森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

絶景かな・・・三上山

IMG_6879.jpg

 
 琵琶湖の東側にそびえる三上山(野洲町)は、わが家からもよく見える。そんな身近な山だが、これまで一度も登ったことがない。先日、春のような陽気になったので、女房とともに三上山をめざした。大津からは車で1時間もかからない。

 この山の標高は432mと高くはないが、まるで独立峰のように見え、その優美な姿から「近江富士」と呼ばれる。古来から京に至る道しるべになっていたに違いない。古事記にも記録が残っており、松尾芭蕉には一句があるそうだ。

 山の麓から少し離れた所に、三上山をご神体とする御上神社がある。藤原不比等の時代にさかのぼる由緒も格式もある神社だ。国宝の本殿にお参りした後、田んぼの道を通って登山口へ。山を見上げれば、余りの急こう配に尻ごみする。

 登山道は「表」と「裏」があって、表は健脚向きらしい。われらは健脚ではないが、景観の良い表から登ることにした。登山道の入り口には鉄柵があり、これを開けて登るが、閉め忘れは禁物。イノシシが侵入するからだ。ご神体の山もイノシシの脅威にさらされており、山全体を柵で囲んである。

 登山道はいきなり急斜面で、長い階段が続いている。杉やヒノキ、コナラなどの樹林が覆いかぶさり、薄暗い。そんな中に、皮をむいた赤いヒノキが全山で見られた。社殿の屋根を葺く桧皮(ひわだ)を採取したのだろう。

 しばらく行くと、「割れ岩」の標識があった。なるほど、高さ5mほどの巨岩が二つに割れたような形になっている。ここを通り抜けたらご利益があるのだろうか。人一人がやっと抜けられるような狭さで、メタボや妊婦は無理である。私は細身だが、近年出っ張ってきた腹がつかえてなかなか前に進めない。意外や、女房は苦戦しておらず、不思議である。

 ここから急な岩場をよじ登る。すると一気に視界が広がり、素晴らしい景色が飛び込んできた。雪を戴く比良の峰々。その奥に、比良山地最高峰の武奈ヶ岳がかすかに見えた。左に目を転じると、天台密教の聖地・比叡山だ。眼下には野洲川が蛇行し、琵琶湖に注いでいる。

 ここでは多くの登山者が足を止め、景観に見とれていた。私たちも15分ほどとどまった。再び歩き始めたが、山頂はすぐそこだった。所要時間は登山口から1時間余り。狭い山頂には鳥居と祠があり、天から降ってきたような巨岩にはしめ縄が巻かれていた。さすがご神体の山である。

 東向きの岩場で昼食にした。おにぎりとスープ代わりのカップ麺だ。前方には新幹線が走り、名神が緩やかな曲線を描いていた。高層の大津プリンスホテルの向こうに、わが家のある住宅街も見えた。今頃、愛犬ぴーが寝そべりながら留守番をしているだろう。

 別の鳥居をくぐって下山した。岩がごつごつした登山道は歩きにくく、登りよりも時間がかかったと思う。それにしても、実に景観豊かな山だった。そして、大津京や壬申の乱の舞台、紫香楽の宮など古代ロマンをかき立てられる山歩きだった。

IMG_6877.jpg

IMG_6880.jpg

IMG_6882.jpg

IMG_6885.jpg

IMG_6889.jpg

IMG_6893.jpg

IMG_6894.jpg

IMG_6897.jpg

IMG_6905.jpg

IMG_6908.jpg

IMG_6906.jpg
スポンサーサイト
   10:25 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1035-42511203
 
 
カレンダー
 
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR