FC2ブログ

真鯛に大型の太刀魚・・・紀淡海峡で

 西の空に中秋の名月の名残りを留める10月5日、紀淡海峡で釣りをした。和歌山市の小さな港に船を係留しているイレグイ号さんからの招きである。毎年、大きな太刀魚が釣れ出すとお呼びがかかる。その代わりと言うか、生石高原が山菜の季節を迎えると、ワラビやコシアブラ、山ウドなどを採りに来てもらっている。

IMG_0004.jpg

 午前5時半に出港した。日が短くなり、この時間はまだ暗い。船は大きな漁船仕様で、快調なエンジン音を響かせながら紀淡海峡の友ヶ島を目指す。この日は、真鯛と太刀魚のダブルヘッダーだ。以前、イレグイ号さんの船で真鯛を狙ったが、腕が未熟なためか釣れなかった。それだけに、今回は内心期するものがあった。

 鯛の仕掛けは通称「タイラバ」というもので、大きな飴玉ほどの錘にヒラヒラした赤いゴムと10本ほどの糸を垂らすシンプルなものだ。腐っても鯛というが、その気位の高い鯛がどうしてこのヒラヒラに食いつくのか不思議でならない。

IMG_0007.jpg

IMG_0009.jpg

 実は先日、 NHKテレビを見ていたら、シマウマはなぜ縞模様なのかという疑問を取り上げていた。縞模様がたくさん集まれば、ライオンなどに脅威を与えるのではないかというのが定説だったらしい。

 しかし最近の研究によると、ライオンの目にはそんなにはっきりと縞模様が見えていないのだという。ということは、縞模様には別な意図があるらしいのだが、要するに私が言いたいのは、動物の目には人間が見た通りには見えていなということなのだ。鯛にとってヒラヒラは、美味しそうな小魚に映るのだろう。

 この仕掛けを40mほどの海底に落とし、ゆっくりリールを巻き上げる。10mほど巻いたらまた海底に落とす。この繰り返しだが、当たりがあっても巻き続け、竿先が大きく引き込まれたら合わせを入れる。はやる気持ちを我慢するのがこの釣りの難しいところだ。

 1時間ほど経った頃、コツン、コツンという当たりがあった。やがて竿先が海中に引き込まれた。合わせを入れると、強い引きが伝わってきた。タモを持って駆けつけたイレグイさんは、「多分、鯛でしょう」と言う。しかし、やっと姿を見せたのは嫌われ者の外道のエソだった。蒲鉾の材料くらいにしかならない。

IMG_0010.jpg

 鯛が釣れないまま3時間ほどが経過した。イレグイさんは「もう少しで潮が緩むので、鯛釣りはそろそろ終わりにしましょう」と言った。やはり鯛釣りは難しく、今回も空振りのようだ。私にとって残念なのは言うまでもないが、イレグイさんの心中はいかばかりか・・・。彼は、何としても私に鯛を釣らせたいと思っていたはずだ。

 残された時間はあとわずか。竿先の変化を捉えるため集中した。ゆっくりリールを巻いていると、グイッ、グイッと竿先が沈んだ。次の瞬間、竿が海中に舞い込んだ。「来た!」と叫んだ。イレグイさんがタモを持って駆け寄る。ゴンゴンという節のある引きが伝わってきた。

 40m近く巻き上げるのに長い時間がかかったように思う。海を覗き込んでいたイレグイさんが「鯛や、鯛や」と言った。私もしっかりピンク色の魚影を見た。イレグイさんがタモですくってくれたのは、30cmを超す正真正銘のブランド鯛だった。まさに最後の最後だった。

IMG_0012.jpg

 「あぁ、良かった」・・・。船上を跳ねる鯛を見ながら、イレグイさんがボソッとそう言ったのを聞き逃さなかった。決して多弁ではない彼だけに、私に鯛を釣らせたいという思いがその言葉に滲んでいた。私も女房をボートに乗せて釣りをするが、女房が釣ってくれる方がうれしい。船頭とはそういうものなのだ。

 大物の太刀魚を狙い、淡路島の洲本市沖に向かうと、大きな波が待ち受けていた。水深が100m近くもあるので、太刀魚の当たりが取りづらい。それでも釣り始めてすぐ、魚体の幅が指4本半の大きな太刀魚が釣れた。波に翻弄されながらの釣りだったが、クーラーには8本の良型が収まった。その何本かはイレグイさんが入れてくれたものだが・・・。

 最後に、鯛の味に触れない訳にはいかない。その晩、刺身にして食べたが、身の弾力といい、甘みといい、これはもう最高だった。大袈裟ではなく、これまで最も美味しい鯛だった。さすが、紀淡海峡の潮流に鍛えられただけはある。

IMG_0014.jpg
スポンサーサイト

コメント

赤色の黄金色の天然の鯛と銀色に輝く太刀魚との事さぞや綺麗だった事でしょうね‼️今回は味より色を感じましたよ‼️

ひまじんさん、お疲れ様でございました。
妄想の中ではこれの3倍くらいの釣果のはずだったのですが・・・。
船頭がヘッポコなもので、ご勘弁ください。
真鯛については、今日はもうダメだと思っていたところだったので釣っていただけてホッとしました。
ひまじんさんの執念に真鯛も観念したというところでしょうか。
風が強い日で大変でしたが、これに懲りずにまたお越しくださいませ。

    マッチョさんへ

 薄暗い海中に棲む鯛だから、太陽に焼けず、鮮やかな色をしているのでしょね。
 銀色の太刀魚は太陽に反射して、名刀のようです。
和歌山は太刀魚漁が盛んで、スーパーなどでよく売られていますが、1本釣りの太刀魚の味は絶品です。
奥さんとイカ、太刀魚、キノコを食べにどうぞ・・・。

    イレグイ号さんへ

 いやいや十分楽しめました。
それに、イレグイさんが太刀魚をたくさん入れてくれたので、大漁です。
天麩羅、刺身で食べましたが、どちらも最高でした。
食べきれないので、女房が冷凍保存しました。
解凍し、蒲焼にして丼で食べるとこれまた絶品です。
非公開コメント

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR