西国霊場・・・雪の湖北

IMG_6802.jpg

 女房の西国三十三か所巡礼は、今年で11年目である。残す霊場は4か寺だけになった。女房は、1番青岸渡寺から2番紀三井寺、3番粉河寺と順番に参っている。どこかへ旅行した時、ついでに参拝することはしない。要するに、融通がきかないというか、真っ正直というのか・・・。だから人の二倍も三倍も時間がかかっている。

 今回の巡礼は、琵琶湖の最北端に浮かぶ竹生島の30番宝厳寺である。私は運転手として同行したが、昔の記憶を呼び覚ましてみたいという気持ちもあった。おそらく小さい時に1回、結婚してからもう1回、合わせて2回来ているはずだ。

 大津の自宅を出て、景色が素晴らしい「さざなみ街道」を北上した。湖面には、無数の水鳥が浮かんでいた。 水鳥と言えばカモかコハクチョウくらいしか思い浮かばないが、飛来するカモは十種類以上もいるという。お寺参りの途中にカモ鍋の話とは生臭いが、昨年湖畔の料理屋で食べた天然マガモは本当においしかった。

 彦根城を過ぎてしばらく走ると、真っ白の伊吹山がヌッと現れた。標高は1377mしかないが、日本アルプスの名峰にひけをとらない堂々たる姿だ。日本百名山だけのことはある。左手の湖面は穏やかで、春先のような陽光が射し込んでいた。竹生島行きの船が出る長浜港はすぐそこだ。

 港に着くと、二階建ての結構大きな船が横付けされていた。乗客は20人ほどで、午前10時15分に出航した。竹生島までは約30分。さすが湖北は雪深く、岐阜や福井の県境にまたがる山々は真っ白だ。湖上から眺める冬景色はなかなか風流で、素晴らしいクルーズである。

 竹生島が目の前に迫ってきた。周囲2キロほどの切り立ったこの小さな島は、どうして誕生したのだろう。水中でも岩が切り立っていて、このあたりは琵琶湖で一番深く、水深は100mという。それを物語るように、水の色は不気味なほど深い緑色だった。

 島に降り立ったが、どうも記憶が蘇らない。女房は「ほれ、この長い石段を登ったでしょう」と言うが、「うん、まあ」とあいまいにしか答えられない。前日の晩ご飯さえ忘れるくらいだから、毎日毎日、脳細胞がプチプチと壊れ、記憶を消しているのだろう。

 宝厳寺は日本三大弁才天の一つに数えられている。奈良時代、聖武天皇の命によって行基上人が創建したと伝えられる。行基上人といえば貧民救済に生涯を捧げた偉い坊さんだが、琵琶湖北端のこの島にまで足跡を残していたとはちょっと感動である。重文の観音堂や国宝の唐門など見どころも多かったが、それも記憶になかった。

 正午過ぎ、竹生島を後にし、長浜港に向った。大津への帰りは来た道を辿るが、途中に31番長命寺があり、お参りすることにした。今回が3回目の参拝で、お寺のたたずまいなど結構覚えている。前回はお寺まで808の石段を踏んだが、今はそんなパワーはなく、車で上がった。

 十一面観音など三体の秘仏が納められている本堂で手を合わせた。いつものことだが、女房は長い間お祈りする。子供や孫など家族縁者ひとりひとりの顔を思い浮かべ、健康をいのるのだそうだ。そして最後に、私の「ピンピン、コロリ」を願うのである。巡礼は安土の観音正寺と岐阜・谷汲の華厳寺だけとなり、満願は近い・・・。

            ↓ 竹生島へ
IMG_6779.jpg

IMG_6781.jpg

IMG_6785.jpg

IMG_6786.jpg

IMG_6789.jpg

IMG_6792.jpg

IMG_6791.jpg


          ↓ 長命寺
IMG_6806.jpg

IMG_6813.jpg

IMG_6810.jpg

IMG_6815.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR