山の生活を再開・・生石高原

 朝5時半ごろ、目が覚めた。一瞬、大津の自宅かと思ったが、ロフトの窓から見慣れた森の木々が見え、そうだ、生石高原の山小屋に移って来たのだと合点した。目覚めた時、今なぜ自分がここにいるのか分からないことがよくあるが、それと同じだ。

 やがて、「ツツピー」、「ツツピー」というシジュウガラの鳴き声がにぎやかに聞こえてきた。しばらく耳をすましていると、ウグイスなどさまざまな野鳥のさえずりも聞こえる。街中と違って、山の朝は実ににぎやかである。

 階下に降りてデッキに出ると、わが家の常連客とも言えるヤマガラがすかさず一羽飛んできた。ヒマワリの種を餌台に置くと、一つくわえて近くの梢に止まり、器用に中身を食べている。続いて2羽、3羽とやって来る。長らく留守をしていたが、ヤマガラは餌をくれる私をちゃんと覚えていたのだ。

IMG_9009.jpg

 昨年12月5日から、高原の寒さを逃れて大津の自宅に帰っていたが、今こうやって4か月ぶりに山小屋生活を再開させた。まんが悪いことに、山に上がった11日と翌日の12日は冬のような天気だった。外に出していたバケツの水が薄く凍っており、気温は1度だった。

 寒いけれど、山桜は今が満開だ。若葉と一緒に花を咲かせる山桜は、ソメイヨシノより花の数が少ないものの、日本古来の風雅を感じさせる。西行法師が「願わくは花の下にて春死なむ」と詠んだ桜は、山桜だったはず。往生際の悪い私には、そんな気分になれないが・・・。

IMG_9019.jpg

 引越しの荷物を解く手を休め、生石高原へ散歩に出た。草原では3月に山焼きが行われたらしく、今はススキの新芽が10センチほどに伸びている。ふと、逆U字型をした緑色の芽が見えた。ワラビである。もう出ているのだ。よく探さないと見つけられないが、それでも30分ほどで10センチにも満たないワラビがひとつかみほど採れた。

IMG_9008.jpg

 わが山小屋が誇るタラの大木は、新芽が膨らんでいた。1週間もすればもっちりしたタラの芽が食べられそうだ。木が太いので、芽は大きくふっくらしており、天麩羅にして塩で食べれば最高だ。

IMG_9012.jpg

 コシアブラも鮮やかな新芽が顔を出していた。こちらも1週間ほどで食べられるはずだ。天麩羅にすれば、独特の香ばしさがある。お隣さんの畑には、山ウドの芽が1本だけ出ていた。わが家の敷地にも山ウドが自生しており、株の周りを見てみたが、まだ芽は出ていなかった。山菜の女王山ウドが食べられる日は、そう遠くない。

IMG_9014.jpg

IMG_9016.jpg

 間もなく山菜採りで忙しくなる。水ぬるみ、魚釣りも行かねばならない。女房もやる気満々だ。ボート釣りでは、女房に10連敗以上の惨敗ぶりだ。今年こそ勝ちたいが、どうなるやら。これからも、ボケ防止のため山の生活をレポートしたい。どうか、駄文にお付き合いを・・・。
スポンサーサイト

コメント

お帰りなさい

ちわ!
お久しぶりです!
覚えてますか?
やまぜんです。

春アオリのポイント等色々と教えてもらったものですよ!

今年も山に帰って来たんですね。

春アオリも釣れてるみたいすね!
仕事と家族サービス・天候不良で釣りに行けてません(泣)
近々【平日】に釣りに行きます!

お会い出来たら良いすね!

   やまぜん さんへ

 覚えていますよ。
今年は春から縁起がいい・・・。
アオリイカがよく釣れているそうですよ。
私も近いうちに挑戦しようと思っています。
結果次第でブログに書くかもしれません。
釣れたらということです。
でも、天気が安定しませんね。
天気が良くても風が強く、困っています。

いよいよ山の生活の再開ですね。
今日の和歌山は平地では真夏日となった場所が多かったようですが山の上はこれから春真っ盛りなんでしょうね。
ぼくもまだまだ春を楽しみきれていません。行ってしまった春を巻き戻すべく近いうちに訪ねたいと考えています。
今年もお会いできる日を楽しみにしています。
ご迷惑かもしれませんが、そのときはどうぞ、よろしくお願いいたします。

   イレグイ号 さんへ

 山の生活をスタートさせました。
いろいろやることが多く、忙しいです。
今日は女房と高原で山菜採りに行きました。
ワラビは5~10センチほどのものを採りました。
余りにも小さいですが、柔らかくておいしいです。
山ウドはまったく出ていません。
もしいらっしゃるなら、来週後半か再来週がいいのではないでしょうか。
また状況をお知らせします。

ひまじんさん、
お帰りなさい〜。
生石に帰って来たんてすね(^^) 私も曽爾で、薪ストーブの前でウィスキー飲んでます。明日は山菜採りと屏風岩公苑の山桜の写真でもと思ってます。

    nagahiroyさんへ

 帰ってきました。
街の生活も色々と刺激があって楽しくもありますが、
椅子に浅く腰掛けているような落ち着かない気分でした。
 薪ストーブの前で、ウィスキー。いいですね。
先日は生石でも冬のような天気になり、24時間、薪を焚き続けました。もちろん、ウィスキーをチビチビやりました。
 今年もよろしくお願いします。
非公開コメント

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR