森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

生石高原は氷点下6・5度。逃げ帰った・・・

 大津の自宅から和歌山・生石高原の山小屋に向かった。いつも通り、高速料金を節約するため、京都の宇治田原市から奈良市、橿原市へ迂回する。右手に葛城山、金剛山が見え始めると、物凄い吹雪になった。五条市で高速の京奈和道路(無料)に乗ったが、雪は降り続いている。

 寒波が来るのは知っていたが、病院を予約していたので予定を変更できなかった。高野山の山並みを過ぎると、ひと際高い生石高原が見えてきた。上空は青空で、雪が降っている様子はない。道路沿いに設置してある電光板は気温3度を表示していた。高原は標高800mなので、氷点下になっているだろう。

 高速を下りて山に向ったが、小休止していた雪が再び降り出した。標高600mほどまで上がると、路面に雪が積もっていた。生石高原に行く車はなく、雪の路面にわが軽トラのわだちだけが描かれていく。軽トラは4輪駆動でスタッドレスをはいているから、問題なく坂道を上った。

IMG_6977.jpg

 大津を出発して4時間余り、山小屋に着いた。周辺には薄っすらと雪が積もっていた。荷物を上げ、薪ストーブに大量の薪を入れて火をつけた。続いて水道の元栓を開け、水が出るようにした。幸い水道管は破裂しておらず、ホッとした。

 玄関に掛けてある温度計を見ると、何と、氷点下6・5である。道理で、ストーブをガンガン焚いてもなかなか暖まらないはずだ。女房と二人でストーブの前に座り、半時間ほど暖をとっていた。トイレに立った女房が「お湯、出ないわよ」と大声を上げた。たった半時間ほどで凍結してしまう寒さである。

 ストーブで温めたお湯をパイプにかけ続け、半時間ほどでやっとお湯が出るようになった。こんな寒さでは、蛇口からチョロチョロと水を出しておかないと、たちまち凍結してしまうのだ。冬の間は大津の自宅で過ごしているので、つい油断してしまった。夜は囲炉裏で鍋と熱燗で暖まったが、外は恐らく氷点下8度以上になっていただろう。

IMG_6978.jpg

 翌日は病院へ行った。主治医は持病について、良くも悪くもないという。私は楽観論者なので、執着至極の診断である。薬をもらい、山小屋に帰った。こう寒くてはすることもなく、半時間ほどで行ける清水温泉に行った。お湯に浸かっていると、足がジンジンする。寒さで縮んでいた血管に血液が流れているのだろう。

 いつもより、女房が風呂から出てくるのが遅い。女房の話によると、風呂で一緒になった女性と話し込んでいたという。彼女は定年退職したご主人とワンボックスカーに乗り、岩手県を出て2か月に及ぶ全国漫遊の旅を楽しんでいるのだそうだ。道の駅で泊まり、コンビニ弁当の日々らしいが、羨ましい第二の人生である。老婆心ながら、どうぞ喧嘩せずに行脚を・・・。

 3日目はどうしてもやっておかなければならない作業がある。女房はジャガイモを植えるための畑を耕し、石灰や牛糞を入れておくのだ。私は12月に伐採しておいたコナラと山ザクラの原木に椎茸とナメコの菌を打ち込まなければならない。キノコ畑には大量のホダ木があるので、今年は20数本と少な目にした。

 例年、木槌でコンコンという音を響かせ、菌打ちをしていると春を感じるが、今年は季節外れの大寒波である。この日の朝も写真のように氷点下5度だった。1日も早く山小屋での暮らしを復活させたいが、寒くてその気にならない。逃げるようにして山小屋を後にした・・・。

IMG_6979.jpg
スポンサーサイト
   11:53 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 イレグイ号 [URL] #-
いやはや、まだまだ山の上は冬ですね~。
去年も3月21日にフキノトウを採っていますから、やっぱり毎年3月半ばといえども寒いのですね。
海のほうは少しずつ春に近づいていますよ。
夕方、ワカメを採ってきました。2週間ほど前よりも大分大きくなっていました。
僕も急いで春の準備をしなければ間に合わないと思い始めています。
 2015.03.14 (土) 18:28 [Edit]
 亀丸 [URL] #-
まだまだ春は遠そうですね。
確かに寒の戻りというか、大阪でも寒い日が多いです。
でも、あと一ヶ月もすればさすがに森の暮らしに戻れるのでは?

私だけかもしれませんが、薪ストーブの炎が男性の横顔に見えて、ドキッとしました。(笑)


 2015.03.15 (日) 14:21 [Edit]
  [URL] #-
     イレグイ号 さんへ

 まずは、お医者さんの卵におめでとうございますです。
将来が楽しみですね。ま、お金もかかるでしょうが・・・。
 生石高原は寒かったですよ。
釣りなんて、考えられません。
今は、いつ山小屋に帰るか、思案中です。
山ウド、蕨が出始めるまでに帰ろうと思います。
 2015.03.15 (日) 17:18 [Edit]
  [URL] #-
     亀丸 さんへ

 過去のブログを見ると、4月13日ごろ、由良湾でいい型のイサギを釣っていますから、それまでに帰ろうと思います。
 今年はもっと積極的に釣りに行こうと思っていますが、でも直前になると大義になるんですよ。
 えっ、男性の横顔?
私にはどうしても見えませんが・・・。人は色々ですね。

 2015.03.15 (日) 17:22 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1040-b51d9fcc
 
 
カレンダー
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR