森友学園の嘘と真実・・・ある殺人事件を思い出した

 何十年も前、知り合いの弁護士から次のような話を聞いたことがある。ただ、記憶が薄れており、正確でない部分があるかもしれない。

 その話とは・・・。ある地方都市で女性が殺害され、家に放火される事件があった。警察は数日後、無職の中年男性を逮捕した。取調べに対し、男性は犯行を自供し、起訴された。この弁護士は、国選弁護人として男性の弁護に当たった。

 事件は物証に乏しく、裁判は犯行を自供した捜査段階の供述について、信憑性が争われた。弁護士は、犯行前後の男性の足取りなどについて徹底的に調べた。しかし、警察は殺害方法など犯行の核心にこだわり、弁護側のように事件の枝葉については捜査をおろそかにしていた。

 検察の供述調書によると、被告は犯行後、市内の公園のベンチで寝たとされていた。ところが弁護側によると、その夜は雨が降っており、ベンチで寝ることは考えられなかった。また、逃走経路についても矛盾が多いのに、検察側は供述を鵜呑みにしていた。

 弁護側は、供述の嘘や矛盾を列挙し、犯行の自供だけが正しいとする検察側の主張には大きな無理があると批判した。判決は弁護側の主張を認め、無罪判決を言い渡した。この弁護士は、後に弁護士会の会長を務めたほどの凄腕の人だった。

 数多くの嘘をついているのに、核心の一つだけは信じてくれと言っても、普通の人はそれほどお人よしではないだろう。今、国会で同じことが起きている。大阪の国有地払い下げをめぐる森友学園の籠池理事長の発言である。

 森友学園に天皇陛下が訪問された。安倍総理も来られた。安倍総理の名前で寄付を集めた・・・。彼の発言には嘘がいくつもあるのでいちいち覚えていないが、一番大きな問題は「安倍総理から100万円の寄付をいただいた」という証言だ。

 学園の理事長室で、安倍総理の昭恵夫人から直接、「主人からです」と手渡されたという。その際、昭恵夫人から秘書に席を外すよう言われたらしい。100万円の授受を目撃しているのは籠池理事長ただ一人である。総理も夫人も秘書も否定しているので、真偽は不明である。

 籠池理事長による多くの嘘が判明しているので、100万円の寄付はにわかに信じ難いし、心証は良くない。偽証には刑事罰が科せられる証人喚問だが、これをいくら繰り返しても証拠のない100万円授受の真相は分からないだろう。また、補助金の疑惑も理事長が証言を拒否すれば同じ結末になるだろう。

 安倍総理は国有地払い下げに関わっていたら総理も議員も辞めると言っている。野党はここぞとばかり攻勢に出ているが、今のところ決定打不足はいなめない。そもそも、籠池理事長夫婦が保守系議員や有力者に抱き付き、利用しようとする筋の悪い騒動である。マスコミは熱心だが、果たして一国の総理を辞めさせるような問題なのか、正直疑問に思う。

 保守系の人たちは、北朝鮮の核開発やEUの混迷、トランプ政権の脱線など内外に多くの問題を抱えながら、国会は何をしているのかと苦言を呈している。確かに、北朝鮮が日本に向け何発もミサイル発射しているのに、呑気な国会だとつくづく思う。与野党攻防は仕方ないとしても、「筋の悪い」騒動にいつまでも振り回されていたら、外国からも笑われるだろう。
スポンサーサイト

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR