ムカゴご飯は秋の味

IMG_0032.jpg

 ここ生石高原では、ススキの穂が銀色に輝き、紀淡海峡に沈む夕日とのコラボレーションが美しい。その光景を切り取ろうと、カメラマンが連日やって来る。森の木々も色づき始め、間もなく山桜やウリハダカエデが鮮やかな紅葉を見せてくれるはずだ。

 そんな森を散歩するのが日課であり、そのついでにちょっとした楽しみがある。自然薯に付くムカゴを採ってほうばるのだ。小さい頃、道端でムカゴを採り、ポリポリ食べれば腹の足しになった。ポケットを一杯にして持ち帰ると、母はムカゴご飯を作ったり、炒ったりして食べさせてくれた。あの頃のホクホクの味が懐かしい。

 ムカゴは、自然薯の葉が黄色くなると食べごろだ。触れただけでポロリと落ちてしまうので、蔓を揺すらず、そっと採るのがコツだ。先日、例年のように女房とムカゴ採りに行った。わが家から高原への道を歩けば、たくさん採れる。

 採り方は、夫唱婦随よろしく共同作業である。女房が蔓の下に柄の長いタモを差し込むと、私が蔓を揺する。するとムカゴは網の中に落ちる。いい蔓に恵まれれば何十個も採れる。これを散歩しながら採って歩くのはなかなか楽しい。

 ムカゴは、キノコなどの山の幸に比べると控えめな存在だが、なくてはならない秋の脇役だ。自然薯の風味と同じように、山の土の匂いがする。ポピュラーな料理はムカゴご飯だろう。少しもち米を加え、薄い塩味にすると美味しい。ムカゴを10個ほどまとめて揚げる天麩羅も乙なものだ。煮てもいい。

 標高の高い生石高原は、これから一気に晩秋へ向かう。秋は食材が豊かだ。しばらくすれば自然薯を掘り、飛び切り甘い冬アケビ(ムベ)を求めて森を歩く。寒い日が続けば、ヒラタケやシイタケも出てくるだろう。

IMG_0053.jpg

      ↑ ムカゴに原木栽培のクリタケを入れてみた

IMG_0055.jpg


スポンサーサイト

コメント

ムカゴは見たことも食べたこともありません。
調べたら、里芋の赤ちゃんのようで、癖のない味なんだそうですね。
この世には、まだまだ食べたことのないものがあります。アケビも。
実は蕗の薹も食べたことがないんですよ。
根っからの都会育ち・・物心ついた昭和38年頃からずっと都会です。あと生活環境もあったのでしょう。
田舎には興味津々です。

    Mayさんへ

 なるほど、都会育ちでは縁がありませんね。
ムカゴも蕗の薹も飛び切り美味しいかと言われれば、そうでもありません。
要するに季節を味わいたいのです。
四季のある日本ならではの食べ物ですね。
日本では農家民宿がはやっていますが、機会があればどうぞ・・・。
10キロのトレッキング。よくやりましたね。
体力はもう回復しましたか?
非公開コメント

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR