森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

戦争法・・・山崎豊子さんの遺言

 街を歩いていると、「国民連合政府」を呼びかけるポスターがべたべた貼られ、「戦争法廃止」という文字も踊っている。ご存知、共産党の宣伝ポスターだ。昔の人なら、革命前夜か戦争前夜と間違えそうだが、このおどろおどろしいポスターを目にする度に、失笑せずにいられない。

 国民連合政府・・・。いやはやでっかく出たものだ。共産党の呼びかけで野党が結集し、戦争法を廃止する新しい政府を樹立しようというのだ。いいか悪いかはともかく、今は自民党一強の政治状況である。これを転覆できると本気で考えているのだろうか。あたかも実現できるという幻想を振りかざしているとすれば、共産党らしいプロパガンダである。

 毎日街を歩いているので分かるのだが、1週間ほど前にポスターが作り直され、「国民連合政府」という文字が目立たなくなっているのだ。共産党は野党各党に参院選の候補者調整を呼びかけているが、その際、「国民連合政府」構想を引っ込めると明言した。共産党アレルギーのある民主や維新の党に配慮したという訳だ。

 さらに、これまで各選挙区に候補者を立ててきたが、次回参院選では、民主党などと競合する選挙区では共産候補を引っ込めるという。民主党の岡田代表たちは奥歯で笑いを噛み殺しながら、共産党の話に耳を傾けているように見える。もうこうなったら、毒を食らわば皿までの心境だろうが、この毒の本当の怖さを知って知らないフリをするのは罪が深い。

 万にひとつ、連合政府が実現したとしよう。岡田さんの総理大臣はともかく、共産党の志井委員長が防衛大臣に就任したらどうなるか。自衛隊は憲法違反だから解散し、尖閣も拉致も対話路線の一辺倒。尖閣に五星紅旗が翻り、拉致は核で脅され、なかったことになる。防衛費1兆円は生活保護費にまわされ、街は勤労意欲のない人々であふれる。

 悪い冗談だが、そうとばかりは言えない。民主党が政権についていた時、尖閣諸島で日本の巡視船が中国の漁船(?)に体当たりされたが、漁船の船長は無罪放免、丁重に中国へ送り届けたのである。船長は中国に着くと、花束を掲げて英雄気取りだった。巡視船の修理代も取れず、踏んだり蹴ったり。どこが政権に就こうとも、国の安全保障政策がブレれれば、こうなるのだ。

 安全保障のことを書いたので、ついでに作家の故山崎豊子さんについて一言申し上げたい。私は山崎さんのほぼ全作品を読んでおり、彼女がいかに戦争と平和を考え、人生をかけて思いの丈を綴ってきたか、知っている。私が戦争と平和について書けば、何の重みもないが、山崎さんの言葉には血が滲んでいるように思えるだろう。

 遺稿となった小説「約束の海」の最後に、読者に向けて次のように書いている。これは、今となっては遺言である。

 「戦争に絶対反対ですが、だからといって、守るだけの力も持ってはいけない、という考えには同調できません。尖閣列島の話にせよ、すぐにこうだ、と一刀両断に出来る問題ではありません。自衛隊は反対だ、とかイエスかノーかで単純に割り切れない時代です」

 安全保障法を廃止しなければ、戦争が勃発するという共産党や社民党の政治的宣伝は本当なのか。「除菌しないと病気になる」というテレビCMに通じるものがある。戦争反対は誰でも言えるが、戦争から国を守るのはたやすくない・・・。
スポンサーサイト
   12:02 | Comment:2 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 May [URL] #mQop/nM.
(こんな事を言っていると、平和ボケと言われますが)勉強不足で、日本の政治や、世界の中の日本がどういう状況になっているのか、複雑すぎて私にはよく分かりません。
一部の人たちは、憲法が改正されたら徴兵制になり、また戦争に行かないといけないと、”戦争法”に強く反対しています(?)またはマスコミが煽っているだけ?
私もそう思っていましたが、戦争をする(参加する)のと、国を守るのとは違うのですね。

・・・でも、まだ少し心配。
アメリカ(に限らず軍隊を持っている国)は何でも武力行使に出ますが、その時に日本からも人力を出すことを拒めなくなるのでは・・。うまく言えませんが。国は守るけれども、武力行使に加担は致しません、というのは無理なのでしょうか(言うだけではいけませんから、他の策を出さないといけませんが)・・・だって、いつも武力に武力で、紛争は永遠に続いています。丸腰で話し合いでは殺されてしまいますが、何とか他に方法はないものでしょうか。
無いから、こうなってるんですよね・・・
世界中が更に殺伐としてきている感じがします。
 2016.02.25 (木) 16:05 [Edit]
  [URL] #-
    May さんへ

 コメントありがとうございます。
こちらは戻り寒波でここ2、3日、雪がちらつき、寒いです。
来週当たりから暖かさが戻るとの予報です。春が待ち遠しいです。
 さて、国を守るにはどうしたらいいか。
難しいですね。
外交は経済力、軍事力と無関係ではないと思います。
外交の当事者同士、笑みを浮かべ、握手していますが、
テーブルの下では足を蹴り合っています。
 フィリピンにあった米軍のスービック基地は、国民の反対で追い出されてしまいました。
すると、その隙をつくように中国が南シナ海を埋め立て、軍事基地を作り始めました。
そこでフィリピンは米国に接近しましたが、後の祭りです。
 日本は他国の戦争に巻き込まれないよう、硬軟を使い分けた外交が必要でしょうね。
 2016.02.26 (金) 16:58 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1129-5a2d7bdd
 
 
カレンダー
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR