森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

【夫の日記】 疾駆する老アユ釣り師/有田川

  薄い霧の中、生石高原を下る。もちろんアユ釣りだ。山道沿いには合歓の木(ネムノキ)がたくさんあって、今、花が満開だ。余りに美しく、軽トラを道端に止めて、見入った。
 花は茶せんのような形をしていて、根元が白、先がピンクで、そこはかとない色気が漂う。古いところでは、妖艶の女優太地喜和子、新しいところでは山本モナが思い浮かぶ。モナちゃんは巨人二岡選手とデートしている写真を撮られ、またまたキャスターを降板したらしい。枯れかけたひまじんの心を揺さぶるあの色気。モナちゃん、かわいそう。
 まあ、そんなことはどうでもよろしい。合歓の木は、夜になると葉を閉じて眠るので、そんな名前がついたらしい。「昼は咲き、夜は恋ひ寝(ぬ)る・・・」(万葉集)。妖艶の木でありますな。

IMG_0701.jpg



 さて、アユ釣り。瀬を攻めていると、中年の釣り人がやって来て、ひまじんの5、6メートル下で竿を出すではないか。これはルール違反だ。邪魔になってオトリを操作できないし、掛かったとき取り込めない。川がすいていれば、だいたい30メートルくらい間隔を開けるのが暗黙のルールだ。若者はちゃんとルールを守るのに、近年、ええ年をした釣り人の行儀の悪さが目立つ。
 気分が悪くなったので、すぐ場所替わり。大型のアユを狙って下流に車を走らせ、オオセというポイントに入った。1時間ほどまったく釣れず、昼ごはんを食べて、モナちゃんの長い足など思い浮かべながらボーっとしていた。
 午後1時過ぎ、釣りを再開したがオトリが弱っており、釣果ゼロの不安がよぎる。オトリを強引に流芯に入れ、竿を寝かせて対岸に誘導。竿を立ててしばらくするとグイーンと水中糸が走った。背掛かりで20センチほどの元気なアユが釣れた。
 オトリが替われば、釣れるはずだ。予想通り、その後はポツリ、ポツリながら掛かり、それも20~23センチの良型ばかり。河原を走り回り、ほぼノーミスで11匹が曳き舟に納まった。
 もう帰ろうか。車の所に歩いて行くと、石の色の良い瀬があった。スケベ心が出て、もう一度竿を出すと、いきなり掛かった。5連発だ。アユも大きく、走り回された。16匹の釣果に納得して竿を納めた。

IMG_0697.jpg

 軽トラを止めている前の瀬でご夫婦が釣りをしていた。ご主人は70過ぎに見える。ちょっと腰が曲がっている。奥さんはそれよりは二つ、三つ若い。大阪の人だが、近くに別荘があり、ここに滞在しているという。
 驚くべきことが起きた。ご主人がアユを掛けた。これは大きい。竿を伸ばされている。すると、このご主人、下流の釣り人に「ごめんやっしゃ!、ごめんやっしゃ!」と叫びながら走り出したのだ。腰が曲がっているので、川は下れまいと思っていたが、まさに脱兎のごとくである。
 40メートルほど下流で無事タモですくった。これはもう感動である。いずれひまじんもこのような年齢を迎えるが、あの健脚は大きな勇気を与えてくれた。

IMG_0698.jpg


 奥さんが寄り添ってタモをのぞき、「よう取れたねえ」と夫の健闘を讃えている。上の写真のようにアユは23センチを下るまい。心から拍手を送りたかった。いい光景に出会えて、今日もいい1日だった。

IMG_0706.jpg


IMG_0708.jpg
スポンサーサイト
   08:32 | Comment:8 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 トレビアン・西 [URL] #9B64OxmM
おはようございます。いつも訪問していただいて、ありがとうございます。京都は暑いですよ。私の家は山沿いにあり風も動かないのか?暑いです(>_<)特に建物もコンクリートで熱を持つから夜も室内は蒸し風呂状態です。森に暮らすさんが、羨ましいです。
 2008.07.12 (土) 10:18 [Edit]
 釣りじいさん [URL] #-
ええ光景に出会えましたね。流石好きな道、わしも70,80になってもこの方のようになりたいと思いますよ。それに、奥様の声かけがまた実にええ♪
それにしても、師匠!!
なかなかやりますね~。アユの道はよくわかりませんが、こりゃ、日本で10本の指に入るんじゃないですか!!  モナちゃん・・・!?
 2008.07.12 (土) 11:15 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 山小屋の室温は今、26度です。風が通るので、涼しいですよ。朝夕は肌寒いくらいです。
 でも、冬は寒いです。連日氷点下で、水道が凍結します。薪をガンガン燃やしますが、薪が段々減ってくると恐怖すら覚えます。いいことばかりではありません。
こちらは涼しいですよ 2008.07.12 (土) 12:32 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 私のアユ釣りは、下手な横好きです。今の体力がいつまで続くやら。まあ、70を超えてもあの老人のように、走り回っているかも知れませんが・・・
 モナちゃんって、いいでしょう?ひまじんの好きなタイプです。ただ、交際が派手ですから、女房にすると寿命が縮まりますが。
モナちゃんの色気こそ10指に入ります 2008.07.12 (土) 12:39 [Edit]
 dejavuewords [URL] #hdScUxTA
私は釣りは数えるほどしかしたことがありませんが、それでも渓流釣りで残り鱒を炭火焼して食べたときの味はよかったですね。
山登りをしてたときは山女や岩魚など山麓の宿でよく出されましたが、養殖物の味気なさに閉口していました。
それだけに釣り好きな友人が天然鮎を持ってきてくれたときの味は忘れがたいものがあります。
鮎はよく胡瓜の匂いがするとかいわれますが、なにやらそんな感じだったし、とにかく香ばしかったですね。
料理屋で食べた落ち鮎の山椒煮。
これも独特の味で美味しくいただいたことがあります。
それにしても、日毎釣り三昧とは羨ましいものです。
天然物の味わい 2008.07.13 (日) 00:45 [Edit]
 マリーちゃん [URL] #-
とても良い話を聞けた気がしました~年をとっても釣りやアウトドアに情熱を持った旦那さんっていいなぁ。と思いました。暗黙のルールですか。たくさんあるんだろうなぁ><私もいろいろ覚えていかないといけませんね^^
 2008.07.13 (日) 01:06 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 コメント、ありがとうございます。アユは色んな料理方法があり、どれもおいしいですね。山椒煮にもいいですね。滋賀県の比良山の登山口に料理屋があって、ここの山椒煮はおいしく、作り方を教えてもらいました。お茶の葉で煮るとのことでした。
dejavuewordsさん、こんにちは 2008.07.13 (日) 10:20 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
 いやー、あのお年寄り、すごいスピードで走っていました。石がごろごろしていて、走りにくいのに・・・あのように、年をとりたいと思っています。
 釣りには暗黙のルールがあります。要するに、先に来ている人の邪魔にならないようにする。当たり前のことですが、なかなか守られていませんね。
マリーさん、おはようございます 2008.07.13 (日) 10:25 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/122-0de84022
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR