森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

再び生石高原へ・・・小さい椎茸にがっかり

 半月ほど前、生石高原へ山小屋の様子を見に行った。ちょうど寒波の最中で、気温は氷点下6・5度だった。キノコを栽培している山小屋裏の杉林を覗くと、雪をかぶった椎茸の原木からは小指の先ほどの「芽」がたくさん出ていた。

 寒波が過ぎた後、一気に暖かくなったので、椎茸はきっと大きくなっているはずだ。4、5年前、ちょっと留守をしている間に、大きな椎茸をごっそり盗まれたことがあり、また被害に遭わないかも心配である。気を揉んでいても仕方がないので、再び和歌山へ向かった。

IMG_7012.jpg

 この日は、桜の蕾が一気に膨らみそうな暖かさだ。車のラジオでは、和歌山など各地で開花宣言があったと伝えている。 雪解けで水量の多い紀の川を渡り、桃の産地の桃山町に入ると、桃の花が咲き出して華やいだ空気に満ちていた。

IMG_7015.jpg

 昼前、山小屋に到着した。急いで杉林に入ると、椎茸は思っていたほど大きくなっておらず、がっかりした。やはり標高800mの山は寒く、成長が遅いのだ。小さいけれど30個ほど採ったが、これくらいの椎茸はアワビのようにコリコリしておいしい。残りはこちらに移って来るまで成長を待つことにした。

 山小屋の周りにあるタラやコシアブラを見て回った。コシアブラは芽の先端がかろうじて緑色になっている程度だ。タラも赤紫色の芽らしきものが顔を出しているが、食べられるまに2週間ほどかかるだろう。

 その時に備え、山菜の灰汁(あく)抜き用の灰を用意しておかなければならない。薪ストーブから出た灰を金網に通してキメを細かくしておく。ワラビの場合は、灰を振りかけて熱湯を注ぎ、一晩寝かせる。ゼンマイは茹でて灰をまぶし、揉んで天日干しする。薪ストーブから出た灰なので、無添加安全である。

IMG_7020.jpg

 4月上旬には山小屋に移り、山の暮らしを再開させるが、その頃には椎茸も大きくなっているだろう。山菜もいっぱい採りたいし、ボート釣りにも行きたい。わくわくしながら釣具を点検した後、帰途についた・・・。 

IMG_7023.jpg

スポンサーサイト
   06:42 | Comment:2 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 イレグイ号 [URL] #-
悪いやつがいるものですね。
山の中で競争するのはいたしかたありませんが、人の敷地の中では違法行為になりますね。
なんとか捕まえる手立てはないものでしょうか。

桜が満開になっていよいよ本格的な春の到来ですね。
今年はチヌ釣りに行けていなくて、桜も見ていなくて季節に追いついていない感があります。
来週は連休をもらっているのですが予報では雨模様です。
早く追いつくために歩幅を広げなければと思っています。
今年も生石山に行くのが楽しみです。
 2015.04.01 (水) 22:46 [Edit]
  [URL] #-
     イレグイ号さんへ

 盗まれた椎茸は、お客に差し上げようと採らずにおいたものです。犯人を探しても仕方ありません。
 春本番になりましたが、今日からは当分雨のようです。
でも椎茸が気になるので、明日、生石へ行きます。今回は2、3日泊まろうかと思っています。
 生石の山菜情報をまたお知らせします。
でも、まだ2週間近くかかると思います。
12日ごろには山小屋生活の復帰です。
 2015.04.03 (金) 18:30 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1044-8f02ba1c
 
 
カレンダー
 
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR