紀淡海峡の船釣り・・・そして燻製

 和歌山市内の友人から船釣りに誘われた。彼は、祖父から引き継いだ漁船のオーナーである。彼とはブログ仲間であり、魚釣り、山菜採り、読書という趣味がそっくり同じである。もちろん、二つ返事で連れて行ってもらうことにした。

IMG_7201.jpg

 朝4時、和歌山市内の水軒の港を出港した。この日の狙いは、ゴマサバと大アジである。そのどちらが釣れるかは、魚の回遊次第である。全長10mものサビキ仕掛けを50号のオモリで沈め、どの棚で釣れるかを探りながら、竿を大きく上下にあおる。かなりの重労働である。

 このところ、真夏のような天気が続いており、波も静かだ。船は全速力で紀淡海峡を南下し、海南市の沖あたりでスローダウンした。今日は潮が緩やかで、船は潮にまかせて大阪方面にゆっくり流すらしい。

IMG_7202.jpg

 友人は魚群探知機を見ながら「水深20mの所に魚の大きな反応がありますよ」と声をかけた。リールのゲージが20mを示すと、糸の出を止めた。彼はすでに竿を曲げており、30cmはある丸アジを釣った。

 しばらくすると、私の竿にも当たりがあった。竿先をグイッ、グイッと引き込むはっきりした当たりだ。竿を立て、糸を手繰り寄せると、強い引きが伝わって来る。それもそのはずで、30cmを軽く超えるアジが3匹も付いていた。

 船は人が歩くほどの速さで進んでおり、アジの群れに差しかかると2人とも魚がかかる。3匹、4匹と一度に釣れることもあり、船の生け簀はにいぎやかになってきた。やがて大きな当たりがあり、魚が右へ左へよく走った。案の定、鯖が釣れた。40cmはありそうな立派な鯖である。その後も鯖を1匹追加した。

 次第に潮が速くなり、糸の角度が急になって来た。彼から「そろそろこの辺で終わりましょうか」との声がかかり、午前8時ごろ港に帰った。この日の釣果は大アジ20匹、鯖2匹の大漁で、強い引きを味わうことが出来た。

IMG_7203.jpg

 第二幕は魚の燻製作りである。これだけの魚を2日や3日では食べきれないので、燻製にして保存することにした。鯖は半身を刺身にし、残りを塩や砂糖、みりんのソミュール液に一晩漬けたあと塩抜きし、ブナのチップで3時間ほどスモークした。半生状態の鯖独特のうま味と、燻製の香りがミックスしていい味に仕上がった。

 アジは、海水よりやや薄い目の塩水に1時間ほど浸し、一夜干しを作った。冷蔵庫で一晩寝かせ、次の朝、身の部分に醤油とみりんを混ぜ合わせた液を塗ってもう一度乾燥。表面がパリッとしたら3時間ほどスモークした。黄金色のかぐわしいアジの燻製が出来上がった。

 そして昨日の夜は、生石山で田舎暮らしをしているご夫婦を招待し、燻製の味見の会を開いた。招待されてまずいとは言えまいが、何とか合格点をいただいたようだ。先人が生み出した燻製の知恵は素晴らしい・・・。

         ↓ 鯖の刺身と鯖の燻製
IMG_7207.jpg

IMG_7211.jpg

           ↓ アジの燻製
IMG_7208.jpg

IMG_7210.jpg

IMG_7215.jpg

 
スポンサーサイト

コメント

うわぁ~、こんな美しい景色と
釣りを漁船でご友人と楽しめるなんて、
なんだか優雅な時間ですね^^


お刺身も燻製も美味しそうです!
こんな時間に一杯飲みたくなってしまいました^^

大漁で8時の早上がりなんて最高ですね。
食べきれないほど釣った時は、薫製できるといいですね。
ま、私にはそんなチャンス滅多にないですが…。
鯖の刺身も角が立って美味しそうです。

    てんママさんへ

 いつもコメント有難うございます。
紀淡海峡の朝日も、夕日も美しいです。
魚が釣れなくても、こんな風景を眺められるのは、ちょっとした贅沢です。
釣りたての魚を燻製に出来るのも、贅沢です。
燻製にはビールが合っていて、お腹が出てきました。

亀丸さんへ

 「私にはそんなチャンス滅多にないですが・・・」なんて、ご謙遜を。いっぱい釣っているのを知っていますよ。
角が立っているという表現はいいですね。
新鮮な魚のことを書くときは、使わせていただきます。
「コリコリしてる」なんて芸人の表現はダメですね。
有難うございます。

お疲れさまでございました。
燻製はすばらしい黄金色ですね。

欲をいえばきりがないですが、もう少しサバを釣りたかったところです。

おっしゃっていたアジの開きもおいしそうです。
僕も次回試してみたいと思います。
また、機会があればお声がけさせていただきます。

山 復帰です。

ひまじんさん、ご無沙汰してます。

仕事も慣れ、時間が空いた時に山小屋へ行ってます。
近所の方にお立ち寄り下さったと聞きました。
今年も、水ナス持って行きますので楽しみにして下さい。

山復帰です。よろしくお願いします。

     イレグイ号 さんへ

 こちらこそ、お疲れさんでした。
船頭とすれば、やはり気を使いますよね。
それ、良く分かります。
たくさん釣れたし、私のクーラーにたくさん入れていただいた心遣いにも感謝しています。
アジの干物の燻製も、なかなかのものでした。
塩を控えめに、挑戦してみて下さい。

     エコ夫婦 ご主人様へ

 お帰りなさい。
難しい仕事ですから、慣れるのに大変だったでしょう。
 時たまエコさんの山小屋の様子を見に行っています。
草が生えていると、やはり寂しいですよ。
 来られたら、また寄って下さい。
非公開コメント

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR