森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

青魚の成分はボケ防止・・・アジ、イワシを釣る

IMG_7738.jpg

 先月、紀淡海峡に面する港を見て回った時、子供が5、6cmほどのアジをたくさん釣っていた。これくらいのアジを「豆アジ」と呼ぶが、小さいからと言って馬鹿にしちゃいけない。空揚げにすると実においしい。その豆アジも、9月も半ばを過ぎれば10cm以上に成長しているはずだ。そんな期待を込めて、女房を連れて港をあちこち偵察した。

 まずは湯浅湾の広港、唐尾、三尾川などを回ったが、釣れないのか釣り人の姿がなかった。近くの餌店では「暗くなれば釣れるかもしれないが、余り期待できない」という返事だ。そこで湯浅を北上、有田川河口に近い餌店に立ち寄ると、「初島あたりで、2、3日前から釣れ出した」という朗報がもたらされた。

 さっそく、この店で撒き餌のアミエビを300円分買った。軽トラにはちゃんと釣具一式が積んであり、準備には怠りない。釣れ出したという初島は、東燃ゼネラル石油の精製工場があり、巨大タンクが林立している。大きな港には直接車を乗り入れることが出来るので、人気がある。今頃はアジ、イワシ、カマス、グレなどが釣れる。

 3時半ごろ港に着いた。手前の岸壁では2人がアジを狙っていたが、1匹も釣れないという。少し沖合いの岸壁には、10人ほどがいた。朝から釣っていた人は、アジを50匹とウルメイワシを200匹ほど釣ったと言い、私たちと入れ替わるように帰って行った。

 岸壁の中ほどに陣取り、手製のサビキ仕掛けを入れた。すると、いきなりイワシが3連で釣れた。女房も順調に釣っている。それから1時間ほどすると、私にアジが釣れた。14、5cmはあり、豆アジと呼んではアジに失礼だ。

 イワシは女房がこれでもかと言うほど釣っているので、私はアジ釣りに専念した。と言っても、アジより先にイワシが食いついてしまうので難儀だ。イワシの当たりがあってもお構いなしに、アミの入ったカゴを海底まで沈め、当たりを待つ。すると、いきなりノべ竿が絞り込まれ、キューンと糸が鳴ってアジが釣れる。何とも小気味いい。

 私がアジを連続して釣るので、女房も大いに焦っている。次第に無口になり、しまいには「どうやって釣るの?」と白旗を揚げた。仕掛けを竿一杯に下し、海底で食わせる。カゴからアミを出したら、竿を静止させて待つ。これがコツだが、女房は辛抱できずに竿を上下させてしまう。ガシラはよく釣る女房だが、アジはどうも勝手が違うようだ。まぁ、10年早い。

 私はアジを40匹ほど釣ったが、女房は2、3匹だけ。ウルメイワシは数え切れないほど釣れた。少し暗くなり始めた頃、カタクチイワシの大群が押し寄せ、海面が泡立った。体調7cm前後だが、こちらも釣れた。

 渋る女房をせき立て、帰る準備をした。早く帰ってアジの寿司を食べるのが楽しみなのだ。面倒だが小さなアジを三枚に下し、握り寿司にする。上に載せるネギと生姜が味を引き立てる。アジは小さいけれど脂が乗り、おいしい。二晩続けて食べた。軽々しくこんな言葉を使いたくないが、これぞ絶品なのだ。回転寿司より断然上である。

 ところで、テレビの通販番組で「DHC」という言葉を聴かない日はない。青魚に含まれる成分で、血液がサラサラになると宣伝している。DHCを摂取すると脳の細胞膜が柔らかくなるそうだ。ボケが忍び寄る私にはいいかもしれないが、何もわざわざ通販で買わなくても、こうして釣ればいい。イワシもアジも一夜干しにすれば保存がきく。

IMG_7731.jpg

IMG_7734.jpg

IMG_7741.jpg
スポンサーサイト
   10:16 | Comment:2 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 イレグイ号 [URL] #-
イワシというのは、「七回洗えば鯛の味」っていうほどですから、おいしい魚ですよね~。
僕もそれなりにいろいろな種類の魚を釣ってきましたが、釣り上げて一番美味しそうと思うのはやっぱりイワシです。(ただし、釣りたての新鮮なものにかぎりますが。)

おととしの11月にたくさんイワシが釣れると聞いて行ってみたのが最後ですが、いつでも行けるように、それも大量に捕れるように、テグスで編んだ手網も用意しています。でもそれ以来、いい話を聞きません・・・。

とにかく、魔法使いが僕の耳元で、「今魔法をかけてやった。お前はこれから一生、1種類の魚しか食べられない。何にする?」つぶやいたなら、迷わず、「イワシにしてください。」って言います。
 2015.09.16 (水) 22:25 [Edit]
  [URL] #-
    イレグイ号さんへ

 「七回洗えば鯛の味」・・・そんな言い方があるのですか。初めて耳にします。
新鮮なイワシはそれほど美味しい。それはよく分かります。腹を親指でしごいて背骨を外し、生で食べると最高ですね。
イレグイさんの最後の晩餐の一品。私は小アジの握り寿司です。
 あの日、カタクチイワシが湧いていましたから、テグスで編んだ手網があれば、クーラー一杯になったでしょうね。
 2015.09.17 (木) 18:55 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1087-75214aa2
 
 
カレンダー
 
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR