森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

ノビルもまた春の味

IMG_0130.jpg

 月刊誌に読みたい記事が載っていたので、町の図書館へ向かった。ようやく暖かくなり、春めいた景色を眺めながら生石山をのろのろと下った。すると、畑の一角に目が止まった。そこにはノビルが群生していた。

 耕作されていない畑だから、少々ノビルを頂いても構わないだろう。茎の根元を握って引き抜くと、絡み合った根っこに球根が鈴なりになっていた。鼻を近づけると、ラッキョとネギを足して二で割ったような香りがツンと鼻腔を刺激した。

 ノビルはユリ科の多年草で、野原や土手などどこにでもある。ただ、私たちが暮らす生石高原では見かけないので、わざわざ里まで下って採って帰るのは、年に1回あるかないかだ。

 その夜、女房が酢味噌和えを作ってくれた。翌日の朝食には、味噌汁の具になって食卓に載った。平凡な野草だが、味はワケギに似た独特の風味があり、乙なものである。

IMG_0132.jpg

IMG_0135.jpg

 春に山菜を食べるのは、美味しいからなのか、日本人の体に刻まれた「何か」があるのだろうか。野草の本で読んだことがあるが、山菜には体内に蓄積された毒素みたいなものを排出させる作用があるという。山菜を食べるのはもちろん美味しいからだが、春になるとその効能を体が求めているのかもしれない。

 生石高原に山小屋を建てる前は、そもそもノビルなど知らなかった。北陸の僻地で生まれた私だが、少年時代、山菜はもとより、カボチャの種、桑の実、山芋のムカゴなど食べられるものは何でも食べた。それなのに、ノビルを食べる習慣はなかったのはなぜだろう。

 確かにノビルは、腹の足しになることはない。ノビルや山菜を有難がるのは、むしろ食生活が豊かになった裏返しなのだろうか。それとも、現代の食べ物には物足りない「野趣」という風味を珍重する時代なのか・・・。
スポンサーサイト
   09:03 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 May [URL] #mQop/nM.
都会育ちの私は、道端にノビルが生えていても気付かないでしょう。(食べたこともないです)
「山菜には体内に蓄積された毒素みたいなものを排出させる作用がある」絶対そうですね。
人間も元はと言えば動物だから、そういうものを体が求める習性は残っているのでしょう。
いつもスーパーの農薬のかかった?野菜や、化学調味料でいっぱいの箱や袋物を食べていると、長生き出来なさそうなばかりか、既に病気になっている気がします。
人間の暮らしが豊になって、食べ物が貧しくなるのはどうも変ですが・・・
 2017.04.18 (火) 16:17 [Edit]
 イレグイ号 [URL] #-
仏教の教えの中に、辛味や香りの強い野菜を戒めるものがあるそうです。「五辛」というそうですが、その中に野蒜も入っているそうです。
そんな戒めが伝統的に残っていたのでしょうか。

確かに、山菜の苦みというのは体から悪いものを押し出してくれているような気がしますよね。今はそんなことがないですけど、緑の野菜が乏しい冬を乗り切った体にはみずみずしい春の山菜は何とか生き残ったという喜びと安堵みたいなものが感じられるのでしょうね。
そういう感覚を人はもっと持たなければならないのではないかと思います。

僕も、今日、図書館に行ってきたのですが、自宅に帰る道中、タラノメの木を1本見つけました。街中というほどのところではないですが、こんなところにもあるのだと驚きました。今年は大きくなりすぎていましたが、誰も盗った跡がないので来年が楽しみです。
 2017.04.18 (火) 19:05 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
    May さんへ

 コメント、有難うございます。
ブログを読ませてもらっていると、体調の良くない様子が伝わってきます。
それでも、おおらかさを失わないのがいいですね。
 確かに、暮らしが豊かになって食べ物が貧しくなる・・・。
でも、安全な食べ物なんて、少ないですね。
中国産を警戒するのが精一杯です。
 2017.04.20 (木) 17:02 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
   イレグイ号さんへ

 ノビルって、「五辛」のひとつですか。
仏教的には、これを食べるのを戒めているのですね。
「毒には毒」という意味なのでしょうか。
 メールでもお知らせしましたが、コゴミは後しばらくで終わりそうです。
 癖のない食べ物で、東北旅行の時に初めて食べました。
胡麻和えや天麩羅は実に美味しかったです。
その味が忘れられず、滋賀の野洲川の上流へ採りに行ったことがありますが、少ししか取れませんでした。
 和歌山では物凄く自生していますが、東北のものより味が落ちるような気がします。
 2017.04.20 (木) 17:13 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1225-73c771a2
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR