森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

ナメコにヒラタケ・・・実りの秋

 旧暦では、二十四節季の「霜降」に入った。七十二候を見ると、今は「霜が最初に降りるころ」である。しかし、私たちが暮らすここ生石高原は標高800m余りの高地だが、まだ霜は見られない。

 異常気象が続く昨今である。そのせいか、今年の10月は例年になく暖かく、気持が悪い。今日の朝の気温は5度で例年並みだが、日中は急に暖かくなる。薪ストーブは、朝と晩だけ火を入れるだけで、薪が節約できるのはうれしい。

IMG_6032.jpg

 暖かい秋のため、キノコがたくさん発生するか心配だった。つい先日までキノコの原木は沈黙していたが、このところ少し気温が下がり、キノコの子供がニョキニョキと出てきて、ひと安心である。

 ナメコは朝の木漏れ日を受けてオレンジ色に輝いている。ブドウの房のようだ。鍋に味噌汁、大根おろしにポン酢で食べるのもいい。キノコは冷凍保存できるので、年中、とろとろのナメコを楽しむことが出来る。

IMG_6025.jpg

IMG_6026.jpg

IMG_6030.jpg

 ヒラタケも少し出てきた。こちらは11月に入らないと、本格的に発生しない。それでも豊作の予感はある。クリタケの原木はまだ眠ったままだ。シイタケは小指の先ほどの芽がたくさん出ている。

IMG_6031.jpg

 山桜やコナラなどの原木にキノコ菌を打ち込んでおくと、夏を二回経ればキノコが発生する。直径10センチほどの原木だと、キノコの出る寿命は3年ほどだ。キノコを絶やさず、さらに増産するために原木を伐っておかなければならない。そろそろ、そんな季節がめぐって来た・・・。
スポンサーサイト
   07:00 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1004-c5cc9f66
 
 
カレンダー
 
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR