パソコンと梅雨の不機嫌な関係・・・

 パソコンが変調をきたしたのは、梅雨入りの頃だった。その後、状態は次第に悪くなり、インターネットの接続は不安定になるばかりだった。ブログを書いていても、文字の変換に時間がかかったり、ある時は折角書いた記事が消えてしまい、一から書き直さなければならなかった。

 しかし、調子のいい日もあった。パソコンを開ければすぐインターネットとつながり、文字変換など動作も機敏なのだ。そういう日はおおむね天気のいい日だった。とすれば、この変調は梅雨特有の湿度と関係があるように思った。

 ネット回線は、NTTのADSLである。わが国では多くが光回線で、速度も速い。わが家のような山奥にはADSLしか引かれていない。基地局から遠ければ遠いほど通信速度が遅くなり、ノイズなどにも影響を受けやすく、時間帯や天候によっては速度が大きく変化することがあるらしい。

 それにしても状態がひどすぎるので、NTTに電話してみた。係の女性によると、やはりADSLは湿気など天候にも左右されるとのことだ。女性の指示で、電話線を引き抜いたり、モデムのコードを差し替えたりした。すると、劇的にネット接続が改善した。

 ところが数日すると、また不調になってしまった。もう一度NTTに電話すると、遠隔操作で回線を切り替え、通信速度を落としてつながり易くするようにしてくれた。そして翌日には、回線を点検する係員が派遣されてきた。係員は、一時間ほど回線を点検して帰った。

 この時も見違えるように良くなり、いい状態が続いた。しかし長雨になると、また調子が悪くなった。この時は最悪で、インターネットがまったく使えなくなり、NTTに三度目の電話をした。翌日来てくれた点検員は「どうも回線が錆びているような信号が出ています」と言った。計測器で調べれば、分かるのだという。

 結局、回線の錆びは屋外と屋内の二か所あったと言う。このため、湿度が高いとやはり具合が悪くなるそうだが、大きな原因がもう一つあった。ADSLの回線は二股に分かれていて、一方はモデムへ、もう一方は電話機につながっている。実はその電話機が、ネットの電波に悪い影響を与えており、すぐ電話機を買い替えるよう言われたのだ。

 思えば、この電話機はかなり安物だった上、何度も床に落としたことがある。ともかく、やっと原因が分かってホッとした。今はこのようにブログを更新することが出来ている。まずは祝着・・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR