汚い言葉の横行・・・裏に潜むポピュリズムの危うさ

 「汚い言葉」が飛び交っている・・・。

 今週日曜日のNHK討論番組で、日本共産党の政策責任者である藤野保史・政策委員長が、防衛費を「人殺しの予算」と語った。自衛隊員を侮辱したことになり、番組に出ていた自民、公明、維新などは発言を取り消すよう迫ったが、参院選を共産党と一緒に戦う民進党の山尾志桜里政調会長は沈黙した。

 共産党は、自衛隊が憲法に違反し、将来的に解体するとしている。では、災害出動はどうなのだろう。領土や国民を守る防衛活動は人殺しで、災害出動は別と言うのは余りにも虫のいい話だ。藤野委員長は番組後に発言を撤回したが、「覆水盆に返らず」である。下衆な言い方をすれば、これが共産党の正体かもしれない。

 あるブログに書かれた「保育園に落ちた。日本死ね」という言葉遣いも、乱暴だと思う。若い主婦の気持ちを代弁しているとはいえ、「死ね」は普通の人が使う言葉としてふさわしくない。このような激しい言葉は時に政治を動かすが、私のような年寄りは言葉の品位を重んじたいのだ。

 汚い言葉は日本だけでない。アメリカ共和党の大統領候補トランプ氏もご存知の通りだ。メキシコ国境に壁を設けると言ったかと思えば、イスラム教徒の入国を拒否し、日本の核武装をそそのかす。その言動はもうハチャメチャである。それでも全米の半分近くがトランプ氏を支持するのだ。

 フィリピンのトランプと言われる次期大統領に勝利したロドリゴ・ドゥテルテ氏も汚い言葉を連発する。「犯罪者は殺害する」と過激を売り物にし、オーストラリア人女性がレイプの末に殺害されたことをジョークの種にするなど、言動は尋常と言えない。同氏はジーンズ姿で選挙活動をし、言葉もファッションも大衆を印象付けた。

 トランプ氏もドゥテルテ氏も、低所得者層など社会に不満を持つ特定の階層を取り込み、耳障りのよい言葉で共感を得ようとする。いわゆる、ポピュリズム(大衆迎合)である。格差是正、農家保護、増税反対、原発反対・・・反対しようのない政策を掲げ、大衆の感情におもねるのがポピュリズムなのだ。

 ポピュリズムに陥る社会は危険だと思う。大衆は社会の風になびいて一方に流れ、誰かが大きな声を上げれば、そちらに向く。民意というのはとらえどころがないし、気まぐれだ。先の英国の国民投票は如実にそんなポピュリズムの危うさをあぶり出した。反移民と大英帝国へのノスタルジアが、EU離脱という大問題を決めてしまったのだ。

 「人殺しの予算」と言って自衛隊を槍玉に挙げ、「安保法」を「戦争法」と言い換えて不安を煽る。「日本死ね」に便乗した民進党の手法もポピュリズムに似ている。不法移民を口汚くののしるトランプ氏、犯罪者殺害を公言するフィリピン大統領。政治的目的を達成させるため、ポピュリストたちの言論操作は、英国のように思わぬ結果を招くと思うが、どうだろう・・・。
スポンサーサイト

ウロコが飛び散らないアイテム・・・日高川町の道の駅

 龍神温泉からの帰り、日高川上流の椿山ダムにさしかかった時、何日か前に放送していたNHKニュースを思い出した。番組では、日高川町美山地区の特産品として「ごんちゃん漬け」を売り出したところ、なかなか好評だと紹介していたのだ。

 その漬物は、ダムに近い道の駅で売られているとのことだった。うっかり道の駅を通り過ぎてしまい、あわててUターンして買いに行った。テレビの放映後だから、売り切れてはいないか心配したが、段ボールにたくさんストックがあった。一袋400円ほどだった。

 「ごんちゃん漬け」は、イタドリの漬物だ。和歌山ではイタドリのことを「ごんぱち」と呼んでいる。女房は春になると、イタドリをたくさん採り、皮をむいてしばらく塩漬けにした後、冷凍保存している。料理方法はキンピラ風に仕上げているが、「ごんちゃん漬け」はショウガ味で食感も良く、なかなか美味しかった。

 イタドリはここ生石高原にたくさん自生しており、山間部に行けばいくらでも生えていると思っていたが、そうでもないらしい。日高川町でも少なくなりつつあり、休耕田を利用して栽培しているそうだ。このイタドリの漬物は、地域おこしの一助になればという熱意が込められている。

 道の駅の導入路に何本も幟旗が立てられ、そこに「ウロコ取り」という文字が見て取れた。店の人に尋ねると、それはウロコが飛び散らないウロコ取り道具という。現物を見せてもらうと、取っ手の付いた何の変哲もない器具だった。

IMG_9279.jpg

 この器具は、大と小の2種類があり、私が買った「小」は1500円。箱には「暮らしの発明展 近畿経済産業局長賞受賞」と書かれていた。地元に住む「美山の発明王」と呼ばれる人が考え出した便利アイテムだ。

 釣り好きのわれらにとって、ウロコが飛び散らないというのはまことに有難い。釣ってきた魚を何匹もさばくと、流しの排水の所が詰まってしまう。とくに、エラの周りはウロコが取りにくく、難儀する。注意してもウロコは四方に飛び散り、女房のお小言の原因にもなる。

 ウロコ取り器は、プラスチックで出来ており、取っ手の先に長方形の板が付いている。この板は四方に傾斜がついており、鋭い四方の刃先がウロコに食い込み、ウロコをはがす。はがれたウロコは板に張り付くので、飛び散らないという仕掛けになっている。

 試しにウロコを取ってみたが、確かに飛び散らない。しばらく練習すれば、押したり引いたり、板の四方をうまく使ってウロコをはがすことが出来るようになるはずだ。山あいの町から生まれたアイディアに拍手だ・・・。

IMG_9254.jpg

笹百合が咲いた

IMG_9268.jpg
 
ここ生石高原は、夜半から猛烈な雨になり、強風も吹いた。九州では土砂崩れや用水路に流され、死者も出ている。呑気なことを言っている場合ではないが、わが山小屋の周辺では、笹百合が咲き出した。

 日当たりのいい高原では4、5日前から咲いていたが、木立の中にあるわが家では少し遅れて咲いた。敷地には、30~40株ほどの笹百合がある。毎年思うことだが、これほど梅雨に似合う花はないと思う。

 霧の向こうに咲く笹百合は、清楚な美女を連想させる。薄紅色の花といい、匂いといい、妙に男心を惑わせ、切なくさせるのだ。ここは標高が高いので、梅雨の頃は霧の中にあり、笹百合は一層美しさが際立つ。

 先日、購読している新聞を読んでいて、笹ゆりの俳句に目が留まった。

           笹百合を手に田廻りの父帰る (日比野里江)

 田植えの終わった田んぼを見回りに行った父が、笹百合を手に帰って来た。妻や娘にこの美しい野生の百合を見せてやりたかったのだろう。ほのぼのとした光景が浮かび上がる。

IMG_9262.jpg

IMG_9256.jpg
 

捨て犬「シロ」の行方は・・・

 私たちが暮らすここ生石高原から1匹の犬が姿を消した。わが家の近くで独り暮らしをしているPさんの飼い犬である。メスの雑種で、白い毛のため皆から「シロ」と呼ばれていた。細身の体は筋肉で引き締まり、足が長い。

 先日、Pさんの山小屋前の草むらにシロが横たわっているのを、仲間の一人が見つけた。彼の話によると、シロは頭を噛みつかれて出血し、虫の息だったという。翌朝連絡を受けた私たち夫婦は、他の2人とともに様子を見に行った。

 草むらを探したが、シロの姿はなかった。発見した彼は「あんな様子では、生きているはずがない」と言って首をかしげた。私たちは「死に場所を求めてどこかへ姿を隠したのではないか」と言い合った。シロをかわいがっていた女房は、泣いていた。

 シロがここにやって来たのは、7、8年前だった。痩せた体でとぼとぼと歩いていたのを私も覚えている。不憫に思ったPさんは、シロを飼うことにした。その当時、Pさんの家には、大型犬と小型犬の2匹がいた。

 シロはいつも人間に脅えていた。近づくと、すぐ後ずさりし、大きな声でほえた。Pさん以外、人になつくことはなかった。きっと、元の飼い主から虐待を受けていたに違いない。シロは体型からみて猟犬のようだった。猟犬として役に立たなくなると、奥深い山中に捨て去る不届き者がいると聞いたことがある。

 4、5年前、今度は黒い犬が高原にやって来た。これも捨て犬らしく、ひどく汚れていた。心優しいPさんは、この黒い犬を「クロ」と名付け、手元に置いた。雑種のメスで、シロよりやや小柄だが、イノシシを追い回し、噛み付いて離さない強い犬だった。

 シロとクロはよく喧嘩をし、シロはいつも負け、噛まれて生傷が絶えなかった。この春、クロは子犬4匹を産んだ。3匹はPさんの知り合いに引き取られ、残った1匹をクロがお乳を飲ませて育てていた。コロコロしていて可愛かった。

 子供を守ろうとする母性本能からか、クロはシロに対し、これまで以上に攻撃的になった。シロはPさんの家から追い出され、近くの彫刻家の家で餌をもらうようになった。最近私は、とぼとぼ歩いているシロの姿を見た。右目にひどい傷を負っていた。名前を呼ぶと、卑屈な目で一瞥して通り過ぎた。

 警戒心の強いシロだが、女房には少し気を許すところがあった。よくわが家に遊びに来て、女房からパンの切れ端やチーズをもらっていたからだろう。そんな間柄だったが、道で出会うとほえた。それほど心の傷が深かったのだろう。

 あれから3日経つが、シロの姿を見た人はいない。どこかで、人知れず息絶えているのだろうか。クロから迫害を受け、深い傷を負っても、一度捨てられたことのあるシロには、もはや行く所がなかったのだろう。哀れというしかない・・・。


              *          *           *

 このブログをアップした翌日、シロが死んでいるのが見つかった。Pさんの山小屋からそう遠くない場所だった。仲間たちによって手厚く葬られた。人間に怯え、なつかない犬だったが、そのこと自体が悲しい。合掌。

北海道から白樺の苗が届いた・・・

 白樺の苗を山小屋の裏に植えたのは、6月のかかりだった。この苗は、北海道生まれの北海道育ちで、本場の白樺である。ここ生石山の中腹で、田舎暮らしをしている知り合いからいただいた。

 この知人の娘さんは北海道に嫁いでおり、苗を送ってくれたと言う。届いたその日のうちに電話をもらい、苗をもらいに行った。苗は全部で5本、雨が降る中、山小屋裏のテーブルの周りに植えた。

 このテーブルはわが家の応接間のようなもので、訪ねてくれる人たちとともに、珈琲を楽しむ空間でもある。白樺は4、5年で3メートルほどに成長するらしく、白樺に囲まれたテーブルを想像するだけで楽しくなる。

 ところが、うまく根付いたかどうかが怪しいのだ。5本のうちの1本には、米粒よりも小さい緑色の芽がひとつだけ出ているが、他は芽が枯れている。木そのものが枯れたようには思えないので、朝と夕方、必ず苗を観察しているが、芽が出るような兆候はない。

 私に植物の知識がないので半ば諦めかけているが、女房は「枝が折れないので、水を吸い上げていると思う」と楽観的だ。それならいいけれど、芽が出ている1本だけでも育ってほしい。白樺は北海道や信州の高原など寒いところで育つので、ここ標高800メートルの生石高原は気温が低く、いい環境だと思うのだが・・・。

IMG_9242.jpg


 

落花生の芽が出た

 落花生の種を蒔いて10日ほどになる。程よい雨が降り、殻を破って芽が出てきた。

 女房が大津で畑を借りていた時、落花生を栽培したことがある。20年ほど前のことだ。なぜか、その時一回きりで止めてしまった。仕事が忙しかったことと、畑までかなり遠かったせいもあった。

 私は無類の落花生好きである。ウイスキーとの相性がいいからだ。落花生を二つに割り、その真ん中にある胚芽のようなものを取り除いて食べる。昔、その胚芽が歯の間に挟まり、往生したことがあった。それ以来の変な癖である。

 大津の畑で収穫した落花生が実に美味しかったのを思い出し、種を買って植えた。スーパーで売られている落花生は、ほとんどが中国産だ。どうしても、農薬汚染を心配してしまう。たまに千葉産も売られているが、値段は中国産の何倍もする。

 昔、上と下に分かれた直径20センチほどの円形の網があった。この中に、落花生やカボチャの種、むかご、銀杏などを入れ、炒ったものだ。今はそれがないのでフライパンで炒るのだが、いつも焦げ付かせてしまい、女房に叱られた。あの丸い網があれば、ぜひ買いたい。

IMG_9230.jpg

 落花生と言えば、高知県宿毛市沖にある「沖の島」を思い出してしまう。30年ほど前、高知へ一人旅をした時、ふらり立ち寄った宿毛港で、1日1便の沖の島行きの船に乗った。何の目的もなく、見知らぬ島に渡りたかっただけだ。

 港に日本風の旅館があったので、泊まった。そこでビールのつまみとして島の落花生を出してくれた。一粒一粒が大きく、こんなに美味しい落下生は初めてだった。甘くて、コクのようなものがあったと、記憶に残っている。

 旅館の女将に「少し分けてほしい」と頼むと、取り置きの量が少ないと言って断られた。その代わり、栽培している農家を紹介してもらい、翌日、段々畑にある農家を訪ねた。するとそこのお婆さんは「子供や孫に送るので分けてやれない」と言った。

 別のもう一軒にも行ったが、やはり断られた。風采の上がらない見知らぬ男が突然訪ねてきたのだから、不審に思われたのかもしれない。しかもここは孤島であり、島によくある排他的な風土とも無関係ではないのだろう。

 あれから30年も経つのに、今もこの島を思い出すたび、恨み節になる。たかが落花生のことを根に持つのは、われながら人間がこまいと思うが、そこはやはり、食べ物の恨みは何とやら・・・である。

               *     *    *

 昨日の夕暮れ時、居間から外に目をやると、雲海に夕日が沈もうとしていた。雲海は、梅雨時分の特有の風景だ。美しかったので写真に撮った。

IMG_9225.jpg

大峯の八経ケ岳・・・そして玉置山の神域へ

IMG_9192.jpg

 大峰山系の八経ケ岳に登るため、生石高原のわが家を夜明け前に軽トラで出発し、奈良県天川村を目指した。道路がよく整備されており、登山口の行者還トンネル西口まで2時間半ほどで行けた。平日なのに、駐車場には観光バス1台と乗用車が10数台止まっていて、その多さにちょっと驚いた。

IMG_9142.jpg

 八経ケ岳は標高1915mで、近畿地方の最高峰だ。日本百名山にも数えられ、別名八剣山、仏教ケ岳とも呼ばれている。行者が法華経8巻をこの頂上に埋めたことから、この名前が付いたという。桜の吉野山から熊野本宮を結ぶ大峯奥駆道の中核的な山で、奥駆は信仰の道として世界遺産に登録されている。ほら貝を吹く修験者に出会うこともある。

 この山に登るのは、私が21年ぶり、女房は実に40年ぶりだ。女房は若い頃、テント泊しながら厳冬期に雪をかき分けて登ったというから、青春の思い出の山だろう。今回の登山は、腰を悪くした女房が登山を続けられるかを試すことが大きな目的だ。重い荷物を担ぐと良くないので、私がリュックを担いだ。

 午前8時過ぎ、駐車場でサンドイッチを食べ、すぐに出発した。登山口には「熊に注意」の貼り紙があった。平坦な道をしばらく歩き、小さな橋を渡ると、いきなり急登が始まった。前回登った時の記憶は残っているが、こんな急な坂を登ったことはまったく覚えていない。

IMG_9144.jpg

IMG_9146.jpg

IMG_9148.jpg

 しばらく登ると、吐き気がしてきた。あくびも出て、船酔いした時の気分だ。そのせいかどうか分からないが、30歩も歩かないうちに息切れがし、思わずストックにもたれかかった。女房は一定のリズムで登っており、腰痛の影響はなさそうだ。それは何よりも良かったが、それにしても私自身ふがいない。

 登山道は、土がむき出しになっていてよく滑る。岩や木の根を越えるのに、足を目一杯上げなければならない場所もある。ふと前を見ると、岩を割って立つ巨樹があった。「北国の桜は岩を砕いて咲く」という表現があるが、困難に立ち向かう比喩であろう。物言わぬ巨樹に励まされる訳はないが、今は藁をもつかみたい心境だ。

IMG_9152.jpg

 この日は強風が吹き、レインウエアを着込むほど寒い。ブナの葉が騒ぎ、このあたりに多いというシロヤシオ(ツツジ科)の白い花が舞っていた。シャクナゲの花はすでに散っており、一輪だけ残った桃色の花がやけにまぶしかった。ここはバイケイソウの群落で知られているが、毒草のため鹿の食害から免れている。

IMG_9156.jpg

IMG_9190.jpg

IMG_9157.jpg

 平均的なコースタイムを大幅に上回り、1時間半かけて大峯奥駆道に出た。左に行けば女人禁制の山上ケ岳、右はこれから登る弥山(1895m)とその先の八経ケ岳だ。ここからは平坦な尾根道だ。このあたりで体調も良くなり、女房に何とかついて行くことが出来た。

IMG_9154.jpg

 弁天の森を過ぎると、理源大師の銅像があった。前回の登山では柔和な表情の銅像が印象に残っている。大師は平安時代の真言宗の僧で、一旦廃れた大峯寺を再興したとされる。森の切れ目から、梵鐘のような大普賢岳が見えた。この山には4年前登ったことがあり、急な階段が連続していて閉口した。右を見ると、台状の大台ケ原の山並みも見えた。

IMG_9160.jpg

IMG_9162.jpg

 やがて、弥山への胸突き八丁にさしかかった。すでに体調は元に戻っていたので、女房に何とか遅れることなく登り、1時間ほどで弥山山頂に到着した。ここには、天川村にある天河神社の奥宮があり、芸能の神様として人気があるらしい。立派な山小屋もあり、20年前に泊まったので懐かしかった。

IMG_9193.jpg

IMG_9189.jpg

 少し休んで、八経の山頂に向かった。一旦下って登り返す4、50分のコースだ。一帯は網で囲まれ、二か所に扉が取り付けられていた。鹿から天然記念物のオオヤマレンゲの自生地を守るためだ。写真でしか見たことはないが、今月中旬ごろに咲く純白の花は、気品に満ちている。

IMG_9168.jpg

 頂上には「近畿最高峰」の看板が誇らしげに掲げられていた。最初はどうなるかと心配したが、曲がりなりにも頂上に立つことが出来た。女房も腰に違和感を感じなかったと言い、良かった。今年も北アルプスに挑戦したいが、心配なのは女房の腰痛より、私の方かもしれない。

IMG_9181.jpg

IMG_9182.jpg

 帰りには2回も尻餅をついたが、何はともあれ無事下山した。その夜は洞川温泉で疲れた足を癒した。この温泉には、修験者が泊まる宿が軒を連ねており、その一軒に泊まった。昭和の雰囲気が漂う宿は、歩くとミシミシ音がした。昔は、行者さんで何十軒もの旅館が満員になっていたらしいが、今は修行する人が少なくなったと言う。

 翌日は、十津川の玉置山(1076m)と.玉置神社に足を伸ばした。何十年も前、子供を連れて瀞峡のあたりによく出かけたが、いつか玉置山を訪ねたいと思っていた。近年はパワースポットとして有名らしいが、この日も、奥深い山の中なのに若い人の姿が見られた。頂上からは熊野灘が見られ、ここはまさに神域だった・・・。

IMG_9214.jpg

IMG_9215.jpg

IMG_9221.jpg

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR