森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

キノコの菌を打つ・・・

 生石高原の山小屋から、冬季限定で大津の自宅に移って3週間ほどになる。例年師走に入ると、高原は氷点下になる日が多いが、こんなに暖かい日が続くとは思わなかった。今は、山を下るのが早過ぎたと後悔している。山小屋にもう少し留まっておれば、ボートを出して釣りが出来たし、焚き火も楽しめたはずだ。

 それに、この陽気でキノコが出ているのではないかと、心配にもなった。そこで先日、山小屋の様子を見に行った。案の定、季節外れのナメコがたくさん出ていた。傘が大きくなり過ぎていたが、もったいないので採って帰った。大根おろしにポン酢で食べたが、味に遜色はなかった。

 シイタケの原木にも、小さな芽がたくさん出ていた。これからはもっと寒くなるので、急に大きくなるとは思わないが、1月か2月に様子を見に行く必要がありそうだ。この秋が暖か過ぎたせいか、シイタケだけでなくヒラタケやクリタケなども余り収穫出来なかった。キノコは微妙に気温の影響を受けやすいのだと思う。

 折角山小屋へ来たのだから、伐採しておいた原木にキノコの菌を打つことにした。2月ごろに予定していたが、その頃は一番寒く、水洟をたらして作業するのが嫌になり、急に早めることにした。シイタケ、ムキダケなど4種類の菌はすでにネットで購入してあり、問題ない。

 原木の数は50本ほどで、乾燥させるためシートをかぶせて積み上げてある。長さ90センチほどの原木を専用の台に乗せてドリルで穴を開ける。直径10センチほどの木であれば、穴は40個ほど。菌をしみ込ませてある鉛筆の先ほどの駒を木槌で打ち付けるのだ。

 穴の開いた木に女房が駒を入れ、私が打ち込む。夫唱婦随の作業である。ドリルで穴を開けるのは中腰のままの作業で、これが結構疲れるのだ。今も腰が痛くてかなわない。

IMG_8454.jpg

IMG_8457.jpg

 山から帰り、パソコンで年賀状を作った。現役で働いていた頃は、300通くらい出していたが、今は次第に減り、100通ほどだ。いつもながら、誰に出すか大いに迷う。本当は50通ほどに減らしたいのだが、なかなかそうもいかない。

 わが家の年賀状は、女房との連名で近況を書くことにしている。今回は、物忘れがひどくなった夫婦のことや、女房の西国三十三か所巡礼の満願、私の白馬三山の登山、山小屋に落ちた雷のことを書いた。宛名を書き終えると、しみじみ1年の終わりを実感する。日々、駆け足で過ぎて行く・・・。

IMG_8459.jpg



スポンサーサイト
   12:06 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1112-940cf062
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR