森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

山小屋へ帰るのか、行くのか・・・女房と私の温度差

 地中の虫が蠢き始め、春が近づいてきた。冬の間だけ大津の自宅で過ごしていたが、そろそろ和歌山の山小屋へ移動する時期を決めなければならない。例えば郵便物の転居届けは1週間ほど前に出しておかなければ、ちゃんと山小屋に配達してくれないのだ。

 つい先日、女房に「和歌山へいつごろ帰ろうか」と話しかけた。すると女房は「帰ろうではなく、和歌山へ行くでしょう」と語気を強めた。何もそんなにむきにならなくてもよいと思うのだが、女房に心境の変化が起き始めているのだと感じた。

 つまり、和歌山に「帰る」と「行く」では、和歌山と大津のどちらに生活の軸足を置くかという問題なのだ。私は言うまでもなく、和歌山が生活の拠点だと思っている。野鳥と遊び、山菜を採り、魚を釣る。自然の移ろいに身を任せ、日々を過ごしたいと願っているのだ。

 もちろん女房も、山の生活を楽しもうという思いは同じである。畑を耕して野菜を育てるなど山の生活の楽しみ方は、お互いが共有している。ただその強弱、温度差、濃淡は微妙である。

 標高800mの山の生活は、それなりに大変である。買い物に行くには1時間以上かかるし、病院はもっと遠い。いつまでこの暮らしを続けられるか、不安がない訳ではない。いずれ大津に軸足を置く日が来るだろうが、なるだけ長く山小屋に居たいと思っている。

 しかし女房は、将来を見越して準備を始めたのだ。2階の部屋と部屋の壁をぶち抜き、10畳ほどの部屋にリニューアルし、自分の城にしようという魂胆である。早速、知り合いの大工さんに電話し、あれよあれよと工事が始まったのだ。

 壁紙も張り替え、見違えるようにきれいになった。趣味の機織機やソファを運び込み、小さな絨毯も敷いた。物置に入れていた額入りの絵を壁に掛け、自分の布団もここに移動させた。「私の城よ」と自己主張しているようで、夫婦の仲なのに思わずノックして入室してしまった。

 このように生活の拠点作りを進める女房にとって、和歌山は「帰る」場所ではなく、あくまでも行くという位置づけなのだ。改装したこの部屋は、女房の趣味を楽しむ「城」であり、あえて言えば、私の死後をも見据えている可能性が強い。何か恐ろしい・・・。
スポンサーサイト
   06:55 | Comment:6 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 Reiko [URL] #wpFLrxN.
初めまして…ではなく以前そちらの別荘の件でメールを送らせて頂いた者です。
(残念ながらお返事は無かったのですが…)
山を愛する主人が28年前に生石高原に土地を購入し退社後は小さい山小屋と思っておりましたが、
管理組合の体制を考慮し今は諦めの境地に至ります。30年前に不慮の事故で脊髄損傷を負い、大好きな山登りが出来なくなりました。
毎回こちらのブログを拝読し、山暮らしのの素晴らしさ、仲睦まじいご夫妻の日々と文章の巧みさに絶賛しております。
奥様も山暮らしをとても楽しんでおられ、器用で
前向きでなかなか真似のできない、同じ立場の女性として尊敬できる方だと思っております。
今回、和歌山には『行く』との発言で改めて
ご本人の軸がしっかりしていることに共感いたしました。全く文章能力の無いわたくしですが、一度
お会いしたい気持ちでいっぱいです☆
どちらの気持ちも分かります 2017.03.07 (火) 09:37 [Edit]
 May [URL] #mQop/nM.
ひまじんさんの死後だなんて・・恐ろしい~(笑)
私は体もどうも丈夫ではないようだし、気苦労で夫より先に死ぬ予定をしておりますので、何も計画していません。

しかし、奥様はいつも決断力がおありになり、ササッと計画・実行されるのですね。逞しい~
山小屋生活、期間を決めなくても、出来る時に出来るだけ居ればよいのでは?例えば年取ったら半年にするとか・・

私もね、NZに半年・日本に半年などと考えることもありますが、なにせ遠い。そんなに頻繁にでは飛行機代もままならないし体力も要ります。どうなるのかまったく想像がつきません。
 2017.03.07 (火) 13:53 [Edit]
  [URL] #-
    Reikoさんへ

 コメントありがとうございます。
以前別荘の件でメールをいただいたとのこと。
返信しないままだったとは大変失礼しました。
 30年前の事故、お気の毒です。
購入された別荘地はそのままということでしょうか。
現在の別荘管理は、有志の皆さんが力を合わせ、頑張っています。
伐採や道路整備を進め、以前より随分良くなりましたよ。
水道も心配要りません。
温かくなったら、一度おいでになったらいかがでしょう。
わが家で珈琲でも飲んで下さい。
ぜひ、おいでください。
仲睦まじいご夫妻の日々・・・などとお褒めいただきましたが、それはブログの上でのこと。
日々小競り合いをしています。
今後ともよろしくお願いします。
 2017.03.07 (火) 17:48 [Edit]
  [URL] #-
    May さんへ

 ブログを読ませてもらうと、Mayさんの体調が優れないとの事。
しかも、医療費が高額という記述もありました。
こちらはお陰さまで体調はいいのですが、持病の薬代が結構な額になり、楽ではありません。
 あとひと月ほどすると和歌山に「帰ります」。
これからは徐々に山小屋生活を減らすことになるかもしれませんが、数年は頑張りたいと思います。
しんどくなったら大津に帰ればいいだけのことですが、NZと日本を往復することを考えれば、大したことではありません。
 ともかく、Mayさん、早く体調を回復して下さい。
元気なブログを期待していますよ。
 2017.03.07 (火) 18:30 [Edit]
 Reiko [URL] #wpFLrxN.
ご返事ありがとうございました
こちらこそよろしくお願い申し上げます。
別荘地は狭いですが工房前辺りにございます
以前管理組合の方に滋賀県から来られている
森に暮らすひまじんさんてご存じ無いでしょうか?
とお聞きしたのですが…
暖かくなれば太郎と花子に会いに行きますので
是非、お会いしたく存じます。
ただ、主人は車いす生活をしておりますので
お茶をご馳走になれるかどうか??? 笑
是非お伺いします 2017.03.08 (水) 08:53 [Edit]
  [URL] #-
    Reiko さんへ

 温かくなったったら、是非、どうぞ。
山小屋は階段を上がらなければならないので、車椅子は無理かもしれませんが、前の道で珈琲くらいは飲んでいただけると思います。
前もって連絡いただければ、幸いです。
 2017.03.08 (水) 18:41 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1215-fc76f1f9
 
 
カレンダー
 
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR