旧友3人がわが家を訪ねる

 高校時代の旧友3人が、遠路はるばる紀伊山地のわが山小屋へ遊びに来てくれた。私たち夫婦が、イノシシやシカの出没する山間奥地でどんな暮らしをしているのか、興味があったのだろう。

 われら4人は北陸の小さな町の高校に通い、それぞれ大学に進学した。一人は食品メーカーに就職し、国民食とも言うべきカレーの開発に打ち込んだ。彼の「舌」は会社から頼りにされ、今も働いている。もう一人は大手商社で木材を扱い、ボルネオなど南の島を渡り歩き、木材買い付けに奔走した。

 3人目は一番の成功者かもしれない。機械メーカーに勤めた後、獣医を目指したが挫折。その後曲折があり、今は二つのホテルを経営する大金持ちだ。一番出来の悪かった私はマスコミ界に進み、詐欺師やヤクザの親分などややこしい人間とも付き合ってきた。

 旧友たちとは年3、4回、下手なゴルフを楽しんでおり、今回は私への偵察を兼ね、和歌山のゴルフ場でプレーすることになった。お互い電子メールで近況を知らせたり、連絡を取り合っており、今回の遠征の打ち合わせもメールでやり取りした。

 わが家に到着したら近くの温泉で汗を流し、その後、裏庭でバーベキューをすることになった。そこでホテル経営の彼はメールで、「近江牛を2キロ持って行く」と他の二人に呼びかけていた。これを見て私はすぐ、「2キロも食べられない。1キロでいい」と返信した。

 色々とやり取りがあって、結局肉は1・5キロになった。接待する側の私としては、自分で釣ったアオリイカや鮎、ガシラの料理を出すので、とても1・5キロも食べられまいと思ったが、案の定1キロも残った。滅多に口に出来ない有名ブランドの肉が残ったのだから、それはそれで喜ばしい。

 それにしても、一夜のバーベキューで2キロもの焼肉を食べようという彼らの発想が驚きだった。もう結構な年寄りなのに、そろって健啖家であり、大酒飲みである。私は近年、たくさんの肉を食べられず、せいぜい150グラムが精一杯なのだ。

 長生きする人は、人一倍肉を食すると聞く。肉より格段に魚を愛する私は、男の平均寿命を超えられるか心配だ。最近は以前みたいな空腹感がなく、食が細くなっているように思う。これも年を取ったせいだろうか。性欲は論外だが、食欲までなくなったらこの世も終わりだ・・・。


     ↓ 昨夜も肉を囲炉裏で焼いて食べた。

IMG_7684.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR