森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

法隆寺界隈を歩く

 各地に春一番が吹いた数日前、斑鳩の法隆寺に行った。修学旅行の定番コースだが、私は一度も行ったことがなかった。半年ほど前、近くを通りかかったついでに拝観しようと思ったが、拝観料が1500円もしたので、女房が「この次にしましょう」とケチなことを言い出した。

 今回は、女房に昼ご飯をおごる約束で、再訪することになった。法隆寺の駐車場に車を入れ、まずは藤ノ木古墳に行った。未盗掘の石室から馬具や装飾品が出土し、考古学ファンを驚かせたのは30年ほど前だ。その当時、私もそれなりに驚いたが、それ以上のものではなかった。最近は古代にまつわる本も少しは読んでいるので、往時への想像が膨らんだ。

IMG_8628.jpg

 駐車場でもらった地図によると、この近くに龍田神社があり、ここに「金剛流発祥の地」の石碑があると書かれていた。能に興味を持っている私としては、ぜひ行ってみたくなった。法隆寺から歩いて西へ20分ほど歩いた所に、それほど大きくはない社があり、境内の端っこにその碑があった。何の変哲もない碑である。

 金剛流は法隆寺に近いここ戸坂郷で発展したという。このあたりの地図を調べていると、そのずっと東側に、「結崎」という地名があった。世阿弥の生涯を描いた「華の碑文」(杉本苑子著)という小説があるが、その冒頭に観阿弥・世阿弥の一座があった「結崎」という地名が出てくる。やっとその地名に巡り合え、長らく喉につかえていた物が取れた気分だ。

 わが家の本箱からかび臭い「華の碑文」を取り出してみた。冒頭には、薄汚い宿場に星占い、白拍子、歩き巫女、曲舞など漂泊の旅芸人がごろごろしいていたと書かれている。そんな中で暮らす結崎座の猿楽芸人は、近郷はもとより、伊賀、伊勢、河内、和泉、紀伊を渡り歩いた。この斑鳩の地で、世阿弥が成長していったのだと思うと、感慨もひとしおだった。

IMG_8633.jpg

 法隆寺の見学は午後にゆっくり回ることにし、女房がネットで調べた店で昼食をとることにした。ここは法隆寺に近い住宅街の一角にあり、店の敷地には歴史的建造物のような民家が保存されている。店の名前は「cafe布穀薗」で、竜田揚げが名物らしい。写真のようなメニューで、女性受けする店だ。定食は1500円で、結構おいしかった。

IMG_8634.jpg

IMG_8635.jpg

 さて法隆寺だが、さすがユネスコの世界遺産にふさわしく、中身が濃い。結論から言うと拝観料1500円は決して高くはなかった。土塀越しに見る五重塔や金堂などの伽藍からは、飛鳥時代の風が感じられる。旧一万円札(聖徳太子)の透かしにあった「夢殿」も印象的だ。夢殿の一万円札は、高度成長の昭和の記憶を呼び覚ます。

IMG_8640.jpg

IMG_8648.jpg

 楽しみにしていたのは、金堂の釈迦三尊像と薬師如来像だ。私は割りと多く様々な仏像を拝観してきたが、それらはみな、丸みを帯びたふくよかな仏さんである。これに対し、釈迦と薬師の像は極端な面長だ。以前から、異相の仏像を見てみたいと思っていた。初めて対面し、顔立ちがスキージャンプの葛西紀明選手とそっくりなので、思わず噴き出してしまった。

 金堂から連子窓の回廊へ歩いていると、甘いいい香りが漂ってきた。回廊のそばに梅の木が一本植えられており、満開の花が放つ芳香である。この日は、上着を脱ぎたくなる暖かさで、梅の花をめでながら春の気配を感じた。

IMG_8647.jpg

 次に拝観するのは、異様な姿の百済観音だ。飛鳥時代の作らしく、極端な細身で、九頭身くらいのスタイルの良さである。観音さんは人々を救う菩薩だが、この像の前に立つと、こちらが手を差し伸べたくなる。元から法隆寺にあったものではないらしく、各地を転々としたことから流浪の観音さんとも呼ばれた。近年、法隆寺の大宝蔵院に百済観音堂が建立され、安住の地を得た。

        ↓  百済観音
250px-Kudara_kannon_1.jpg

 最後に、あの一万円札の夢殿を拝観し、3時間にわたる法隆寺の見学を終えた。見るべき建造物や仏像が多過ぎて3時間でも足りなかったが、正直、くたくたになった・・・。

IMG_8653.jpg
スポンサーサイト
   07:18 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1127-8647af8d
 
 
カレンダー
 
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR