森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

藻の中からアオリイカを引きずり出した・・・

 1週間ほど前、アオリイカ釣りの耳寄りな情報を聞いた。場所は、由良湾の沖の一文字に近い所だ。そのポイントでボート釣りをしていた人が、中型のイカを3杯釣ったという。春イカは秋のようにたくさん釣れないから、3杯は大釣りといってもいい。

 これを聞いて、血が騒いだ。風の強い日が続き、春イカ釣りにはまだ行っていないので、さっそく挑戦することにした。一度幸運に恵まれたからといって、次も幸運があるとは限らない。つまり、柳の下に二匹目のドジョウはいないと言うが、二度あることは三度あるとも言う。

 天気予報によると、昼前から風が強くなるらしい。午前中3、4時間が勝負だ。由良湾の漁港からボートを走らせ、南に向かった。多少波気はあったが、問題はない。又聞きの情報だから、一文字波止の近くと言っても広過ぎて、ポイントはよく分からない。

 岩礁が張り出していて、いかにも釣れそうな場所にアンカーを下ろした。生きたアジを泳がせ、アオリイカに食い付かせる。食い付けば数分待ち、糸に「ヤエン」という掛け針を通して海中に送り込んで引っ掛けるのだ。結構難しい釣法である。

 釣り始めて20分くらい経っただろうか、フリーにしているリールから激しく糸が出た。イカがアジに食い付いたのだ。「もう勘弁してくれ」と言いたくなるほど、走られた。イカを驚かせないよう手前に寄せてくるのは容易ではない。

 寄せては走られ、走られてはまた寄せる。息詰まるような一進一退は、アオリイカ釣りの醍醐味でもあるが、心臓に悪い。この時期は、長く伸びた藻との闘いでもある。イカが藻の中に逃げ込めば、万事休すである。だから、多少強引に、イカを藻の上まで引き上げておかなければならない。ヤエンを入れるのはその後だ。

 手元から20mほどの距離に寄ってきた。イカはそこそこ浮いているはず。ヤエンを投入することにした。ヤエンは糸にぶら下がるようにして進んで行く。糸を張ったり、緩めたりすると、ゆっくりだが前に進む。やっとヤエンが海中に入った。そろそろヤエンがイカに到達しているはずだ。

 少し斜めに合わせを入れると、竿先が絞り込まれ、重量感が伝わってきた。よし、掛かったと思ったが、竿をあおってもビクともしない。イカが藻の中に逃げ込んだか、ヤエンの針が藻に引っ掛かったかのどちらかだろう。こんな時の落胆は、筆舌に尽くし難い。

 強く引っ張れば糸が切れ、イカはもちろん、1500円もしたヤエンも失うことになる。こうなったら、イカとの根気比べをしてやろうと思った。ただこれまでの経験からして、成功の確率は数%だろう。それでも数少ないチャンスを何とか生かしたい。

 10分くらい経った。直接糸をつかみ、引っ張ってみた。何となくだが、糸の張りに弾力を感じた。イカが藻から出たのかもしれない。余分な糸を巻いて、竿の弾力でイカを引き出すことにした。すると、イカは逃げようとして走った。ヤエンに掛かっているのは間違いない。引きは強いが、これ以上糸を出せば、また藻に引っ掛かる。

 強引に寄せた。黄色味を帯びたイカが姿を現した。墨を吐いて逃げようとする。逃がしてたまるかと、玉網を入れた。イカに身をかわされ、また潜ぐられた。やっと網に入ったアオリイカは、贔屓目に見て1・5キロほど。藻の中から引きずり出せたのは、大げさではなく、奇跡に近い。天に昇るような気持ちだった。

 それから1時間ほど、まったく当たりがない。次第に、先客が釣った場所はここだったのだろうかという疑心暗鬼が湧いてきた。場所を替わることにした。そこでも当たりがないので、半時間もしないうちに、また場所替わり。もはや疑心暗鬼のかたまりのようになり、4回もポイントを替わった。

 午前10過ぎから風が吹き出し、退散することにした。結局この1杯だけに終わったが、幸運に恵まれて手にしたものだ。それなのに、もっと釣りたいと欲を出し、ポイントの情報も信じられず、疑心暗鬼になって走り回った。空回りである。まだ修行が足りない・・・。

IMG_9035.jpg
スポンサーサイト
   17:24 | Comment:2 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 やまぜん [URL] #-
午前中で当たりが1回とは、ちょいと寂しいすね!
でも、流石すよ!藻に入られながらもヤエン掛けて取り込むところは!!
今年の藻は?良く育ってますか?去年ぐらいですかね?
天気がねぇ(泣) 2016.04.24 (日) 09:20 [Edit]
  [URL] #-
やまぜんさんへ

 やはり自分の実績のないポイントでは、自信が持てず、あちこちポイント替わりをしてしまいます。
これでは、釣れませんよね。
 今年の藻はそれほどでもありません。
だから、釣り易いですよ。
 藻から引き出せたのは、まったく幸運でした。
また挑戦してみます。
 2016.04.24 (日) 17:27 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1142-6686437d
 
 
カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR