森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

紫香楽宮にもし大仏があったら・・・

 私の家がある滋賀県は、情けないほど知名度が低い。ある研究機関の調査によると、魅力度ランキングは47都道府県のうち、下から5番目の42位だ。滋賀県がどこにあるか聞いても、答えられない若者もいる。苦肉の策と言うか、県名を変えてしまおうという声が一時盛り上がり、「近江県」「琵琶湖県」などが候補に上がった。

 しかし、滋賀には二つも古代の都があったことは、自慢のタネである。天智天皇の「近江京」と、聖武天皇の「紫香楽宮」である。近江京は天下を二分した壬申の乱の舞台となった。紫香楽宮は、まかり間違えば、どえらい観光地になっていたかもしれない。奈良東大寺の大仏さんが紫香楽宮に造られていたかも知れないのだ。

 女房は、聖武天皇のころの歴史や小説にはまっていて、そんな紫香楽宮の跡を見てみたいと言い出した。私は何回か行ったことがあるが、女房は初めてだ。向学心や好奇心があるのは、まことに結構なことだ。紫香楽宮へは大津から車で1時間ほどの距離で、店先に狸が並ぶ焼き物の町・信楽に向かって走った。

 宮殿があったあたりは、山に囲まれたのどかな田園地帯である。1300年ほど前と雰囲気はそう変わらないはずだが、新名神高速道路の開通で高い橋脚が現れ、少し様子が変わった。平城京などと比べると土地は狭く、冬は厳しい寒さになるから、聖武天皇はどうしてここに都を造ろうとしたのか、興味深い。

IMG_8679.jpg

 聖武天皇は「流浪の天皇」だったとする小説もある。平城京を出て難波京や伊勢などを旅し、京都府木津市加茂には恭仁京(くにきょう)を造営、次は紫香楽にも都の造営を進めた。紫香楽には甲賀寺を建立し、大仏さん(毘盧舎那仏)を安置しようという詔(みことのり)を発した。

 民衆は飢餓や疫病に苦しみ、血なまぐさい権力闘争も相次いだ。こんな時に、天皇は平城京に腰を落ち着けず、大勢の護衛を率いてあちこち旅し続けた。紫香楽宮の造営に加えて、大仏さんまで建立しようという壮大な計画は、巨額の出費を要した。建設の役務に借り出された民衆の強い反発は想像できる。そのためか、紫香楽では放火らしい火事が相次いだという。

 造営から3年後、聖武天皇は突如として平城京に帰ってしまった。臣下から新しい都の建設に賛同が得られなかったからだろう。聖武天皇は腰の定まらない人、精神を病んだ人というイメージを持っていたが、現地の学芸員から「難波京から紫香楽京に至る広大な都を一体的に造営しようとしたスケールの大きい天皇でした」と聞かされ、妙にホッとした。

 残念ながら、大仏さんは紫香楽の構想を引き継ぎ、奈良で造られた。歴史に「もし」はないが、大仏さんが当初の計画通り紫香楽の甲賀寺に鎮座していたら、今頃は内外の観光客が長蛇の列をなし、世界文化遺産にも登録されていたかもしれない。県の名前など変えなくても、大仏さんがいてくれたらそんなに卑屈にならずに済んだはずだ。

 そんなことを空想しながら、東西2キロ、南北3キロに点在する遺跡を歩いた。それらは発掘調査が終わり、今は田んぼの下である。実は大正時代以前は、礎石が多く残る甲賀寺のあたりが紫香楽宮跡と思われていたが、その後の調査で、これより2キロほど北に巨大な遺跡群が発掘されたのだ。

 甲賀寺のあったあたりは、薄日が差し込む森の中にある。今にも、輿にかつがれた聖武天皇が現れそうな雰囲気である。あちこちに大きな礎石が残り、いにしえの神秘に包まれている。礎石の遺構からすると、奈良東大寺の四分の一程度の広さで、今後もっと大きな寺院跡が発掘される可能性があるそうだ。

 この近くには銅を鋳造する大規模な工房跡があり、聖武天皇による大仏建立の決意が固かったことは、間違いない。

IMG_8682.jpg

IMG_8683.jpg

IMG_8687.jpg
 
スポンサーサイト
   07:17 | Comment:2 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 ボーダ [URL] #-
ええー? そうなんですか? 意外です。
琵琶湖がドーンとある滋賀県はすごく存在感が大きいと思っていましたよ。昔小学生だった頃、都道府県を全部暗記したときから、滋賀県はすごく目立ってたというのが私の印象です。琵琶湖が目立っていたというか。私の生まれ故郷の山形は何位か知りませんが、もっと知名度が低そうな気がします。
 2016.03.06 (日) 06:28 [Edit]
  [URL] #-
    ボーダさんへ

 コメント有難うございます。
琵琶湖は大きいですが、滋賀という名前の存在感がありません。
県名を変えるというのは少し姑息ですが、県民としては何か思い切った手を考えてほしいものです。
 ちなみに山形は真ん中の22位です。1位は北海道、2位はお隣の京都です。
 私は山形大好きです。鶴岡、酒田もいいし、月山が美しい。田舎で食べた蕎麦は絶品でした。
 2016.03.06 (日) 06:55 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1130-ec9e8161
 
 
カレンダー
 
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR