森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

鮎の初釣り・・・不調の有田川で

IMG_7291.jpg

 先日、今シーズン初めて鮎釣りに行った。例年6月に入るとすぐ飛んで行くが、今年は全体的に釣果が悪く、行く気をなくしていた。何軒かのオトリ屋に状況を聞いてみても、良い場所に恵まれない限り、10匹も釣れれば上等だと言う。

 だからと言って躊躇ばかりしていては、いつ大水が出て釣りが不能になるかもしれない。とりあえず試し釣りをしようと、わが家から車で15分ほどの有田川に行った。中流域にある馴染みのオトリ屋に行くと、オヤジさんが「あかんで。今朝、水位がガクンと減ったんや」と言う。

 ダムの放水が減ったか、発電用の水が少なくなったかのどちらかだろう。川の水位は、鮎に大きな影響を与えるのだ。特に急激に水位が下がると、鮎の警戒心が強くなり、追いが悪くなる。

 水深が深い場所であれば鮎の警戒心も多少はましだろうと、流れが緩いトロ場に入った。まずは鮎の鼻にハナカンを通し、尾の近くに掛け針の付いたサカサ針を打った。水中糸はナイロンの0・175号、針はキツネ系の6・5号、竿は9mだ。今年初めての鮎釣りだから、竿を持つ手が心なしか震えた。ポイントに鮎の鼻先を向けて放した。

 オトリは気持ちよく深場に入って行った。状況が悪いと聞いていても、やはり期待で胸が膨らむ。岩から岩へとオトリを誘導すること15分ほど。水中で銀色の魚体がギラッと光り、オトリ鮎と掛かり鮎の2匹がもつれ合った。引き抜いてタモに納まった鮎は17cmほど。オトリとして立派に働きそうなサイズである。

 それから30分ほどで3匹釣れた。これは予想していたより良い釣果だ。水中糸の目印を見ていると、私の名前を呼ぶ声が聞こえた。オトリ屋のオヤジである。彼はいつもこうして釣果を聞きに来る。客への参考情報をこまめに集めており、客の信頼は篤い。私は3本の指をかざすと、2、3回うなづいた。「ほー、よく釣ったな」という表情だった。

 その後もポツリ、ポツリと掛かり、ちょうど10匹釣れた。午前中で帰るつもりだったが、上々の釣果に気を良くして午後も続けることにした。お湯を沸かしてカップ麺を作り、腹ごしらえをした。

 午前中とは別のポイントで竿を出した。石の周りでは鮎が群れて腹を返しているが、まったく追わない。これが有田川の現状だと思った。朝のポイントに戻ったものの、こちらもウンともスンとも言わない。1時間半ほどでギブアップして帰った。

 毎年同じことを書いているが、今年も有田川漁協に腹立たしい思いをしている。和歌山の河川の鮎の解禁日は、早い所で5月下旬だったが、有田川と日高川では4、5年前から5月1日に早めてしまった。そんなに早く鮎は育たないので、成魚を放流して釣らせているのだ。言うまでもなく、入漁料の増収を狙ったものである。

 先月、有田川で鮎釣り大会の地区予選が行われ、見物に行った。私の師匠も参加しており、試合後しばらく話をしたが、この名人をしても釣果ゼロ匹で、予選落ちだった。連日多くの釣り人が入る川では、成魚を放流してもすぐに釣られてしまうのだ。漁協には、鮎をじっくり育て、客にいい鮎を釣ってもらおうという志がない。

 この日私が釣った鮎のほとんどは白っぽく、しばらく前に放流されたものだろう。鮎を鼻に近付けても、スイカのような匂いはせず、これでは天然の鮎とは言えない。やはり本物の鮎は、肩をいからせた黄色味を帯びたものでなければならない。

 この日釣った鮎を塩焼きにして食べたが、水っぽく、若鮎の風味に程遠かった。ただ川に入ってみて、天然遡上の鮎の数は多いと思った。これらが本格的に釣れ出すのは、梅雨が明けてからだろう。

IMG_7289.jpg
スポンサーサイト
   14:14 | Comment:2 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 イレグイ号 [URL] #-
渓流釣りをしていたころ、何度か野迫川村の川原樋川へ2年ほど通ったことがあります。よく釣れるのですが、成魚放流のものばかりで焼いてみるとあまりいい香りがしませんでした。
やっぱり養殖ものはダメだと思って稚魚放流しかやっていない日高川に戻りました。天然物はやっぱり違いますよね。

毎年3月になると渓流に行きたいと思いながらもう7年も行けていません・・・。
 2015.06.28 (日) 21:58 [Edit]
  [URL] #-
    イレグイ号さんへ

 川原樋川って、アマゴで有名ですね。
有名になると、成魚放流で体面を保とうとするのでしょうか。
 私のアマゴ釣りは10回未満です。
生石高原に名もないの小さな川があり、アマゴが釣れるのです。
天然ものです。
穴場と言ってもいいかもしれません。
でも藪に覆われ、蛇、マムシが怖く、行く勇気がありません。
 それはそうと、アジ、鯖の大漁ですね。魚屋が開けますよ。 
 2015.06.29 (月) 18:49 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1069-2537ba43
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR