森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

紀伊半島はいまだ梅雨空・・・

IMG_7326.jpg

 近畿地方では20日に梅雨が明けた。この日の朝は久し振りに青空が広がり、いよいよ夏の到来だと喜んでいたら、午後から雨が降り出し、今日21日も降り続いている。近畿と言っても、ここ紀伊半島と日本海側の天気はまったく異なり、ひとくくりに近畿の梅雨が明けたと言われても、実態にそぐわない。

 気象予報士たちは、エルニーニョ現象によって梅雨が長引き、梅雨明けは8月にずれ込むと言っていた。ところが近畿の梅雨明けは平年より1日早く、予報士の面目は丸つぶれだ。世界一に返り咲いたスパコン「京」や、新しい気象衛星「ひまわり8号」を駆使して分析しているのだろうが、気まぐれな自然には翻弄されるばかりである。

 「梅雨明け10日」という登山の金言がある。つまり、梅雨が明けて10日間は最も天気が安定し、登山に適しているというのだ。私もこのセオリーに従い、毎年日本アルプスに登っているが、好天に恵まれてきた。

 その登山だが、実は女房が腰を痛め、今年は私の単独行となってしまった。当初の計画では、南アルプスの荒川三山から赤石岳を縦走する4泊5日の登山を計画していたが、私一人では何かと心細く、慣れた北アルプスに変更した。

 信州方面は19日に梅雨が明けたたため、急いで登山の準備にとりかかった。ネットで北アルプスの天気を調べると、今週は好天が続くとの予報である。そこで女房に「明日の早朝、北アルプスに行ってくる」と言い、パソコンで打った計画表を渡しておいた。

 夕方までに荷物をリュックに詰め、車には登山靴を積み込み、準備万端だ。念のためネットの天気予報をチェックし直すと、何と、登山の一日目と二日目は雨も風もきつく、大荒れの予報に急変していた。登山への緊張感が高まっていただけに、ガックリである。

 予約した宿をキャンセルし、日程を先に延ばすことにした。太平洋上に台風12号が発生し、日本列島をうかがっており、出発はいつになるか分からない。「梅雨明け10日」を信じてもう少し待ってみよう・・・。
スポンサーサイト
   13:12 | Comment:2 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 イレグイ号 [URL] #-
今年は7月に入ってから台風の連続した襲来で悪い天気が続いていますね。
私もずっと釣りに行けずじまいです。
この季節にこんなにブランクが空くことは稀なことです。
明日も釣りに行く準備をしていますが、はたして沖までいけるかどうか・・・

山のほうも急に天気が変わったりすることがあるのかもしれませんが、お気をつけて行ってきてください。
 2015.07.24 (金) 22:33 [Edit]
  [URL] #-
     イレグイ号さんへ

 いやー、参りましたね。
山の天気はくるくる変わり、鮎釣りに行こうと思えば、
有田川は濁流です。
 わが家から住金方面を眺めると、紀の川から流れ出た水で茶色に濁っています。
イレグイさんもさじやイライラが募っているでしょうね。
釣りには、水潮は良くないんですよね。
お互い、困ったことです。
 2015.07.25 (土) 18:36 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1075-178411df
 
 
カレンダー
 
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR