エジプト・・・5000年の歴史にため息が出た

 エジプト旅行の2日目は、いよいよ古代エジプト5000年の歴史に足を踏み入れる。観光への出発まで時間があったので、ホテルからピラミッドに向かって散歩することにした。10分ほど歩くと鉄柵のようなものがあり、そこから格子越しに巨大なピラミッドが見えた。

 砂ぼこりのためか、少しかすんでいた。エジプトは国土の90%が砂漠らしく、砂ぼこりは日常的な光景なのだろう。ピラミッドの背後にも砂漠が広がっており、アラビアのロレンスがラクダにまたがり、疾走する映画のシーンと重なった。

IMG_0087.jpg

 そのラクダについてだが、ちょっとした余談がある。関西空港に帰ると、入国審査カウンターのあたりに「ラクダに乗った人、触った人は申し出て下さい」という貼り紙があった。ラクダと一緒に夫婦で写真を撮ったが、それほど親密な接触はなかったので、そのまま外に出た。

 しばらくして、気になることを思い出した。1ドル払ってラクダと写真を撮った際、私のカメラは性能が悪いので、添乗員がシャッターを押すまで少し時間がかかった。するとラクダが鼻先を私の首のあたりに押し付け、「ブル、ブル」と変な音を出した。思えば、その時鼻水が飛んだかもしれず、あれはヤバイかもしれない。

IMG_0250.jpg

 ピラミッド付近がかすんでいたため、予定が変更になり、先にエジプト考古学博物館を見学することになった。ホテルはナイル川の西岸、博物館は東岸にあり、バスでの移動には渋滞でかなり時間がかかる。カイロは慢性的な渋滞で、クラクションの音がすさまじい。

 やっと辿り着いた博物館の展示は「凄い」の一語に尽きた。ここはツタンカーメンの博物館としても有名で、誰でもが知っている黄金のマスクが展示されているほか、歴代ファラオ(王)たちの彫刻、棺、ミイラなど古代エジプトの全容を伝える文化財が所狭しと展示されている。

Tutanchamun_Maske[1]

 博物館の前庭には、紀元前の古代エジプトの彫刻があちこちに置かれいた。日本人からすれば無防備、無造作と思えるほどの展示で、手で触るのも自由だ。

IMG_0115.jpg

 館内に入ると、まず1階には「これでもか」というほど彫刻が展示されている。ツタンカーメンの部屋を除き、全館で写真撮影が許されている。日本の博物館では、カメラを構えたら係員が飛んできて怒られる。

IMG_0190.jpg

IMG_0183.jpg

IMG_0179.jpg

 古代エジプトについてまったくの無知だから、あれこれ偉そうなことは書かない。ただ、下の写真3枚のように、左足を前に出している像は生きている人物、両足がそろっているのはすでに亡くなっている人だそうで、これは古代エジプト入門のイロハらしい。

IMG_0120.jpg

IMG_0122.jpg

 IMG_0126.jpg

 ツタンカーメンの黄金マスクもそうだが、ファラオたちはみなアゴに奇妙なものをぶら下げている。あれは何だろうと思っていたが、年末に京都で開かれていたエジプト展に行き、それが付け髭であることを教えてもらった。神はアゴ鬚を生やしていたと信じられており、神を真似することで「神の永遠の支配力」にあやかりたいという表れなのだ。

IMG_0148.jpg

IMG_0133.jpg

IMG_0151.jpg

 1階の中央あたりに「ロゼッタストーン」の複製が置かれていた。ファラオたちの付け髭のことも知らない私だが、ロゼッタだけはそれなりに知っている。吉村作治というエジプト博士のテレビ番組で知ったのだと思う。ロゼッタは1800年ごろ、古代エジプトの首都メンフィスで発見された石版だ。紀元前200年ごろに文字が刻まれたものという。
 
 つまりその頃、古代エジプト文字を読み書きできる人物が存在していたのだ。石版には、同じ内容の文章が古代エジプト文字、ギリシャ文字など三種類の言語で書かれていた。もしこれが見つかっていなければ、古代エジプト文字を解読することが出来なかったと言われる。エジプトの至宝だが、イギリスの大英博物館に収蔵、展示されている。

 ところで、旅行から自宅に帰り、たまっていた新聞に目を通していると、韓国の地方裁判所が韓国人窃盗団によって対馬の寺から盗まれた仏像について、日本側に引き渡さなくてもよいとの判決が載っていた。理由は「盗難や略奪などの不正な方法で対馬に安置された」というものだが、その証拠は何ひとつ示されていない。

 法律より国民感情を優先させるとんでもない判決で、反日色の強い韓国マスコミでさえ疑問を投げかけていた。国連で文化財の返還をめぐり様々な論議がなされており、エジプトもロゼッタの返還を求めているかもしれない。しかし、韓国裁判所のような奇妙な判決が出たという話は聞かない。もし、大英博物館が外国の文化財の返還に応じれば、収蔵庫は空っぽになるだろう。

IMG_0124.jpg
      ↑ ロゼッタストーンの複製

 次は博物館の2階を見学しよう。ツタンカーメンの別室には、未盗掘の墓から見つかった若きファラオの黄金マスクや棺、遺品の数々が展示されており、ここだけ写真撮影が禁止されていた。

 ツタンカーメンは紀元前14世紀のころの王で、幼くして即位し、統治期間は9年とされている。ミイラが残っているのでDNAや血液型、さらには足の病気を患っていたことが分かっている。使用の形跡がある杖が130本も見つかっており、ツタンカーメンは杖にすがり、足をひきずっていたのだろう。死因には諸説あるらしいが、毒殺が有力との事。王位をめぐる権力闘争が熾烈だったのかもしれない。

IMG_0160.jpg
       ↑ ミイラが納められていた純金の厨子のようなもの

IMG_0174.jpg

IMG_0177.jpg

IMG_0185.jpg

IMG_0187.jpg

IMG_0193.jpg

IMG_0196.jpg

 何年か前、台湾の故宮博物院に行き、最も人気のある「翠玉白菜」を見た。高さが20cm足らずの小さな彫り物だが、形といい、色合いといい、白菜そっくりだ。これを見るためには長い列に並ばなければならず、やっとガラスケースの前に辿り着いても後ろから押され、わずか10秒か20秒くらいしか見ることが出来なかった。

 それに比べ、ツタンカーメンの黄金のマスクの前には人だかりがなく、ぐるり四方からゆっくり見ることが出来た。ケースの前に誰も人がいない時さえあった。マスクの知名度は、台湾の白菜よりは数段上だと思うが、要するに観光客が少ないので混雑しないのだ。テロの脅威や政情不安を象徴的に表す光景だと思った。

                                                          (続く)
スポンサーサイト

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR