蕎麦打ち入門、4食ともざる蕎麦・・・ふぅー

IMG_0027.jpg
          
 私たち夫婦が入門した蕎麦打ち道場は、生石高原のわが家から車で小一時、紀ノ川のほとりにある。集落はざっと100戸ほどで、山の斜面に果樹園が広がっている。集落の路地は車1台がやっと通れる狭さだ。昔からの古い町なのだろう。

 ここに太っ腹の人がいて、無償で平屋の家を提供し、こね鉢や包丁など道具一式もそろえて道場を開設した。参加費用は、蕎麦粉代や光熱費だけで1回1000円。講師料のようなものはなく、みんなが教え合って楽しもうという気楽な道場だ。

 夕方6時前に道場に着くと、会長や副会長が先に来ており、準備のため忙しくしていた。副会長は「今日は参加者が多いので、さぁ、始めましょう」といい、いきなり蕎麦打ちの実践である。心の準備も出来ていないので、少々慌てた。

 打つ蕎麦は「二八蕎麦」というもので、蕎麦粉8、つなぎの中力粉2という割合だ。ちなみに、つなぎを使わないのは「十割蕎麦」で、勤務先の近くに「十割」をうたう店があり、よく食べに行った。

 われらは、別々にそれぞれ500グラムの蕎麦を打つ。まずは蕎麦粉を計量し、粉をふるいにかけてほぐしておく。そうすることで、スムーズに水分を行き渡させることが出来るという。これを「水回し」といい、副会長は「蕎麦打ちは水回しが最も重要。これを覚えておいて下さい」とのことだ。

IMG_0037.jpg

 250ccの水を3回くらいに分けて注ぎ、こね鉢で蕎麦粉を練り込むが、これがなかなか難しい。体重を乗せて手のひらで練り込むが、手早く200回以上も練るのでかなり力仕事だ。すぐに汗ばんできた。もたもたしていると、ベテランがさっと体を入れ替え、実地で教えてくれる。

 練った塊を直径30cmほどの円形に延ばすと、いよいよ麺棒を使って徐々に薄くしていく。麺棒を転がす時、つい爪を立ててしまい、傷が付いてしまう。円形の塊を長方形に成形できれば、折りたたんで細く切る作業に入る。

IMG_0040.jpg

IMG_0043.jpg

 包丁は中華包丁のような長方形である。包丁の重みで切れと教わるが、これも難しい。蕎麦の断面が正方形になれば理想的だが、私たちが切れば素麺のように細かったり、きし麺のように平べったくなる。まぁ不ぞろいも手打ちの味の一つと言えなくもない。

 打ち終わったら各自が一人前づつ出し、みんなで茹でたてを試食する。蕎麦つゆは道場の自家製で、こだわりがあって美味しい。試食していると、きし麺のようなものがたくさん混じっており、安心した。

 私たちは計1000グラム打ったが、試食分以外は持ち帰ることになっていた。美味しく食べるにはなるべく早い方がいいと言われた。これを忠実に守り、講習会の夜、翌日の昼、さらに翌日の昼と晩、計4食とも蕎麦だった。なんぼ蕎麦好きと言っても、これでは少々、食傷気味である。

 しかしそれでも、掛け値なしに美味しかった。蕎麦は「挽きたて・打ちたて・茹でたて」の「三たて」が美味しさの秘訣とされる。蕎麦打ちに入門したわれらは、いつでも打ちたて、茹でたてが食べられる。断言できるが、そこらの蕎麦屋よりも間違いなく美味しい・・・
スポンサーサイト

コメント

楽しそうな会合ですね~!

やはり料理男子としては自前の道具が欲しくなりますよね~。
今、京都の「有次」という包丁店の本を読んでいるのですが、その店の蕎麦切り包丁は、1丁5万円ほどだそうです。
いかがですか!

    イレグイ号さんへ

 まだ初参加ですので、みなさんの名前も分かりません。
1か付き回の例会ですから、追々仲良くなりたいと思います。
 そば切りの包丁も、ピンキリです。
大津の自宅で使っている出刃と柳包丁は京都の「有次」です。
柳包丁はなく使っていますので、かなり痩せてしまいました。でも切れ味はいいです。
非公開コメント

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR