森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

魚は釣れず、そして・・・最悪

 ちょうど1か月前の9月上旬、由良湾でガシラ釣りをし、13対4匹で女房に惨敗した。これに気を良くしたのか、以来、女房は釣りに行きたいと言い続けていた。台湾旅行から帰り、生活も落ち着いてきたので、ボートを出すことにした。

 私はアオリイカを釣りたかった。ガシラと同じようなポイントなので、女房は退屈しないだろう。実は紀伊水道の波止場で、イカの生き餌となるアジが釣れなくて、みんな四苦八苦している。餌店で買えば1匹130円もの高値だ。

 そこで、湾の奥のポイントでアジを釣ることにした。しかし、近くの漁師に聞いても芳しい情報はなく、釣れれば儲け物くらいの軽い気持ちで竿を出した。私が仕掛けをセットしている間、女房が手でアミエビを撒いてアジを寄せる手はずである。

 女房に竿を手渡すと、もうマアジが2匹釣れていた。簡単に釣れると思っていなかったので、驚くというより動転した。アジを生かしておくバケツにも海水が入っていない。慌てて私も竿を出したが、全部で5匹釣れたところで、当たりがピタリと止んだ。

 アジは回遊しているので、どこかへ行ってしまったのだろう。あと1時間早くここへ来ていれば、かなり釣れていたに違いない。生かしたアジは3匹だけ。これでは足りず、頑張ってみたがダメだった。その間に女房はいい型のカワハギ3匹とアイゴ1匹を釣った。結局私はここでアジ1匹だけ。女房は「今まで何してたん」と批難した。

 生かしてあるアジは3匹だけだが、ともかくイカを狙うことにした。例年この時期、イカが本格的に釣れ出すが、今年はどうも不調と聞く。そのせいか、波止場でイカを狙う釣り人は少ない。やはりと言うべきか、2時間粘ったが、まったく当たりがなかった。

 ガシラ釣りに転じたが、こちらも活性が悪い。しかも少し波が出てきて、ボートが上下するためアンカーの爪が岩礁に掛かりにくい。女房はガシラやベラを3匹釣っており、まだやる気満々だが、私は気力をなくした。漁港に引返して弁当を食べた。

 このまま帰るには、ちょっと消化不良気味だ。夕方まで待てばアジが釣れるのではないかと思った。何の根拠もないが、私のたまに当たる直感である。午後2時半ごろ、再び漁港を出発し、朝にアジを5匹釣った同じポイントに向け、ボートを走らせた。

 サビキの仕掛けを下ろすと、ウリボウ(イサキの子供)が湧いてきた。体長が10cm未満なので、釣っては捨て、釣っては捨ての繰り返しだ。半時間ほどすると、あれだけいたウリボウが姿を消した。これを合図に、いきなり竿先が海中に引き込まれ、糸がキュンキュン鳴るほど引いた。

 上がってきたのは、尾びれがが真っ黄色のマアジである。体調は20センチほどの立派なサイズ。よく肥えていて、しっかり脂が乗っていそうだ。わずか半時間ほどだったが、私は20数匹釣った。妙に女房の口数が少ないと思ったら、2、3匹しか釣っていないと言う。ま、経験の差だわな・・・。

 明るいうちに帰りたいので、エンジン全開で走った。15分ほど走ったところで、エンジンの調子がおかしくなり、やがて止まってしまった。スクリューを点検すると、白いレジ袋が巻き付いていた。これを取り除いて、エンジンをかけたが、何回試みてもかからない。

 知り合いの漁師に電話して助けに来てもらおうとも思ったが、幸い1キロほど逆に走れば別の港がある。しかも追い風だ。これなら手漕ぎで港に辿り着ける。全力で漕ぎ、汗が噴き出た。前に座っている女房は、「前に進んでいるので、そのうち着くやろ」とのんきなことを言っている。何とか半時間ほどで港に着いた。

 女房は通りがかりの車に乗せてもらい、隣の港へ軽トラを取りに行った。沖でトラブルにならず、不幸中の幸いだった。翌日、めっぽう機械に強い仲間のPに点検してもらったら、プラグがダメになっていた。いつも予備の新品のプラグを携行しているので、取り替えたが、慌てていてちゃんと根元まで差し込まれていなかったらしい。

 イカが釣れなかった上、エンジンが止まって手漕ぎで帰港する破目に。踏んだりけったり、弱り目に祟り目、泣きっ面に蜂とはこのことだ。苦し紛れにあえて言えば、その夜食べたアジが美味しかったくらいだ・・・。

IMG_8194.jpg

IMG_8202.jpg

IMG_8204.jpg


 

スポンサーサイト
   07:46 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 亀丸 [URL] #-
災難でしたが、ご無事で何よりでした。
私も経験ありますよ。
私は元々手漕ぎで釣りをしてましたので、そこまで大変とは思いませんでしたが…。

やはり、今年はアオリが不調なんですかね。
私もさっぱりです。
 2015.10.08 (木) 14:48 [Edit]
 イレグイ号 [URL] #-
ああ~、不幸中の幸いでしたね。
僕も紀淡海峡の手前で大きなビニールシートをひっかけてえらい目に遭ったことがあります。
http://blog.goo.ne.jp/matufusa/e/9774d214097876197233eec90a3b9523
海というのは本当に侮ってはダメですね。

アジはこの季節、美味しいでしょう。脂がものすごく入ってるので、さばいている最中からよだれが出てきそうです。

 2015.10.08 (木) 21:49 [Edit]
  [URL] #-
    亀丸さんへ

 漁港に近かったの良かったです。
もっとも、新品のプラグに取り替えましたが、
きちんとねじ込んでおけば問題はありませんでした。
あわて者です。
 今年はアオリイカが不調ですね。
やはり亀丸さんも釣れませんか?
来週も挑戦してみるつもりです。
 2015.10.09 (金) 08:44 [Edit]
  [URL] #-
    イレグイ号さんへ

 5年前のブログを読ませていただきました。
これは、私の比ではありませんね。
下手をすると四国まで流されますね。
ビニールを取り除くイレグイさんの悲壮な形相が浮かんできます。
 アジはよく脂が乗っていました。
捌いていると、手にべっとり脂が付きます。
女房は釣るのが楽しいのですが、私はアジを食べるのが楽しみなのです。
 2015.10.09 (金) 08:54 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1092-31812cb1
 
 
カレンダー
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR