北海道から白樺の苗が届いた・・・

 白樺の苗を山小屋の裏に植えたのは、6月のかかりだった。この苗は、北海道生まれの北海道育ちで、本場の白樺である。ここ生石山の中腹で、田舎暮らしをしている知り合いからいただいた。

 この知人の娘さんは北海道に嫁いでおり、苗を送ってくれたと言う。届いたその日のうちに電話をもらい、苗をもらいに行った。苗は全部で5本、雨が降る中、山小屋裏のテーブルの周りに植えた。

 このテーブルはわが家の応接間のようなもので、訪ねてくれる人たちとともに、珈琲を楽しむ空間でもある。白樺は4、5年で3メートルほどに成長するらしく、白樺に囲まれたテーブルを想像するだけで楽しくなる。

 ところが、うまく根付いたかどうかが怪しいのだ。5本のうちの1本には、米粒よりも小さい緑色の芽がひとつだけ出ているが、他は芽が枯れている。木そのものが枯れたようには思えないので、朝と夕方、必ず苗を観察しているが、芽が出るような兆候はない。

 私に植物の知識がないので半ば諦めかけているが、女房は「枝が折れないので、水を吸い上げていると思う」と楽観的だ。それならいいけれど、芽が出ている1本だけでも育ってほしい。白樺は北海道や信州の高原など寒いところで育つので、ここ標高800メートルの生石高原は気温が低く、いい環境だと思うのだが・・・。

IMG_9242.jpg


 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR