森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

薪ストーブを焚く・・・鮎の有田川は濁流

 台風10号が北上した30日朝、いつものように5時ごろ布団から出た。ロフトの窓から外を見ると、北寄りの風が木々の枝を揺らしていた。階下に下りてテレビの前に座ったが、ひどく寒い。玄関先にぶら下げている寒暖計を見に出ると、14度しかなかった。

 薪ストーブに火を入れることにした。つい先日、煙突掃除をし、ストーブ本体もきれいに磨いた。薪はいつでも燃やせるよう室内に運び込んである。炉に薪を積み、杉を細く割った焚きつけの上に着火剤を置き、火を付けた。うまく燃え上がり、次第に暖かくなった。

IMG_9546.jpg

IMG_9549.jpg

 今回は、西日本の上空に寒気が入り込んだため、気温が下がったらしい。この時期にストーブに火を入れることはほとんどなく、近年では4年前の8月31日がこれまでで一番早かった。まだまだ残暑は厳しく、ストーブを本格的に使うのは10月に入ってからだろう。

 それにしても前日の29日は雨がよく降った。屋根に当たる雨音でテレビの音声が聞こえないくらいだった。気になるのは、有田川の水位だ。高ければ鮎釣りは不能だが、それよりも困るのは、鮎の餌となる石の珪藻が濁流によって飛んでしまうことだ。

 珪藻が削り取られると石は白くなり、川底が白く見える。これを白川と言い、珪藻の付いていない石に鮎は縄張りを作らないから、白川になると釣れなくなるのだ。川の濁りが取れ、珪藻が付き出すまで1週間ほどかかる。

 バケツをひっくり返したような降り方だったので、大方の予想はついたが、それでも自分の目で川を見ておきたかった。山道を15分ほど下り、二川ダムに出た。ダム湖を目にした瞬間、絶望的になった。水は黄色く濁っていた。

IMG_9555.jpg

IMG_9556.jpg

IMG_9559.jpg

 さらに下流に走ると、ダムから物凄い量の水が放出されていた。川幅は通常の倍以上も広がり、濁流が岩を噛んでいた。私が通うポイントには岩が点在するが、それも水面下に隠れていた。鮎はこれほどの大水でも流されることは少なく、岩などの反流する場所を選び、難を逃れているはずだ。

 馴染みのオトリ屋さんに寄ってみた。オヤジさんは老眼鏡をかけ、鮎の仕掛け作りに余念がなかった。「あかんなぁ」と声をかけると、「当分、あかんやろねぇ」と返してきた。オヤジさんは鮎やアマゴ釣りの名手であり、いい加減な情報を言わないから信用が置ける。「新アカ(珪藻)が付いたら、入れ掛かりやでぇ」とうれしいことを言ってくれた。

 家に帰り、デッキに出て紀淡海峡を眺めた。遠く紀ノ川も黄色く濁っており、濁流は太い帯びのようになって海峡に流れ出していた。おそらく、和歌山県の大きな河川は、鮎釣りが全滅だろう。川が回復するまで、せいぜい英気を養っておこう・・・。

IMG_9561.jpg
スポンサーサイト
   16:19 | Comment:0 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1175-1b0413e7
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR