森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

織田信成の泣きっぷり・・・

 年末ジャンボ宝くじのテレビCMは痛快だ。何たって、フギュアスケーター織田信成の号泣シーンは、抱腹絶倒である。今年は兵庫県議の号泣会見が話題になったが、こちらは自己弁護の空々しい涙だった。これに対し織田の泣きっぷりは実に見事で、清々しささえ感じた。これはもう彼の芸である。

 民俗学者の柳田 国男は戦後、「明治初期の人はよく泣いたが、今は余り泣かなくなった」と語っている。確かに、明治維新の群像を描いた司馬遼太郎の著作では、登場人物の号泣場面が多く出てくるし、藤沢修平や山本周五郎などの時代小説にも泣き虫が多い。

 柳田国男という碩学、大家がそう言っているのだから、当時の人は本当によく泣いたのだろう。昔の日本人は感受性が豊かだったのだと思う。思わず目がしらを熱くするのは、素直な感情表現だろう。しかしいつの頃からか、人前で泣くのは恥ずかしいことだと言われるようになった。とくに「男は泣くな」と言って育てられた。

 ところが近年、泣かない日本人がよく泣くようになったと感じる。そう思うのは私だけではないだろう。おそらく、3・11の東日本大震災を境に顕著になったのではないか。

 あの震災は、世の無常感や儚さはが私たちの胸に深く突き刺さった。過酷な震災を乗り越えようとする人々のけなげな姿も感動させた。新聞記事の行間に、テレビ映像に涙する・・・。震災をきっかけに、人々は泣くことに躊躇しなくなったように思う。長く眠っていた日本人の涙が蘇ったと思うのは、うがった見方だろうか・・・。

 私も震災後、一層涙もろくなってしまった。映画やドラマで泣くのは昔からだが、近年は泣いている人を見ただけで、涙の理由も分からずに涙ぐんでしまう。女房はそんな私をいぶかり、不審の目で見ている。年寄りの涙など美しくも可愛くもないが、それにしても織田信長の末裔の泣きっぷりはすごい・・・。
スポンサーサイト
   18:00 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1015-35004758
 
 
カレンダー
 
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR