森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

カワハギの刺身を肝のタレで食べる

 ちょっと前まで暖かい日が続いていたが、ここに来て一気に冷え込んだ。今朝、玄関先にぶら下げている寒暖計を見ると6度である。霜が降るほどの冷気でないが、旧暦の二十四節気では「霜降」である。標高800mのここ生石高原では、来月初めには霜が降るかもしれない。

 ウッドデッキから紀淡海峡を眺めていると、西の空に十三夜の名残りを留める月が浮かんでいた。旧暦の本を広げると、そこに書かれた旬の食べ物は、自然薯とカワハギだった。つい先日、自然薯を掘ってとろろ汁を食べたので、次はカワハギを味わう番だ。

IMG_8278.jpg

 と言うことで、今回はカワハギ釣りの釣行記である。十三夜の早朝、軽トラにボートを積んで由良湾に向かった。生石高原を下ると、前方の湯浅湾の上空に大きな満月が出ていた。その月明かりに、収穫期を迎えた鈴なりのミカンが照らされ、実に美しい光景だった。

 狙う魚はカワハギだけではなく、その前にアオリイカを釣りたいと思っていた。湯浅の釣具店に立ち寄ると、店員が「イカは釣れんなぁ。餌の生きアジが売れなくて困っている」と言っていた。今頃の時期、いつもはイカ釣りの人で混雑する岸壁に人影が見えない。期待がしぼんだ。

 由良湾のいつものポイントで、サビキの仕掛けでアジを狙った。半時間ほどアミエビの撒き餌を続けたが、ウリボウなど餌取りの当たりすらない。少し移動して釣りを再開したが反応はなく、そろそろガシラ釣りに行こうとしたその時、女房が「来た!」と声を上げた。海面を覗くと、確かにアジが群れになって泳いでいた。

 すると竿が激しく引き込まれ、アジ特有の引きが伝わってきた。待望のアジである。上がってきたのは、丸々太り、全身が黄色の20センチほどのマアジである。伊豆方面の料理屋では、「黄金アジ」などと呼んでブランドのように宣伝しているが、釣ったアジも金色に輝いている。イカの餌にするのはもったいないくらいだ。

 しばらくすると、女房がアジに走られバラしてしまった。これを合図のように、まったく釣れなくなった。最低でも10匹は釣りたいと思っていたが、ブクブクの付いたバケツで生かしてあるのは5匹だけ。まぁそれでも釣れて良かった。さっそくエンジン全開でイカのポイントに向かった。

 着いてみると、南風がかなり強い。とりあえずアジを付けて飛ばした。やがて竿が少し曲がり、ジリッという音をたて、少しだけ糸が出た。しばらくして竿を持ち上げると、軽い。イカがアジを離したのだ。アジの首に噛んだ小さな痕があった。アジよりも小さいイカが食い付いたのだろう。

 白波も立ってきたのでイカを断念、カワハギ釣りのポイントに向かった。ここは背後の山が南風を遮り、ボートも揺れず釣りやすい。カワハギ専用の仕掛けを海底に下ろして10分ほど経ったころ、私の竿に「コツン」という小さな当たりがあり、すかさず竿を撥ね上げた。すると、グイーンと引き込まれ、右に左に走った。釣れたのは中型のカワハギだった。

 女房も順調にカワハギを釣っていた。やがて、竿を満月のように曲げた。やっと浮いてきたカワハはレギュラーサイズよりふた回りくらい大きく、腹が肝でパンパンに膨らんでいた。まことに美味しそうである。

 餌はアサリのむき身を使っていたが、なくなったのでスーパーで買っておいた缶詰のアサリを針に刺した。これがどうした訳か、さっぱり釣れなくなったのだ。缶詰のアサリはボイルしてあり、どうやら生餌でないと食わないらしい。少し未練があったが、午前11時ごろ帰港した。

 結局、二人で15匹釣れた。その夜は生石高原の中腹で田舎暮らしをしているご夫婦を招き、鍋を囲んだ。大きなものは刺身にし、肝を醤油で溶かしたタレで食べた。グルメ番組のバカタレタレント風に表現すると、「甘ーい」「コリコリしてるぅ」となる。軽々に使いたくないが、これ絶品。

 この記事では「カワハギ」と書いているが、私たち関西人は「マルハゲ」と呼んでいる。菱形をした魚の形が丸いので、そう呼んだのだと思う。ただ女房が「マルハゲ」「マルハゲ」と呼ぶと、イラッとする・・・。

IMG_8275.jpg

 
スポンサーサイト
   07:06 | Comment:5 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 亀丸 [URL] #-
カワハギの胆ダレの刺身、ヨダレか出そうです♪
やはり、アオリは不調なんですね。
先日、やっと8杯獲りました。
かなり粘ってしまいましたが…。
何だかカワハギが釣りたくなってきました。
カワハギは難しい釣りですが、流石ですね。
リレー釣りで15匹とは…。
で、奥様との釣果の明細は?(笑)


 2015.10.30 (金) 14:06 [Edit]
  [URL] #-
    亀丸さんへ

 えっ、8杯・・・。いいなあ。
水温が下がって、食い出したのでしょうか。
こちらはさっぱりですが、ねばってやれば釣れるのかもしれません。1時間もしないうちに退散していてはダメですね。
カワハギ釣りは、女房と互角ですね。
私と互角というのが、腹立たしいのです。
 2015.10.30 (金) 18:38 [Edit]
 やまぜん [URL] #-
カワハギ良いっすね!
これから寒くなれば肝パンやし。。。
鍋も最高ですね!
森暮ひまじんさん、 2015.11.01 (日) 12:06 [Edit]
  [URL] #-
    やまぜん さんへ

 もう、肝は大きくなっています。
薄作りに肝ダレ、最高です。
奥さんとカワハギ釣りはいかがですか。
この釣りは詳しくありませんが、磯際ならどこでも釣れるのではないでしょうか。
 2015.11.02 (月) 17:47 [Edit]
 やまぜん [URL] #-
磯際で、砂地が良いんですかね?
アオリイカも釣りたいし。。。
真鯛も釣りたいなぁ(笑)
カワハギ 2015.11.02 (月) 19:01 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1100-069b5b4c
 
 
カレンダー
 
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR