森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

記憶喪失かオンナか・・・連続テレビ小説の行方

 今朝もテレビから、NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」のテーマソングが流れている。桑田佳祐さんらしい心が浮き立たつようなテンポだが、歌っている歌詞がどうも聞き取りにくい。「宝物」と言うところを「たかきゃらもの」と聞こえ、ファンの方には悪いがちょっと耳障りだ。

 新聞か週刊誌か忘れたが、NHKの上田良一会長がこの桑田佳祐の主題歌「若い広場」を褒めた上で、「歌詞が意味不明」と苦言を呈したと報じられていた。上田会長と私はほぼ同年代で、年寄りのたわごとかもしれないが、思うところは同じである。♪愛の言葉をリル シャイなハートがドキドキ・・・歌詞の冒頭からこの調子だから、何のこっちゃ・・・である。

 先日、ノーベル文学賞の川端康成の昔のインタビュー記事を読んでいたら、氏は「文章は耳で聞いてわから分からなければならない」と語っていた。私もつたない文章をブログに書いているが、思わず膝を打った。学術書ならともかく、3回読んでも分からない文章って、どうかなぁと思う。歌の歌詞も耳で聞いて分からなければ意味がない。

 その点、阿久悠さんは作詞の天才だ。分かりやすく、情感を揺さぶる。歌手八代亜紀さんの「舟歌」を口ずさんでみてほしい。♪「お酒はぬるめの燗(かん)がいい 肴(さかな)はあぶったイカでいい 女は無口な人がいい・・・」。阿久悠さんの歌詞からは、港町で寂しく酒を飲む海の男の姿が浮かび上がる。

 元に戻るが、テレビ小説「ひよっこ」のヒロイン有村架純は、集団就職した先の向島電気が倒産して失業、仲間たちとちりじりになった。第二の就職先は、父親との縁で懇意にしていた都内の洋食屋に決まった。親切な人たちに囲まれて楽しく仕事をしている。

 都内での就職にこだわったのは、東京で行方不明になった父親を探すのが目的だったのだろう。父親は茨城県から東京へ出稼ぎに行っていたが、ある日、宿舎から姿を消した。日本の高度成長期の昔、「蒸発」という言葉がマスコミを賑わせるほど、失踪者が増えた。

 父親の蒸発は何が動機だったのだろう。私と女房の意見は割れた。女房は何かの事故かトラブルで記憶喪失になったのではないかと言う。これは人間の性善説に立っており、ドラマがどのように転んでも、記憶喪失であれば無難な結末に落ち着く。私は女性がらみじゃないかとゲスの勘ぐりをする。実際その時代、そんな失踪が多かったようだ。

 どこかで聞いたような話だが、父親はネオン街で働く女性の貧困を実地視察するため、出会い系バーのような風俗店に足を踏み入れた。そこで出会った女性にお金をあげたり、貧困について話しを聞いたりしているうち親しくなった。やがて抜き差しならない関係になり、故郷と家族を捨てたのだ。

 毎日、連続テレビ小説を見ている自分としては、ドラマの行方に波風が立たないと退屈で仕方ない。実直な父親の化けの皮が剥がされるのが楽しみだ・・・。

 
スポンサーサイト
   06:55 | Comment:4 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 May [URL] #mQop/nM.
記憶喪失かオンナか・・あっはっは、どちらの予想が当たるのでしょう?
文章ですが、最近ブログを読んでいて気になるのは、やたら漢字表記が多いことです。漢字にしなくても・・・という言葉を。
これはパソコンの弊害じゃないかと思っています。変換しなくてもいいところを、変換表が出てきたら安易にクリックするという・・。
自分自身も"読みやすい”を心がけていますが、どうだか。

桑田さんの歌はYoutubeで探してみましたが、他人がカバーしているものしか聞けませんでした。(彼の歌い方は独特で、私も”う~ん”ですが~)
でも歌も絵と同じ芸術のひとつでは、と思います。
抽象画の良さが分からないのと同じで、歌詞がどうであろうと全体的な雰囲気が好きな人がおられるなら、それはそれでいいのでは、と・・・
私も年よりの部類に入ってきましたが、今どきの歌が若い人に受け入れられているということは、時代が変わって、歌詞に拘らない人も増えているということでしょうか。
 2017.06.11 (日) 08:04 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
    May さんへ

 確かにパソコンで文章を書く人(私も)は、ついつい変換の時、漢字を選ぶ傾向が強いと思います。
私の場合は、なるべく難しい漢字を使わないよう心がけていますが、ついそのまま使うこともあります。
 そしてパソコン派は、漢字が書けなくなっています。私も物忘れもありますが、やはり書けないことがあります。
 May さんの文章は上手で、読みやすいですよ。ボランティアで算数を教える記事は、へーっと思わせ、面白かったです。
 2017.06.11 (日) 18:34 [Edit]
 イレグイ号 [URL] #-
桑田佳祐の歌というのはバラード以外は雰囲気だけ楽しめばいいのではないでしょうか。
この歌も、「リ~ル~」とか歌って昭和の雰囲気を強調しているだけだと思います。

東京オリンピックを前にしての題材かもしれませんが、最近はバブルの時代の文化が注目されたりもしているようですが、このドラマを見ていると大半の日本人はすでに未来に期待ができないようになってしまっているのだなとつくづく思います。(僕もそのひとりではありますが・・・)

それにしても有村架純はともかく、宮本信子まで出てきて親友がタレント志望でタイトルが「ひよっこ」では「あまちゃん」の焼き直しではないのかと思ってしまいました。
まさかこの先、みね子さんがアイドルになってしまうということはないでしょうが・・・。
 2017.06.25 (日) 07:50 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
    イレグイ号さんへ

 へ、へ、へ。年寄りのたわごとです。
演歌を聴きながら酒を飲んでいた私たちの世代は、「歌詞がなっとらん」と言いたくなるのです。
 「おしん」はともかく、「あまちゃん」をしのぐ朝ドラは出てきませんね。
ひよっこは退屈で仕方ありません。
毎朝の習慣になっていますから、見ているだけです。
ただ、お父さんが出てくる時は注目しています。
 2017.06.25 (日) 16:29 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1240-6ecc4abf
 
 
カレンダー
 
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR