森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

中国映画「山の郵便配達」・・・

 中国湖南省の少数民族が暮らす山岳地帯。その長く険しい道を郵便配達の父と息子が歩いて行く。父は長い間郵便配達を勤めたが、足を痛めたため一人息子に跡を継がせた。息子は最初の配達の旅に出発し、父が道案内として同行する・・・。

 これは、1980年代の寒村を描く中国映画「山の郵便配達」の場面である。つい先日、往年の名作を順次上映している「午前十時の映画祭」で女房と一緒に観た。1999年の制作で、海外の映画祭にもノミネートされた作品だ。

郵便配達

 郵便配達は、3泊しながら村々を巡回する過酷な旅であり、父親はこれを40年も続けてきた。村人との温かい交流が味わい深い人間模様として描かれていく。そんな旅のシーンには、日本の原風景に似た美しい農村風景が映し出され、心を打たれた。

 二人はある村で一人暮らしをしている老婆の家を訪ねた。老婆は目が見えず、都会に出て行ったただ一人の肉親の孫が帰る日を待ち続けている。父親は老婆を訪ねる前、息子に配達に来れば必ず立ち寄ってやってほしいと頼んだ。

 父親は、老婆宛ての封書を手渡した。彼女は封を開き、同封されていた1枚の紙幣を胸にしまうと、手紙を読んで欲しいと頼んだ。父親は「お婆さん、元気ですか。僕も元気です。なるべく早く村に帰ります」などと読んで聞かせた。

 そして息子に手紙の続きを読むよう促した。息子は手紙を見て困惑した。手紙は白紙なのだ。息子は父親の秘めた思いを悟り、続きを口にした。老婆を不憫に思った父親は長年、お金を同封して孫からの手紙のように装って届け続けてきたのだろう。

 このシーンの中ほどから、私たち夫婦は涙をこらえ切れなくなった。館内からは嗚咽の声も漏れた。中国の映画やドラマと言えば、乱暴狼藉を働く旧日本兵が登場し、しまいに人民によって撃ち殺されるというお決まりの反日映画である。悪意に満ちた反日映画があふれる中にあって、郵便配達の人情に救われる思いがした。

 この映画の主題は、父と息子の関係にスポットを当てることだ。出張や転勤で家を留守にすることが多かった父に対し、息子はずっとなじめずにいた。素直に「お父さん」とも呼べず、日本語なら「あんた」に等しい言葉を使っていた。

 そんな父と子の関係は、ともに1本の遠い道を歩く中でほぐれて行った。父は自分の人生や仕事について語り、息子は遠く離れた集落から嫁いだ母の苦労などを語る。ある時は、息子が父を負ぶって川を渡った。焚き火をして濡れた体を暖めるうち、二人の気持ちが通じ合い、息子は生まれて初めて「お父さん」と呼んだ。

 下手な文章でこのように書くと、安っぽい人情物語になってしまうが、人々は豊かな自然に抱かれてこそ寛容になれることを暗示している。中国の沿海部は工業化が進み、拝金主義がはびこっているが、内陸には美しい自然が残り、穏やかな人間社会が営まれているのだ。

 作家開高健に私の好きな言葉がある。「遠い道をゆっくりと、けれど休まずに歩いて行く人がある」。郵便配達の父と子の姿が、この短い言葉と重なり合う。この映画で、「歩く」ことの意味を考えた・・・。
スポンサーサイト
   10:35 | Comment:2 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 Mr.Cup [URL] #E6kBkVdo
この映画は、東京の小さな映画館で初公開時に観ました。
その時は、中国にもいい印象を持っていましたが・・
市井の人々と指導者とは異なるのかなぁ・・。

自分の持っている一生と言う時間の使い方はどぅなんだろぅと、映画を観て思いを馳せたことを思い出しました。
それから10年以上の時間が過ぎたのに、何をいまさらと言う自戒です。

 2017.01.25 (水) 17:06 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   Mr.Cup さんへ

 コメント有難うございます。
旅行に行っていて、返信が遅れました。
 私も中国共産党にはいい印象を持っていませんが、4000年の歴史は学ぶべきものが多く、素朴な内陸の人々にも親近感を持っています。
 映画のように、ゆっくり流れる時間の中で過ごしたいですね。
 ブログへの訪問ありがとうございました。
 2017.01.28 (土) 12:24 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1202-919a57a6
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR