【夫の日記】 天まで昇れグライダー/生石高原

  今日は、梅雨明けを予感させるような汗ばむ陽気だ。今シーズン初めて半そでシャツに袖を通した。滋賀の自宅から帰ってきた女房とともに、生石高原のススキの大草原を歩きながら、生石ヶ峰(870メートル)の山頂をめざした。
 青い空に、黄色のグライダーが1機、気持ちよさそうに飛んでいる。大草原を渡る風を受けて、グングン高度を上げたかと思うと、急旋回して高度を下げ、ススキをかすめながら、再び高く舞い上がった。


IMG_0616.jpg




 小高い場所に、操縦している人がいた。近づいてみると、グライダーは着陸したばかりのようだ。上空を飛ぶグライダーは小さくしか見えないが、地上に降りるとびっくりするほど大きい。両翼3メートル以上はあるだろう。もちろんエンジンはなく、風だけで自由自在に飛ぶのが不思議だ。
 この人は大阪府の和泉市に住んでいる中年のおじさんで、毎週のように生石に来ているのだと言う。「グライダーはチェコ製で10万円以上するんですよ」と言っていた。日よけのパラソルの近くにも2機あり、操縦の無線機なども入れると、結構お高くつく道楽のようだ。
 私たちギャラリーのために、もう一度飛ばしてくれた。トンビが上昇気流を受けて飛ぶように、ふわりと浮いた。そして頭上に差しかかると、キーンという鋭い風切り音が聞こえた。ははーん、この音だな。ひまじんは若い頃、F1レースを見に行ったことがあるが、あのマシーンの音はやみつきになる。ふわふわ飛ぶグライダーに似つかわしくない風切り音。これも魅力なのだろうと一人合点したのだが・・・



IMG_0604.jpg



 お礼を言って、頂上に向かう。登山道沿いには、オカトラノオが白い花をつけていた。虎の尻尾にそれほど似ているとは思わないが、でも美しい。ニガイチゴも赤い実をつけ、ササユリもあちこちに咲いていた。


IMG_0598.jpg



 頂上は360度の展望である。高野山、護摩壇山、熊野古道の山並み、紀伊水道の島々、紀淡海峡、神戸の町並み、紀泉山脈などが一望できるのだ。しかし今日はもやがかかったようで、はっきりとは見えないのが残念だった。


IMG_0625.jpg



 遠くに、まだグライダーが飛んでいた。この中年のおじさんは、おそらく日暮れまでグライダーとともに過ごすのだろう。何も考えず、何も思わず、いい時間なんだろうなあ。少年のようにキラキラ光る目が印象的だった。


IMG_0626.jpg



    前方の無線塔の近くにひまじんの山小屋がある
スポンサーサイト

コメント

グライダーって飛んでるところしか見た事がなかったです。
そんなに大きなものだったんですね!!!
私も操縦してみたいなあ。。。

何事につけ夢中になっているとき、われわれは少年少女になります、
いや、少なくとも男どもは必ず「少年」になってしまいます。
釣りに行くとキスちゃんがひいたとたん、胸がわくわくし、締めつけられます・・・まるで初恋のようにね、にゃは!

それにしても・・・素晴らしい風景ですね~、惚れ惚れします。

下界は猛暑です。

森のひまじんさん 奥さまこんばんは。
山頂までは涼風で・・・羨ましい限りです。昼間所用で少し歩いたのですが、たち眩むほどの暑さです。今年は多少気温が低いのかなァと思ってましたが、間違ってました。
2日に生石へ登ったのですが、ササユリいいですが、どうしても風などで花の傷みが多いようです。お帰りになった奥さまと、早速ススキ草原を歩かれるなど、宜しオマンナァ・・・です。

ひまじんは乗ってみたい!

 ノルさん、こんにちは。
グライダーって、あんなに大きいとは思っていませんでした。
土曜、日曜になると、グライダーする人がいっぱい来て、
ビュンビュン飛んでいます。
関西では、有名な山らしいのです。

 釣りじいさん、こんにちは。
えっ、胸が締め付けられた経験があるんですか?
羨ましいですねえ。
ひまじんなんか、引く手あまたで、そんな暇がありませんでした。(ウソ)
 この風景が気に入って、山小屋を建てたのです。
いつ見ても、飽きません。
写真が上手だったら、もっと楽しんでいただけるのに・・・

やっぱり苦かった

 kinsan、こんばんは。
ブログで書かれた通り、ニガイチゴは苦かったです。
ササユリも確かに強風で傷んでいました。
久しぶりに歩いて、とても気持ちが良かったです。
女房がいたからですかねえ・・・

暑~い!

 昼間に生石高原でグライダーを飛ばしていた者です。きれいに写真を撮っていただいて有難うございます。しかし今日は暑かったですね!標高800mはあるのに全然涼しくないですよね。季節的には春と秋が一番好きですが、ラジコングライダーをする私にとっては暑かろうが寒かろうが関係ないんです。いつでも最高なんです。生石高原バンザ~イ!
 関西では数少ない高原を愛する一人です。日曜、祝日の天気の良い日は必ずいますのでまた会える日を楽しみにしています。
非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR