森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

金持ちはケチ・・・その気持ちが分かる

 私たちが暮らす生石高原の別荘地では、道路に覆いかぶさる樹木の伐採が進められている。管理会社の役員が一新され、別荘地の環境美化を進め、資産価値を高めようという意欲的な取り組みだ。住人としてまことに有難い。

 先日、顔を合わせた役員は、伐採した木を自由に持って行ってもらって結構とのことだった。わが家では薪ストーブを使っているので、これまた有難い話である。早速、嫌がる女房の尻を叩いて、木を取りに行った。

 女房が軽トラを運転し、私が歩きながら道路際に集められた木を次々荷台に放り込む。木は薪になるよう長さ1m前後に切りそろえてあり、助かった。手ごろな太さだけを選び、午前中に1回、午後に1回の計2回運んだが、それだけで半月ほど燃やせる量になった。

IMG_9302.jpg

 さまざまな木が伐採されていたが、リョウブという木だけにした。年輪が詰まっていて硬く、良質な薪になる。炭焼きの材としてもいいらしい。ここで彫刻をしている人も、これでスプーンなどを作っており、重宝しているそうだ。

 3年前までは、1年を通じて生石の山小屋で生活していたので、大量の薪が必要だった。その頃は、薪置き場から日ごとに薪が減っていくことに恐怖を感じていた。1日に燃やす薪が20本として、1か月で600本である。5か月だと3000本が軒下から消えてしまうのだ。

 しかし現在は、冬の間だけ大津の自宅で過ごしているので、薪の消費量は少なくなり、備蓄はたっぷりある。おそらく、3年、4年分、いやもっとあるかもしれない。

 だが、それでも不安だ。以前は仲間と一緒に太い広葉樹を伐採し、薪になるよう割ってきた。しかし薪作りの仲間が減り、こちらも体力が衰え、以前のように薪を作ることが出来なくなっている。薪がなければ石油ストーブを使えばいいが、それでは薪ストーブを愛する私の矜持が許さない。小枝を拾ってでも燃やしたい。

 古今東西、「金持ちはケチ」というのが通り相場だろう。お金が貯まれば貯まるほど、減ることに恐怖心を感じ、ケチになる。薪もたくさんため込むと、減るのが恐ろしく、もっと薪が欲しくなる。夫婦で意地汚く薪集めに奔走するのも、そんな理由からで、金持ちの気持ちが少し分かるのだ。

IMG_9307.jpg

 薪の話のついでだが、実は先日、薪ストーブの耐火ガラスが割れた。薪を燃やしていないし、物を当てたりもしていない。女房によると何日か前、「ピシッという音を聞いた」と言っており、その時に割れたのだろう。専門店によると、新品のストーブでもたまに割れることがあると言うが、わが家では3年前に買い換えたばかりで、どうも得心がいかない。

 ストーブはベルギー製の「ドブレ」(760型)で、窓が最も大きいタイプだ。ヒビ割れは左上から斜め右下に20cmほど走っており、もちろん修理不能だ。取り替えに数万円もかかるから、思いもしない出費だ。ちまちまと薪集めをしているのが、馬鹿らしくなった・・・。
 
スポンサーサイト
   09:44 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 りぃー子 [URL] #BH6855UQ
薪ストーブ、素敵ですね。憧れます。
静岡県でも、山の方の別荘地では薪ストーブが活躍する場合もあるようですが、平地では必要ない、というか、多分暑すぎることでしょう。残念ながら夢見ることもできません。

でも、薪集め大変ですね、修理のお値段も・・・


最近何度か熱海に行きました。
つい少し前までは、海岸近くのホテルも寂れて、廃業した建物が多かったのですが、整備していろいろ工夫されたところ、見違えるように快適で素敵な街に変わりました。

整備って、本当に資産価値をあげてくれますね。
今住む街も、計画的に都市計画してほしいものです。
うらやましい 2016.07.10 (日) 16:27 [Edit]
 イレグイ号 [URL] #-
ハハハ・・!
その気持ち、わかります。
僕も、日本酒、ワイン、洋酒(全部安物ですが。)ついつい買ってしまいます。
アイスクリームやとんかつソースまで・・・。
消費するより追加する方が多くて一向に減りません。
お小遣いほ半分は食材に消えてゆきます。

薪割り、お忙しければお声がけいただければすぐにお手伝いに参上させていただきますよ。
小学生まで、ウチのお風呂は薪の風呂でした。
見よう見まねで斧をふるって柴づくりの手伝いもしていました。
足手まといにならないくらいにはお手伝いできるかも・・・。
 2016.07.11 (月) 19:49 [Edit]
  [URL] #-
    りぃー子さんへ

 コメント有難うございます。
こちらは標高800メートルを超える山の中で、とても寒いのです。
ですから、薪ストーブは大いに活躍してくれます。
ただ、薪を作るのは重労働です。いつまで続けられるか、不安です。
 友人の夫婦が熱海のマンションに住んでいます。
ぜひ遊びに来いと誘われているので、熱海の町を見学しようと思います。
 2016.07.13 (水) 18:28 [Edit]
  [URL] #-
    イレグイ号さんへ

 わたしも同じで、酒類がたっぷりないと不安で、焼酎なんか一度に10本くらい買います。
貧乏性でしょうか。小さい頃体験した飢えのせいでしょうか。
 薪作りのお手伝い有難うございます。
原木は写真に写している量の倍ほど集めました。
薪のストックがたくさんありますので、この原木を切るのは数年先になりそうです。
その時は、甘えるかもしれません。
有難うございます。
 2016.07.13 (水) 18:35 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1162-84634bcc
 
 
カレンダー
 
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR