つことが出来ない雛もおり、バケツに落ちて溺れ死んだ。青大将は、地面に不時着した雛を飲み込んで、草むらで満腹感にひたっていた。このようなストーリーである。

 実は、巣箱の木に横の棒を渡し、散水用のホースを掛けていた。女房は日ごろから、ヘビがホースを伝って巣箱を襲う恐れがあると言っていたが、今から考えると、それもあり得た話だ。ヤマガラは「ピー、ピー」と鳴くが、「チー、チキチキ」と鳴くこともある。求愛の声だと思っていたが、危険を知らせる鳴き声だったかのもしれない。

紀淡海峡の鯖と鯵・・・そして燻製

 紀淡海峡にサバとアジの季節がやって来たようだ。先日、ブログを通じて交流のある「イレグイ号」さんから電話があり、「釣りに来ませんか」というお誘いを受けた。内心、声が掛かるのを待っていたので、渡りに船である。

 午前3時半、生石高原の山小屋を出発した。コンビニでコーヒーを飲んで時間をつぶし、約束の5時より30分早く、和歌山市内の水軒港に到着した。ここにイレグイさんの釣り船が係留してあるのだ。彼はすでに到着しており、早速、出港した。

IMG_9103.jpg

IMG_9105.jpg

 船は南下し、初島沖あたりに向かっているようだ。やがて東の空が赤く染まり、波も静かで釣り日和だ。船はスローダウンし、魚群探知機を見ていたイレグイさんから「魚の反応がありますよ」といううれしい声が飛んできた。

 仕掛けはイレグイさんの手作りで、針の根元に青、ピンクのビニールが交互にくくり付けてある。いわゆる、サビキ仕掛けだ。長さが10メートル以上と長く、魚が食う範囲が広い。ここは水深40メートルほどで、80号のオモリが底に着いたらリールを4、5回巻き、竿を大きく上下させ、魚の食い気を誘う。

IMG_9108.jpg

 第一投は、毎度のことながら胸が高鳴る。リールからPEラインが気持ちよく出て行く。ポイントの棚まで到達していないのに、早くもグィという当たりがあり、大きく竿が曲がった。必死にリールを巻くが、魚の引きが強く、素早くは巻き取れない。

 フックの所まで巻いたら、糸を手に取って引き揚げる。糸が指先に食い込み、大物らしい。それもそのはず、大きなアジが2匹掛かっていた。すると、イレグイさんも竿を満月に曲げ、格闘している。40センチはあろうかというサバが何と4匹。サバは走り回るから、糸がもつれてしまった。

 船は潮に乗ってゆっくり北上する。魚の群れに遭遇すると、イレグイさんと私に同時に当たりが出る。とくにサバの引きは強烈で、竿を持つ腕が悲鳴を上げるほどだ。釣り上げれば、肩で息をする。さすがイレグイさんは慣れており、私の倍は釣ってしまう。

 右手にマリーナシティーが見えてきた。その後方に私たちが暮らす生石高原のなだらかな山並みが見える。私たち夫婦はこの海の景色を見ながら生活しており、双眼鏡で眺めれば行き交う船の航跡がはっきり見える。

 魚の当たりが遠のき、紀ノ川河口に近い場所を流すことにした。しかし当たりがなく、置き竿にしていたイレグイさんの竿にサバが食い付き、これを潮に終了することにした。釣果は数えていないが、二人で40匹は釣った。イレグイさんは、その多くを私のクーラーに入れてくれた。家に帰ればこれを捌くので、釣りより忙しい。

IMG_9111.jpg

 道々、知り合いの家に釣りたてを届けた。わが家では、サバはきずしと燻製にするのだが、燻製はスモークの前日から準備しなければならない。まずはサバを三枚に下ろし、塩、砂糖、みりん、酒、醤油を混ぜたソミュール液に漬け込み、一晩寝かせる。翌日、塩抜きした後、1時間ほど風に当てて乾燥させる。

 この後、3時間ほどスモークする。実は、味の成否はソミュール液で決まってしまう。調味料は、カップ、大さじなどで正確に量ればいいが、ずぼらな私は目分量である。うまく当たればいいが、外れると悲惨である。さて今回はどうか・・・。

 スモークしたばかりのサバを味見した女房が、感嘆の声をあげた。私の燻製をけなす女房にしては珍しい。本に書かれたレシピより、模索を繰り返した「勘」の方が正しいのだ。サバの燻製はウィスキーによく合うが、トーストに挟んで食べるのもいい。そう言えば、サババーガーが人気なのだそうだ。パンとサバは相性がいい・・・。

IMG_9118.jpg

IMG_9120.jpg

IMG_9126.jpg

ヤマガラ、巣立ちの瞬間

 5月13日午後2時から、舛添要一・東京都知事の定例記者会見が行われ、テレビ各局はその様子をライブ中継した。会見は、国から交付された政治資金をプライベートに使用した疑いがあるとする週刊文春の報道を受け、政治資金報告書を「精査」した上で経緯を説明したものだ。

 会見に臨んだ舛添知事は、3階から見下すようないつもの姿勢を改め、低姿勢だった。正月に温泉ホテルで家族と過ごした出費はあくまでも政治活動だと言い張った。会見の低姿勢は、後ろめたい気持ちがそうさせたのだろう。回転すし店に行ったのも政治活動の一環だとし、報告書に記入するケチ臭い男である。

 弁明の一言一言に、腹が立つというより、笑ってしまった。どのように強弁しても、有権者も胡散臭いと見抜いている。よくもまあ、ぬけぬけと見え透いたウソ(?)を言えたものだ。大名のような海外視察をしたり、週末は湯河原の別荘に公用車で乗り付けたりする非常識さ。ケチな上に特権意識とくれば、もはや救い難い。

 アホらしくてテレビの前を離れ、外に出た。すると、野鳥の羽ばたき聞こえた。裏の森に掛けてある巣箱に目をやると、巣箱の穴からヤマガラの子供が次々と顔を出し、少し危なげに飛び立った。1羽、2羽・・・、全部で6羽が巣立つ瞬間だった。

 そのうちの1羽は、私から2メートルも離れていない草むらに軟着陸した。親を探すようにキョロキョロし、ピー、ピーとさえずり続けている。もう1羽は洗濯場の屋根の上に着陸した。プラスチックの波板のため滑るのだろう、ガサガサと音を立てながらバランスをとるのに必死になっていた。

 他の4羽の行方は分からなかったが、多分、森の梢まで飛んでいったのだろう。この珍しい光景を写真に撮りたいと思い、家の中に駆け込んで、カメラを手に戻った。子供はそのまま草むらと、屋根にいた。親のヤマガラは巣箱の穴に止まり、中を覗いていた。巣立ちの劇的な瞬間に立ち会うことが出来、ラッキーだった。

 胸糞の悪い舛添知事の会見を見た直後だけに、ヤマガラの巣立ちはすがすがしい気分にさせてくれた。やがて、ヤマガラの子供たちはデッキにしつらえた餌台にやって来るはずだ。そして、私たち夫婦の手に乗り、ヒマワリの種をついばむ家族の一員になる・・・。

     ↓ 巣立って地面に軟着陸。黄色いくちばしで鳴いている
IMG_9090.jpg

IMG_9091.jpg

     ↓ 屋根に降り立った。足取りが危なげ
IMG_9094.jpg

     ↓ 子供全員が飛び立ったか心配になり、巣箱を覗き込む親鳥
IMG_9093.jpg

IMG_9096.jpg

アメリカの品性と民度

kakesu06[1]

 アメリカ大統領選で、不動産王のトランプ氏が共和党候補になることが決まった。メキシコ国境に壁を作るとか、イスラム教徒の入国を禁止するとか、過激な言動を繰り返している。最近では、日本を守ってもらいたいなら、米軍の駐留経費を全額払えとまくし立てている。

 不動産業者であり、テレビタレントでもある彼はマスコミを上手に操っている。過激発言でテレビに取り上げてもらい、テレビへの露出度は他候補に抜きん出ていた。トランプ旋風なるものは、彼が仕掛けた狡知に長けた戦術だった。

 専門家たちは最初、泡沫候補だと見くびっていた。次第に旋風が巻き起こると、無視できないとあわて出した。そして、もはや本戦では民主党のクリントン氏と互角になると予想する。評論家の予測が当たったためしがないのは、アメリカも日本も世界も同じである。

 トランプ氏は中流以下の白人の不満を代弁しているらしいが、新聞やテレビの報道以上のことは知らないので、実際のところ、なぜそんなに人気があるのか分からない。叶姉妹のような女性に囲まれて演説する彼は、野獣が吼えているようにしか見えないのは私だけだろうか。

 見た目で人を判断するのは間違っている。けれど、大国アメリカの大統領候補ともなれば、品位のカケラくらいあってもいいと思う。大金持ちだ、髪型が悪いなどとつまらない事は言わないが、言葉が荒っぽいのは気になる。言葉には、その人の品格が宿っているのだ。

 小さい頃、アメリカ人は賢いと思っていた。対面すると恐怖さえ抱いた。敗戦コンプレックスだったのだろう。今は、アメリカという国も人もそれほど恐れはしない。とくに、トランプ氏の乱暴な言葉を望む民衆と社会は、どう見ても民度が高いとは言えない。それはアメリカの政治不信、格差、人種差別の深刻さの裏返しなのだろう。

IMG_9061.jpg

 このようにパソコンでブログを書いていると、デッキのヤマガラの餌台に野鳥のカケスが飛来してきた。ヒマワリの種を横取りするので、招かざる客である。追い払わないと、いつまでも飛来を繰り返す。ヒマワリの種を一度に4粒も5粒も口に入れる行儀の悪さだ。しかも「ギャー、ギャー」と品のない鳴き声を発し、思わずトランプ氏と重ね合わせてしまった。

 この野鳥は、茶色に水色の羽を持つ美しい鳥だ。日本のたいていの森に生息している。しかし、人相が悪いことこの上ない。特に、目が鋭い。誰とは言わないが、目の奥に得体の知れない光を宿している。そして、頭は黒と白のまだら模様になっていて、これが怖い目と一体になって威圧感をかもし出している。

 カケスのことはともかく、トランプ氏が大統領になれば、アメリカも世界も混乱するだろう。耳障りの良い声だけが時代を動かすとすれば、そのポピュリズムの潮流は危険だと思う。日本も用心しなければならない・・・。

干しゼンマイを作る・・・我流だが

IMG_9079.jpg

 大型連休の生石高原には、連日、山菜採りの人たちが大勢訪れている。ワラビにイタドリ、山ブキ、少数だが山ウドを探す人もいる。ワラビは競争率が高く、地上に出て間もない10センチ前後のものまで採らないと、お土産を確保出来ない。

 先日、ワラビが出る場所をぶらぶらしていると、ゼンマイが伸びていた。ワラビは、まるで絨毯爆撃されたようにしっかり採られているのに、ゼンマイはそのまま残されていた。山菜取りの人と話していると、干しゼンマイの作り方が分からないという人が多く、それがゼンマイを敬遠する理由だろう。

 高原では、その気になればそこそこの量のゼンマイを採ることができる。ワラビならいつでも採れるという気持ちがあるから、私たちはゼンマイ優先で目を光らせる。1時間か2時間歩けば、レジ袋に半分くらいは採れるのだ。

 干しゼンマイは美味しい。珍味の部類に入るかもしれない。東北の農家で作られるゼンマイは柔らかく、それでいて独特の噛み応えがある。少々高いのでなかなか口に入らず、一般には中国産が幅を利かせている。

 私の小さい頃の法事とか祝い事の料理には、必ずと言っていいほど、干しゼンマイが鉢に盛られていた。もうひとつの鉢には、赤カブの糠漬けが並び、鮮やかなカブの赤色がまぶたに焼き付いている。これらは、私が育った北陸地方の惣菜である。他にも色々料理があったと思うが、ゼンマイと赤カブだけが妙に印象的なのだ。

 生石高原で暮らすようになって、あの時代に食べたゼンマイを作ってみたいと思うようになった。昔の記憶を辿り、本で調べるなどして試行錯誤を続けた。東北の高級品にはとても及ばないが、それなりの干しゼンマイを作ることが出来るようになった。

 味は、良く言えば素朴、悪く言えば似て非なるもの。それでも、生石高原の自然の恵みを戴くのだから、四の五の言わず、喜んで食べている。それに、山で暮らすわれらにとって、保存食としては貴重である。今年は、写真のように6袋を作った。一袋で1週間分くらいの惣菜になる。

 私の干しゼンマイの作り方を参考までに書いておこう。何しろ素人だし、独学だから間違いがあるかもしれない。ゼンマイは山の斜面に自生している。これを採るのだが、ポキッと折れる所から摘まなければ、スジが残ってしまう。これが奥歯に挟まると、なかなか取れない。年寄り泣かせになる。

 山菜採りの人を見ていると、ゼンマイやワラビをハサミで切っている人がいる。硬い部分を後から切るのかもしれないが、それでは二度手間。根っこのあたりに親指と人差し指を添え、しごくようにして折れる所まで上に滑らせるのがコツ。採り方を見れば、慣れている人かどうか分かるものだ。

 ゼンマイにはオスとメスがあり、メスが食べるのに適しているといわれるが、私はこだわらない。ちなみにオスは先端がブロッコリーのようなかたまりになっており、メスは左右対称の葉っぱが巻いている。柔らかい茎を食べるのだから、オスでもいいと思うが、どうだろう。

 ゼンマイを採ってきたら、なるべく早く先端の綿を取り除く。大き目の鍋に水を張lって火を付け、沸騰したらゼンマイを入れて茹でる。一番難しいのは、茹でる時間だ。経験から、7分というのが私の結論だ。茹で過ぎると、ゼンマイの皮が溶けたようになるので要注意だ。茹でる時は、時々上と下を入れ替えるといいかもしれない。

 茹で終わったらお湯を切り、その上に灰をふりかける。これが灰汁抜きになると思うが、灰のない場合はどうしたらいいのか。無責任だが、灰はなくてもいいと思う。ワラビが少し冷めたら、手のひらで優しく揉んで茎の繊維を柔らかくする。次は水洗いして、天日干しにする。干しながら、時々揉んでやるといい。

 2日間も干せば完成だ。食べる時は、3日間ほど水に漬けておく。柔らかくならなければ、火にかけて沸騰寸前で火を止め、そのままにしておくといい。料理は奥さん方の腕次第・・・。

IMG_9066.jpg

IMG_9067.jpg

IMG_9069.jpg

IMG_9070.jpg

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR