森に暮らすひまじん日記

第二の人生を歩む私たち夫婦は、和歌山の生石高原に近い森の中で暮らしています。豊かな自然の恵みにあずかりながら、有機栽培で野菜を育てたり、近くの渓流や海で魚を釣ったりする気ままな日々です。そんな暮らしぶりを綴っています。 
 

名峰・白山を登る・・・(前編)

 石川、福井などにまたがる北陸の名峰・白山(2702m)はいつか必ず登りたい山だったが、これまで北アルプスや南アルプスの山に目移りし、ずっと後回しにしてきた。しかし、年齢的にも能力的にももう待ったなしの状態で、まだ多少の力が残っている今、挑戦することにした。

 後で後悔することになるのだが、私はどこか白山を甘く見ていた。それに、出発する前、知人から「なだらかな山ですよ」と聞かされてもいたことも甘さにつながった。しかし考えてみれば、楽に登れる山など一つもないし、まして日本百名山の頂上を踏むにはそれなりの苦難が伴うのが当たり前だった。

 もう一つ、白山に登りたい訳があった。1300年前、白山最高峰の御前峰の祠に、白山を開山した泰澄上人が自ら彫った十一面観音像を安置したとされ、この山こそ観音信仰の聖地とされているのだ。私は各地の十一面観音菩薩を巡拝しているので、今回の登山は聖地巡礼でもある。ただ、大いに落胆した。その理由は後で・・・。

 登山に備え、和歌山の山小屋から北陸に近い大津の自宅に帰った。テレビでは秋田や新潟、それに石川などの豪雨が伝えられていたが、すでに中腹にある南竜山荘を予約していた。登山前日の夕方、白山の予約センターから電話があり、雨で登山口の別当出合への道が閉鎖されているとのことだ。

 もし白山が駄目なら、福井を経由して上高地から焼岳に登ろうと、午前5時半に見切り発車した。8時を過ぎれば予約センターで情報が得られるとのことだった。勝山市の手前で女房が電話すると、通行止めが解除されたとのことだ。このような電話をしてくれるのは珍しく、以前から抱いていた「北陸人の親切」はその通りだと再認識し、うれしかった。

IMG_0059.jpg

 午前10時過ぎ、登山口の別当出合に到着した。山を見上げると、霧が覆っていた。義務付けられている登山届けを提出して歩き出した。いきなり100mほどの吊り橋だ。女房は目をつむって渡るほどの吊り橋恐怖症で、「私が渡り終えるまで、絶対来ないで」と念を押して渡った。

IMG_0065.jpg

 登山道は急登から始まった。私たちの前におばさん中心の20人近いグループがおり、しばしば渋滞する。花を観察し、写真撮影しながらの登山だから、渋滞も当然だ。彼女たちはあらん限りの花の知識を披瀝し合い、少し滑稽。人のことは言えないが・・・。「すんまへん」と言って一気に追い抜いたが、息が切れた。

IMG_0066.jpg

 ブナやダケカンバの森の中を登って行く。すると、黒の作務衣に頭に手拭いを巻いた集団が迫ってきた。10代と思われる若者で、「永平寺の人?」と問うと、礼儀正しく「はい」と答えた。厳しい修行を続ける永平寺の禅僧だ。

IMG_0068.jpg

IMG_0069.jpg

 登山道沿いに「この先、火口域から2キロ圏内」という標識があった。白山は紛れもない活火山であり、ひとたび噴火すれば噴石が飛び散る範囲ということだろう。あの御嶽山の悲劇が蘇ってきた。

IMG_0082.jpg

 いくつも小さな池があった。これらの池にはサンショウウオが生息しているとテレビで知った。池をのぞいてみると、赤ちゃんがいっぱい池の底を這っていた。大人になれば14、5センチの大きさになるらしい。

IMG_0079.jpg

 3時間ほど登ると、甚之助非難小屋に着いた。ここでカップ麺とおにぎりを食べ、すぐ歩き出した。このあたりは標高2000mほどで、高山植物が見られるようになる。言うまでもなく、白山は花の山である。「ハクサン」を冠する花は18種類と聞いた。ハクサンコザクラ、ハクサンイチゲ、ハクサンフウロ・・・。高山植物の代名詞のような花である。

 高山植物の名前をうかつに人に教えるのは禁物だ。同じような花でも異なる場合が少なくない。ベテランは花より葉をよく観察する。一番下の写真はヨツバシオガマだが、これは間違いない。

IMG_0085.jpg

IMG_0094.jpg

IMG_0096.jpg

 室堂と南竜山荘の分岐点を過ぎると、平坦な道になった。見上げると、青空がのぞいていた。やがて今夜泊まる南竜山荘が見えてきた。すぐ上まで雪渓が迫っている。山小屋のベッドにリュックを運んだ後、外のベンチでウイスキーを飲んでいた。すると、二組の夫婦が同じテーブルに座った。何と和歌山の隣町の人たちで、にわか県人会と相成った。

IMG_0125.jpg

IMG_0124.jpg

 翌朝は小雨が降っていた。朝食の前、沸かしたコーヒーを飲みながら、恨めしく空を睨んだ。朝7時、雨具を着込んで出発した。前日、下山してきたおばさんたちと立ち話をした。二日間とも雨に降られたらしいが、「私たち登山というより、花を見に来たのよ」と強がり言っていた。なるほどそんな言い方があるもんだ。

IMG_0134.jpg

IMG_0135.jpg

 頂上へ向かうにはいくつもルートがあるが、私たちはエコーラインを登った。急な斜面のため道はつづら折りになっていた。それに沿って様々な高山植物が雨に打たれていた。それはそれで風情があるが、「花を見に登ってきた」という強がりはとても言えず、雨は残念至極・・・。

 ナナカマドが群生していた。秋になればさぞや紅葉して美しいだろう。黄色いニッコウキスゲは、ハッとさせるほど鮮やかだ。ピンク色のコイワカガミはこれから何度も目にするだろう。チングルマも健気に咲いており、すでに花が散り、綿毛になっている場所もあった。

IMG_0139.jpg

IMG_0147.jpg

IMG_0145.jpg

IMG_0148.jpg

 急な石の道を登った。やがてイブキトラノオの花の向こうに、室堂の建物が見えてきた。南竜山荘から2時間近くもかかった。相変わらず霧が立ち込めている。これから小一時間かけて最高点の御前峰に登るのだが、深い霧に気勢を削がれた。

 その頂上からは、エメラルドグリーンの水を湛える噴火口が眺められ、白山きっての絶景である。そして、この池を巡るトレッキングは白山登山を締めくくる完結編である。しかし、霧が出れば道が不明確になり、遭難の危険が大きい。われらは果たして行けるのか・・・。     

IMG_0156.jpg

IMG_0163.jpg

IMG_0166.jpg

IMG_0167.jpg

                                                            (続く)

スポンサーサイト
   13:20 | Comment:2 | Trackback:0 | Top
 
 
Comment
 
 ヨッシー [URL] #-
南竜山荘で右側に座った「にわか県人会」の夫婦です。あの時は大盛り上がりで楽しかったですねぇ。後編を楽しみにしてますー。
その節は… 2017.08.02 (水) 14:20 [Edit]
 森に暮らすひまじん [URL] #-
    ヨッシーさんへ

 ヘーッ、よく私のブログがわかりましたねぇ。
ともかく、コメントありがとうございます。
ヨッシーさんは白山のベテランですから、私の記事におかしい所があるかもしれません。ご勘弁を・・・。
 にわか県人会、楽しかったです。
登山は様々なめぐり合いあり、これが登山の楽しみでもあります。
今後もよろしくお願いしますが、オークワあたりでばったりお会いするかもしれませんね。
奥さんの顔、ばっちり覚えていますので、楽しみにしています。

 2017.08.02 (水) 18:54 [Edit]






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
Trackback
 
http://yoko87.blog74.fc2.com/tb.php/1255-205a1dfb
 
 
カレンダー
 
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
月別アーカイブ
 
 
カテゴリー
 
 
ブログ内検索
 
 
全記事表示リンク
 
 
 
訪問者数
 
 
ランキング参加中!
 
 
リンク
 
 
PR
 
 
PR
 
 
PR