森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

台湾旅行・・・願いを込めたランタンが失速

 5泊6日の台湾旅行中、楽しみの一つは早朝の散歩だった。台北市の繁華街の同じホテルに泊まっていたが、私は女房や娘たちより1時間は早く起き、散歩に出かけた。朝の街は静かだし、台湾の素顔もそれなりに知ることが出来る。

 私はひどい方向音痴なので、女房から「真っ直ぐ行って、真っ直ぐ帰って来ること」とやかましく言われている。そこで毎朝、ホテルを出て右へ真っ直ぐ行き、その先にある「国父紀念館」の公園に行った。公園までは15分ほどの距離で、太極拳や武術、ダンスを楽しむ人たちを眺めながら、ここで半時間ほど過ごした。

IMG_8063.jpg

IMG_8048.jpg

 ところで台湾の「国父」とは誰だろう。私はてっきり蒋介石だと思っていたが、孫文なのだ。蒋介石は共産党との戦いに敗れ、台湾に逃げて国民党政府を樹立した。しかし辛亥革命で清朝を倒した孫文はそれほど台湾と関係がない。蒋介石は二・二八事件で台湾人を弾圧したので、国父にふさわしくなかったのだろう。

 散歩の道すがら、ビルの看板を見ながら、そこに書かれた漢字の意味を推理するのも面白かった。しかし、ほとんど意味が分からなかった。台北は美容整形の看板がやたら多く、整形大国・韓国にも劣らないのではないかと思った。看板の文字から色々推測してみたが、「隆乳」という文字だけがストンと胸に落ちた。

IMG_7960.jpg

IMG_7962.jpg

 さて今日の観光は、盛りだくさんである。地下鉄とバスを乗り継いで、まずは「十分」という町へ。山間のひなびた町である。うだるような暑さの中、川沿いに30分ほど歩くと滝があった。日本人の感覚で滝といえば、那智の滝のような高度差に感激するが、ここの滝はナイアガラそのものだ。幅が40mと小型だが、美しい滝だった。

IMG_8078.jpg

IMG_8086.jpg

IMG_8091.jpg

 ナイアガラの見物を済ませ、さらに歩け、歩け。半時間以上は歩いただろうか、線路の両側に軒を連ねる商店街に着いた。ここが有名なランタンを揚げる場所なのだ。ランタンは紙で出来ていて、その四面に墨で願い事を書き、油をしみ込ませた燃料に火を付けて飛ばすのだ。

 もちろん私たちも飛ばすことにした。私は「夫婦で長生き、娘に良縁を」と書いた。娘は「お金と」と露骨なお願いである。ランタンに火を付けると、順調に上がった。中には建物に衝突するものがあったが、こちらは順調に上昇気流に乗った。しかし、どうした訳か他のランタンよりも手前で降下していった。願いは叶うのか・・・。家族みんなで苦笑した。

IMG_8098.jpg

IMG_8100.jpg

IMG_8103.jpg

IMG_8113.jpg

 ランタンの町から電車に乗り、瑞芳という駅で降りた。観光地の玄関のような町で、小さな商店がたくさんあり、屋台を集めた食堂で昼食を摂った。私は女房たちとは別の屋台に入り、現地の人が美味しそうに食べていた同じ焼きそばを注文した。エビ、貝、レバー、豚肉などごちゃ混ぜだが、美味しかった。

IMG_8121.jpg

IMG_8118.jpg

IMG_8119.jpg

 午後の観光は、バスで「金瓜石」地区へ行く。このエリアには黄金博物館があるように、昔から金が採掘されていた。日本統治時代も盛んに採掘され、日露戦争の戦費にも使われたとのこと。坑道や精錬所の他、日本人の社宅「四連棟」など統治時代の建物などが保存されている。四連棟の外観や居室も日本の懐かしい作りになっていた。

IMG_8128.jpg

IMG_8134.jpg

IMG_8133.jpg

IMG_8139.jpg

IMG_8140.jpg

 金鉱のある「金瓜石」からバスで下りて行くと、一気に前が開け、眼下に台湾でよく見かける美しい寺院があった。

IMG_8156.jpg

 寺院のすぐ近くにセブンイレブンがあり、この脇を入ると土産物店が所狭しと建ち並ぶ商店街だ。日本人観光客の定番コースらしい。宮崎駿監督のアニメ「千と千尋の神隠し」に出てくる赤い提灯などの風景は、ここを参考にしたらしい。

 娘は何年か前にここを訪れ、烏龍茶を飲みながらボーッとしていたらしい。この日も同じ店で烏龍茶を飲んだ。お茶好きの娘には飲み方など一家言があり、口うるさい。私は味音痴なのか、烏龍茶を特別美味しいとは思わなかった。娘の烏龍茶の品定めに付き合った後、長い石段を登り、帰途についた。

IMG_8170.jpg

IMG_8173.jpg

IMG_8160.jpg

IMG_8157.jpg




スポンサーサイト
   07:03 | Comment:2 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 イレグイ号 [URL] #-
半径10キロでしか生きていないので悲しい限りですが、こんな屋台で食事をするのが夢です。
開高健のエッセイに度々出てくるのですが、屋台の前でうんこ座りをして、ちょっと縁の欠けたお椀に入った料理を口に入った骨のかけらなんかを地面にペッと吐きながら食べるのが一番おいしいらしいです。
想像するだけで・・・。
 2015.09.29 (火) 20:34 [Edit]
  [URL] #-
    イレグイ号さんへ

 いかにも開高健独特の言い回しですね。
ワイルドで、正統に難癖をつけ、斜めに物を見る・・・。
もう30年以上前だったと思いますが、囲炉裏で対談する番組がありました。環境派の女性相手に猥談をかまし、手玉にとっていた師の腕白少年の表情が忘れられません。
 自然薯ですが、まだ葉は色づいていません。まだしばらくかかると思います。連絡します。
 2015.09.30 (水) 18:26 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1090-5afa9189
 
 
カレンダー
 
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR