森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

大和ナデシコは絶滅危惧種・・・

 ここ和歌山の生石高原では、ナデシコの花が咲き競っている。秋の七草のひとつだが、今の時期は二十四節気の「大暑」である。里では花火大会がたけなわ、土用のウナギの蒲焼がいい匂いを放っているだろうが、標高800mの高原は、ひと足先に秋の入り口にある。

 花はカワラナデシコという種類で、ススキが波打つ草原の散策道にたくさん咲いている。とくに、南側の県道沿いは多い。中には目もくらむようなピンク色もある。自然は色彩を生み出す魔術師で、その多様さと凄さにびっくりさせられる。

IMG_0017.jpg

IMG_0003.jpg

IMG_0013.jpg

 可憐で清楚な花だ。日本女性を賛美する例えとして、「大和撫子」とはうまく言ったものである。女性学とやらを研究するタレント田嶋 陽子女史から烈火のごとく叱られそうだが、大和撫子は慎ましく、一歩引いて男性を立てる美徳がある。

 周囲を見渡してみても、大和撫子に該当するような女性は少ない。昔は、新珠三千代や八千草薫といった代表格がたくさんいたが、今や絶滅危惧種である。私が思いつくのは、宮沢りえくらいである。もちろん女房など論外だ。

 26日朝の日本テレビの番組で、東京都知事選の候補者の動向が紹介されていた。緑の鉢巻をした小池百合子候補が登場し、有権者の握手攻めにあっていたが、60歳くらいの男性が「いよっ、ヤマトナデシコ、頑張れ」と大声を上げていた。

 うーん、小池さんって大和撫子かなぁ・・・。そんな正直な感想を持った。男性を立てるどころか、男を押しのけ、踏み付けるようなパワーがある。それが有権者の心をつかんでいるようだ。

 ついでに言うと、生石高原ではナデシコとともに、オニユリ(鬼百合)もたくさん咲いている。オレンジ色の花びらに黒の斑点がある。鬼という名が付いているように、毒々しく見えなくもない。いえ別に、小池百合子候補が「鬼百合」と言っている訳ではない。念のため・・・。

IMG_0011.jpg

 政治の世界で、これほど女性が注目された年があっただだろうか。アメリカ大統領選の民主党候補ヒラリー、イギリスの首相になったばかりのメイ、EUを引っ張るドイツのメルケル。世界最大都市の東京の知事に小池百合子候補がもし当選するようなことがあれば、女性パワー全開だ。

 古代中国の故事に、「メン鳥が鳴くと国が滅びる」というのがある。要するに、女が出しゃばるとろくなことがないという例えだろうが、もはやそんなご時勢ではない。日本も、女性の活躍がなければ国の発展、成長はないだろう。大和撫子に郷愁を覚える私のような男は、そのうち絶滅危惧種になるだろう・・・。
スポンサーサイト
   06:35 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 イレグイ号 [URL] #-
僕も古い考えなのかもしれませんが、同じ意見です。
例えば、子育て。
1日のほとんどを保育園に預ける生活というのはどうなのでしょう。
知性の基本や社会での生き方を教えるのはやはり親でしょう。それを他人に押し付けて、世の中おかしいというのはまったくおかしいのではないかと思います。
駅のホームで見る、超ミニに化粧をして多分1冊も教科書が入っていないバッグを持っている女子高生を見るにつけてこの子たちがバ○なのではなく、親がバ○なのだと思ってしまいます。

例えば、女性の社会進出。
ウチの会社だけかもしれませんが、管理職の女性方は独身かDINKsばかりです。
それを不幸とは言うつもりはありませんが、僕の価値観の中にはありません。

国が滅びる=子供をまともに育てられない。と解釈するならば世界は滅亡に向かっているのかもしれません。
男と女(最強はそれに当てはまらない人もいるようですが・・・)が世の中にいる以上、それはそれぞれの役割があるからなのではないでしょうか。
それを無視するということは生物としての存在意義を放棄することではないかと思います。

汚い言葉を使ってしまいました。申し訳ございません。
 2016.07.28 (木) 23:23 [Edit]
  [URL] #-
    イレグイ号さんへ

 こんなことを言うと、人権団体から叱られそうですが、犯罪者と家庭環境は無関係とは言えません。
私の職業的な経験からも、そう確信しています。
子供をまともに育てられない・・・
まさにそんな社会なれば、いずれ国は滅びますね。
人類にとっても危機です。
ライオンや猿など動物の子育は立派です。
 2016.07.29 (金) 06:38 [Edit]
 nagahiroy [URL] #-
女性が活躍出来る場をもっと日本には浸透させるべきと私もずっと思ってますし、少なからずサラリーマン時代に多くのチャンスを与える様に努力して何人かの管理職を育てました。
しかし、都知事の”おっさんばかりじゃないですか”の発言には大変失望しました…あんな女性では、単に男性を敵だと言わんばかりで、単なる対抗意識してしかない様な。何が違う様に思います。特に日本の女性は手のひらで単純な男性を操るほどの懐の深い方が多く、そんな方が社会をも変える大きな力となるのではないかなと…
欧米と同じではなく、本来の日本女性の強さを持った方々に表に出て欲しい。
こんな事を言うと古いと叩かれそうですが…
 2016.08.12 (金) 19:51 [Edit]
  [URL] #-
   nagahiroyさんへ

 墓参りのため帰郷していました。コメント、有難うございました。
 大賛成です。日本女性のしなやかさと秘めた強さを併せ持つ人物がたくさん出てくることを期待しています。
 口数の多い小池知事は、これからが大変だと思いますよ。
有権者にへつらうような公約の数々。果たして実現できるのでしょうか。
通勤ラッシュをゼロにするなど実現できるわけがありません。
口からでまかせと言われても仕方ないでしょう。
年寄りを篭絡して政界を渡り歩いてきた根性はたいしたものですが、どうも私は生理的に好きになれません。
 2016.08.15 (月) 16:49 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1167-6c76bc6f
 
 
カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR