森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

柚子が三つ・・・

 生石高原の山小屋から、2か月ぶりに大津の自宅に立ち寄った。小さな庭は草ぼうぼうになっていた。その片隅に植えてある柚子の木に実が三つ付いていた。これまでに実を付けたのは、確か3回目である。

 十数年前、柚子の木の苗をホームセンターで買って植えておいた。すぐにでも実が生(な)ると思っていたが、10年以上も沈黙していた。それもそのはず、古来から「桃栗3年、柿8年、梅はすいすい13年、柚子は大バカ18年」と言われたらしい。

 「18年」は大げさかもしれないが、何とも気の長い話である。和歌山では古座川が柚子の産地として有名で、山の斜面にへばりつき、たわわに柚子を実らせているのを見たことがあるが、そんな長い年月が必要だとは思わなかった。

 「桃栗3年・・・」の後に続く言葉が傑作である。「女房の不作は60年、 亭主の不作はこれまた一生、あーこりゃこりゃ」だそうだ。女房の不作も気の毒だが、亭主が一生不作と言われれば立つ瀬がない。

 柚子の木の隣にあるブナは、葉が黄色に染まっていて、実に美しかった。このブナは20数年前、京都府南丹市美山町にある京都大演習林「芦生の森」をトレッキングした時、落ちていたブナの実を100個ほど拾い、自宅の庭で生育させたものだ。

 3本だけ芽が出て庭に植えたが、大きくなり過ぎたのでやむなく1本だけにして育てた。幹の太さは両手の指の輪と同じくらいで、高さは8mほどだ。女房は、ブナの根が水道管などに巻き付くので伐れと言うが、極寒の地でもない大津で育つ健気さを思うと、そんな気分になれない。

 さて、今年の冬至は12月21日だ。その頃には大津の自宅に帰り、冬季限定の生活をしているはず。冬至にはカボチャを食べて柚子湯に浸かるのが日本古来の慣わしで、今年実を付けた柚子を風呂に入れようと思う。柚子の強い香りが邪気を払うらしいが、是非そうあってもらいたい・・・。

IMG_0070.jpg

IMG_0074.jpg
スポンサーサイト
   06:54 | Comment:2 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 イレグイ号 [URL] #-
柚子を庭に植えられているのですね。

ここ数年、柚子胡椒を自分で作っていますが、毎年柚子の調達に難儀しています。
青い柚子を使うのですが、これがけっこう高いのです。
百貨店なんかで値段を見ると、1個400円を超えているんです。
スパーでも200円くらい。1年分を作ろうと思うと20個近く必要なのでこれでは柚子胡椒を買ったほうがいいのではないかと思えてきます。

今年はなんとか近くの産直市場で安く買えましたが、叔父さんにそんな話をすると、畑の片隅に柚子の苗を植えてくれました。
しかし、18年もかかるのなら、僕の人生も終わりに近づかないと収穫できない感じですね~。
 2016.12.06 (火) 22:24 [Edit]
  [URL] #-
イレグイ号さんへ

 大津に帰ってきました。
やっとインターネットがつながりました。
生石高原に山菜が出始める頃までに、山の生活を再開させます。
その時には、ぜひおいで下さい。
 柚子が1個400円とはねぇ。
これじゃ、畑に植えるしかないですね。
かなり成長した木を植えても、10年近くかかるかもしれませんね。
 タラの木なら数年で大きく成長します。
山小屋にタラの苗がありますから、植えてみたらどうですか。
 2016.12.07 (水) 10:41 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1194-48216318
 
 
カレンダー
 
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR