やっと訪れた春爛漫

IMG_0169.jpg

 4月も下旬になって、ここ生石高原はようやく春爛漫となった。わが家の敷地の山の斜面にはスイセンが黄色い花を咲かせている。女房が少づつ増やしてきたもので、道行く人が足を止めて眺めている。

 山小屋のデッキの正面には山桜の大木があり、今が満開だ。花の密度が大きいソメイヨシノと違って、山桜は花と葉が同時に出てくるので花はまばらだ。しかし楚々とした風情があり、これはこれで味わいがある。

 平安から鎌倉にかけて生きた西行法師は、桜を愛した歌人だ。西行が愛でた桜は、幕末に交配によって作られたソメイヨシノではなく、日本固有の山桜だろう。吉野の桜も山桜である。

 「願わくは 花のもとにて春死なむ その如月(きさらぎ)の望月の頃」。これは西行を代表する有名な歌だが、見事過ぎるその死生観に、私などは腰が引ける。どれだけ桜が美しくとも、そんなに潔くはなれない。桜を愛でながら長生きしたい。

IMG_0161.jpg

 山小屋の周辺を飛び交う野鳥に、ちょっとした異変を感じている。デッキに置いた餌台には、ヤマガラ、シジュウガラ、カケスの3種類が入れ替わり立ち代わりやって来て、ヒマワリの種をついばんでいる。

 去年まではヤマガラが多く、シジュウガラは少数派だった。比率で言うと、ヤマガラが10のうち8、シジュウガラは2くらいだったが、今は6対4ほどになっている。餌の取り合いはシジュウガラが強いから、そのうちヤマガラが追い出されるのではないかと心配している。

IMG_0166.jpg

 ま、そんなことを考えながらぼんやり過ごしているが、朝鮮半島はかつてない緊張が高まっている。平和な日本では、親子二代にわたる色ボケ政治家が大きな話題。九州では3億数千万円が強奪されたのに驚いたが、タイで捕まった女詐欺師の若作りにはもっと驚いた。でも、目元は年齢相応と見た・・・。
スポンサーサイト

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR