森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

女房、大型ガシラに舞い上がる・・・

 毎年この季節になると、東京や愛知などから知人がはるばる、紀伊山地のわが山小屋を訪れてくれる。今年は計9人のご一行である。海の幸、山の幸でもてなすことにしており、今年はわれら夫婦が釣るガシラ料理を出すことにした。

 訪問の二日前、ボート釣りに行った。釣り場はいつもの由良湾である。結論から書くと、釣果は私の8匹に対し、女房はその3倍以上の26匹である。これまで女房に10連敗はしているが、これほど大差になったことはない。

 たかが釣りの話である。しかし、私にとって笑いごとでは済まされない。女房に釣りを教えたのは、釣り歴40年の私である。竿の扱い方、糸のさばき、誘いの方法、合わせのタイミング・・・手とり足とりで教えてきた。それなのに、師匠の私は面目丸つぶれなのだ。これまでの釣り歴は何だったのか・・・。

 最初の頃、私はいつも女房を素人扱いしてきた。仮に釣果で負けても、ビギナーズラックなどとからかい、気持ちにも余裕があった。しかし近年はそんなことを言っていられなくなった。ここ1年を振り返っても、負け続けである。だから私は必死である。女房の釣り方をチラッと盗み見することさえある。

 さて当日だが、最初のポイントでは女房が5、6匹連続で釣り、私にはまったく釣れない。いつものパターンで出遅れてしまった。ボートの運転、仕掛けの交換は私の役目だが、そんな言い訳など、もはや見苦しい。

 女房の釣りを見ていると、誘いをかけながら仕掛けを手前に寄せ、竿先がクイッと押さえ込まれた瞬間を見逃さず、合わせを入れる。敵ながらあっ晴れである。女房が14匹の時点で、私はたったの1匹だけだ。これはもう、運、不運の問題ではない。何か私の釣りに欠陥があるのかもしれない。

 釣ったガシラの数は完敗だが、それだけではなかった。先日のブログで、「釣果は総重量だ。小さな魚ばかりでは糞にもならない」と大見栄を切った。その時、天に吐いた唾が自分の顔に降りかかろうとは思わなかった・・・。

 こうなっては、大きなガシラを釣って一矢報いたいと思った。大型がよく釣れるポイントにボートを止めた。すると女房はいきなり竿を曲げた。「あっ、藻に引っ掛かったみたい。あれ?動いた。魚が付いている」と顔を赤くしてリールを巻く。私は希望的観測で、「その引きやったらエソやな」と意地悪く言った。

 ところが海を覗くと、大きなガシラが腹を返して抵抗を繰り返している。やっと浮いてきたガシラを玉網ですくった。何と、31cmもあった。この由良湾で30cmを超えるガシラが釣れるのは滅多にない。私たちにとって過去最大である。

 しかし、これだけで終わらなかった。他のポイントでも、29cm、28cmの大型を釣り上げたのだ。私は最後近くに30cmをゲットしたが、もはや遅きに失した。すっかり舞い上がった女房は、「私って才能があるのかしら」と言い放った。うるさい!

            ↓ 31cm
IMG_7155.jpg

            ↓ 29cm
IMG_7160.jpg

            ↓ 28cm
IMG_7162.jpg

            ↓ 女房26匹、私8匹
IMG_7168.jpg


 
スポンサーサイト
   06:49 | Comment:7 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
  [] #
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます 2015.05.10 (日) 12:12 [Edit]
  [URL] #-
     やまぜん さんへ

 こんにちは。コメント有難うございます。
ご夫婦でキス釣り、いいですね。
女房に負けて、機嫌良く釣りについてきてくれるなら、それもいいと思います。
 さてボートを出す港は、由良湾の小杭という漁港です。
スロープもあります。使用量1000円です。
使用量を徴収するのに、貝殻を取っておらず、干潮の時は気をつけねばなりません。
でも、他の漁港よりも気さくな人たちばかりです。
ぜひ、ご夫婦でおいで下さい。
ただし、キスのポイントはよくわかりません。
 2015.05.10 (日) 12:33 [Edit]
 イレグイ号 [URL] #-
大きいサイズですね~。
加太は釣り荒れているのか、大きなものは少ないです。
30センチなんてあるのかな~?

やっぱり艫は不利なんですよ。
私も前に人を乗せるとほぼ負けます。(腕が悪いのもありますが。)
かくなるうえは、テンビン仕掛けで挑まれたらどうでしょう? 根掛かりが多くなるかもしれませんが、エサが自然に流れる分、胴突きより食いつく確率が上がるかもしれませんよ。
 2015.05.11 (月) 22:04 [Edit]
  [] #
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます 2015.05.12 (火) 07:20 [Edit]
  [URL] #-
     やまぜん さんへ

 料金は、地元の人が目ざとく徴収に来ます。
早朝のことが多いです。
キツネ目の65歳くらいの人です。
私は仲よくしています。
夫婦で来ている人と言えば、私のことが分かります。
 2015.05.12 (火) 07:59 [Edit]
  [] #
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます 2015.05.12 (火) 09:13 [Edit]
  [URL] #-
     イレグイ号 さんへ

 加田は釣り荒れているのでしょうね。
由良湾と紀淡海峡では、遊漁船もボートも比べ物になりませんよね。土日でもボートは10隻以下です。
 ふーん、天秤仕掛けですか。
まだ、女房の軍門に下る気はありませんので、胴付きで頑張ります。まぁ、やせ我慢です。
 2015.05.12 (火) 19:01 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1056-8c4fb3fa
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR