森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

今年最後のボート釣り、アオリイカにガシラ・・・

IMG_8369.jpg

 雪国の生まれなので、寒さには強かった。真冬でも素足でいることが多かった。しかし、年を取るにつれて寒さが身にこたえるようになり、釣りに行ったり、外で作業をしたりするのが億劫になっている。

 生石高原で暮らすようになって7年になるが、最初の5年は冬もここで暮らしていた。しかし高地にあるわが山小屋の寒さは耐え難く、冬の間だけ大津の自宅に帰るようになった。今年もあと数日で高原を後にする予定だ。

 大津へ帰るまでにあと一回、釣りに行きたい。そんな思いが通じたのか、波のない釣り日和が巡って来た。早速、軽トラにボートを積んでいつもの由良湾に向かった。私はアオリイカ、女房はガシラを釣りたいが、釣り場が異なるので釣りの時間をどう配分するか、悩ましい。

 まずはアオリイカから始めた。地磯の近くで竿を出したが、イカの反応はない。1時間を過ぎた頃、やっとフリーにしているリールから、ジリ、ジリッと少しずつ糸が出始めた。泳がせているアジにイカが食い付いたのだ。続いて、イカは猛然と走り、10m近く糸を引き出した。

 一進一退を繰り返しながらイカを寄せた。頃合を見て掛け針のヤエンを投入、慎重にイカへ送り込んで行く。そして、竿を下げて軽く合わせると、うまく掛かったようだ。繰り返し、繰り返し、イカは潜ろうと抵抗する。ようやく玉網に納まったイカは700グラムほどの良い型だ。固唾を飲んで見守っていた女房が手をたたいた。

 しかしその後は当たりがないまま1時間が過ぎ、場所を移動することにし、1キロほど離れた場所でアンカーを入れた。ここでも当たりがなく、女房にガシラを釣らせたいので、そろそろイカ釣りを終わろうと思っていた時だ。激しく糸が出た。イカが乗ったのだ。

 すると、反対側に出していた別の竿からも糸が出た。アジが大きいので、食われるまでに時間がかかるはずで、焦ることはない。1本目の竿のイカを確実に取り込んでから、もう1本に対応すればいい。

 最初の竿にヤエンを取り付け、海中に落とした。どうしたわけか10mほど先でヤエンが前に進まず、ブランコのようになっていた。糸を張ったり、ゆすったりしたところ、何とか海中に入って行った。するといきなりイカが走り、糸を出す暇もなく思わず合わせてしまい、空振りに終わった。

 後悔している暇はなく、もう1本の竿に対応しなければならない。すでに時間が経っていたので、すぐヤエンを入れた。最初のイカより引きが強く、何回も糸を出してやり取りした。ガバッと水面を割ったイカは900グラムはありそうだ。激しく墨を吐き、ボートの片側が真っ黒になった。これで先の失敗が帳消しになり、イカ釣りに踏ん切りがついた。

IMG_8371.jpg

 さぁ次は、女房が得意なガシラ釣りである。ところがバッグの中を調べると、釣りに必要な10号のオモリがない。忘れてきたのだ。これでは楽しみにしていた女房に申し訳ない。釣具店へ買いに行くしかないが、車で買いに走るより、湾の一番奥にある店までボートを走らせる方が早い。

 幸い、店のすぐ近くにボートを繋げる場所があり、オモリを買うことが出来た。それにしても肝心なオモリを忘れるなんて、ボケが回ってきたとしか言いようがない。

 シーアンカーを入れて広い範囲を探ると、女房はまず小さなタコを釣った。クーラーに入れるにはちょっとかわいそうに思ったが、女房は「タコ飯が作れる」と喜んだ。次には、「ウミヒゴイ(海緋鯉)」という真っ赤な魚を釣り上げた。11月9日のブログでも書いたが、女房がこの魚を釣ったのは二度目だ。美味しさは「抜群」と言っていい。

 その後は女房がいい型のガシラを釣り続け、オモリを忘れた時に見せた仏頂面は消えた。計8匹の釣果である。余り言いたくないが、私は2匹だけ。今年はいつも女房に負け続け、最後の釣りも大敗に終わった。ただし、この日の釣果を金銭に換算すると、良型のアオリイカ2杯に軍配が上がると思うが、どうだろう・・・。

IMG_8372.jpg

 あの小さなタコが、翌日、タコ飯になった。哀れ・・・。

IMG_8375.jpg



 《釣果報告》 これより1週間前、漁港の岸壁でイカ釣りをし、2杯釣った。寒さに耐え切れず、昼前に退散した。知り合いの漁師から太刀魚をもらったので、数日間、太刀魚料理を堪能した。

IMG_8353.jpg
スポンサーサイト
   10:59 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 亀丸 [URL] #-
良型アオリイカ2杯とガシラ6匹をお金に換算すると…。
難しいですね。
ガシラも買うとかなり高いですから。
でも、アオリイカはそもそもスーパーとかでは買えないですからね。
大津に帰られる際のお土産ができて、良い正月が迎えられますね♪
 2015.12.01 (火) 14:38 [Edit]
  [URL] #-
    亀丸さんへ

 そうですね、ガシラも結構高いですね。
2匹で1000円くらいでしょうか。
すると、3000円ですから、やはりアオリイカが高いと思いますが・・・。
 それにしても、今年は二桁は釣れません。
年々悪いように思います。
温暖化と関係があるのでしょうか。
海緋鯉も南紀で釣れるそうですから、水温が暖かいのかもしれませんね。
 2015.12.02 (水) 18:49 [Edit]
 イレグイ号 [URL] #-
先週のビッグフィッシングで今井浩次氏が、「女性の方が魚を釣る。」と言っていました。上手下手は別として、女性の方がよく釣るということだと思いました。
だから、ひまじんさんもあきらめてください。
僕の奥さんは魚釣りに見向きもしないのでホッとしています。
 2015.12.02 (水) 22:02 [Edit]
  [URL] #-
    イレグイ号さんへ

 「女性の方が魚をたくさん釣る」
慰めていただき、有難うございます。
イレグイさんのコメントを女房に読ませます。
女房はやる気満々なので、まぁ、いいことですね。
 2015.12.04 (金) 17:52 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1106-e3adc836
 
 
カレンダー
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR