今年初めてのボート釣り・・・ガシラ17匹

 生石高原の森で、山小屋の暮らしを再開させたのが今月12日だ。すぐにでも釣りに行きたかったが、4月に入っても天候が安定しない。イライラしながら天気予報をチェックしていると、先週末になってやっと絶好の日和がやってきた。

 早速、朝焼けを見ながら由良湾に向かった。もちろん今年初めての釣りだ。女房同行なので、初心者でも釣れるガシラが狙いだ。ボート釣りにとって絶好の日和とは、波の高さが1m以下のことである。加えて晴天であれば申し分ない。この日は、そんな好天に恵まれた。

 思えば、昨年の4月は散々だった。私は薪割りをしていて指に怪我をしてしまった。同じころ、女房は四十肩(えっ?)で右肩が上がらなくなった。夫婦で病院通いである。だから去年の初釣りは5月中旬になってからだった。

 それだけに、今年の初釣りは気合いが入る。港から15分ほどのポイントに着いた。風がほとんどないのでアンカーを入れる必要がなく、ボートは同じ場所に留まっている。少し波立った方が魚の食い気はいいのだが、それは欲というもの。人間の欲望には際限がない。

 釣りの準備をしていると、潜水艦がやって来た。神戸の造船所で建造された潜水艦は、ここ由良湾から外洋に出てテスト航行を繰り返すらしい。日本の潜水艦は世界最高の性能で、秘密の塊だという。どこかの国のスパイが双眼鏡を覗いているかもしれない。スピードは驚くほど速く、ガシラが逃げてしまうのではないか、心配である。

IMG_7095.jpg

 午前7時過ぎ、鯖の切り身を付けて第一投。しかし、まったく当たりがない。半時間ほど経つと少し潮が動き出し、竿先がクイッと引き込まれた。すかさず合わせると、結構な引きである。海中に赤い魚影が見えた。20cmほどの中型のガシラである。

 続いてまた2匹目が釣れた。女房は「私に何で釣れへんの?」とぼやいている。不機嫌な時はボソボソと独り言をつぶやく癖がある。この調子だと、今日は私の圧勝になりそうだ。恥をさらすようだが、昨年は女房に10連敗くらいした。言いたいことは色々あるが、男らしくないので言わない。

 しばらくすると、女房の竿が曲がり出した。抜きつ抜かれつのデッドヒートが続いたが、そのうち女房は一気に差を広げた。ぼやきが消え、声に張りと艶が出てきた。結局、女房10匹に対し、私は7匹。今年もまた私の敗北である。

IMG_7097.jpg

IMG_7101.jpg

 ガシラは素人の釣りと書いたが、これだけ連敗すると何か深刻な理由があるはずだ。自慢じゃないけれど、釣り歴40年、仲間からは名人、師匠と崇められてきた。テレビ放映の釣り大会で優勝したこともある。だから内に秘めたプライドもあり、女房には高飛車で指導してきた。

 しかし最近、女房の視線に私をさげすむようなものを感じるのだ。被害妄想かもしれないが、どうも卑屈なってしまう。加齢によって反射神経が鈍っているのだろうか。いや、名人、師匠と呼ばれたのは単にお世辞で、それに気付かなかった私がおめでたい人間だったのかもしれない。早い話、下手糞なのだ。今回、それが分かった。

 港に帰ると、馴染みの漁師がヒジキの天日干しをしていた。干潮の時を狙って磯に生えているヒジキを刈り取り、岸壁のコンクリで乾燥させる。中国産が幅をきかせる昨今だが、やはり国産は安全でおいしいと女房が言う。その分高価である。漁師はバケツ山盛りのワカメをくれた。採れたての国産である。

 帰りの車では、女房ご機嫌さんである。私は女房の話に相槌を打っていたが、少し顔が引きつっていたかもしれない・・・。

IMG_7104.jpg
スポンサーサイト

コメント

いい型のガシラですね!
たかが、ガシラ、されどガシラ。相手も生きるか死ぬかですから、簡単なはずはないですよね。
ちょっとしたコツとはいうものの、そのコツをつかむのがなんと大変なことか・・・。

僕も今年にはいって少しだけ釣ることができていますが、そんなに簡単な獲物ではないのではないかと思っています。

身がプリプリしていて食べても美味しい魚ですよね。
ちょっとだけ病みつきになりかけています。

お帰りなさい♪

とか言いながら、奥様に負かされるのを楽しんでいる余裕を感じますよ。
それに師匠の名人級の腕前を発揮する真骨頂は、ヤエンのアオリイカや鮎の友釣りなどテクニックの極致の釣りなのでは?

山、川、海の幸を食べまくって、どんどん寿命を伸ばしてくださいね♪

P.S. 四十肩(えっ?)のところで吹き出してしまいました。奥様に
シバかれますよ?(笑)

     イレグイ号さんへ

 確かに、されどガシラですね。
釣りでは女房に負けてばかりですが、それなりにコツはありまよね。
師匠が弟子になり下がり、ト、ホホです。
ブログに書いておられたように2匹で1000円。
今や、押しも押されぬ高級魚。
夫婦で楽しめ、家計の足しにもなります。

    亀丸さんへ

 生石高原に帰ってきました。
やはり、生き生きします。
 ガシラ釣り、いやー、女房に負けてばかりで、もう余裕なんてないですよ。
 結構本気でやっているんですがねぇ。
 確かに旬の山菜、野菜、DHCいっぱいの魚を食べていますから、長生きしそうですが、人間の寿命は神のみぞ知るですね。
亀丸さんも飲み過ぎないようにネ。
非公開コメント

トラックバック

今年初めてのボート釣り・・・ガシラ17匹

 生石高原の森で、山小屋の暮らしを再開させたのが今月12日だ。すぐにでも釣りに行きたかったが、4月に入っても天候が安定しない。イライラしながら天気予報をチェックしていると、先週末になってやっと絶好の日和がやってきた。 早速、朝焼けを見ながら由良湾に向かった。もちろん今年初めての釣りだ。女房同行なので、初心者でも釣れるガシラが狙いだ。ボート釣りにとって絶好の日和とは、波の高さが1m以下のことで...

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR