FC2ブログ

満天の空に、宇宙ステーションが見えた

 きのう、近畿地方に木枯らし1号が吹いた。今日も強い風が吹き、雨戸がガタガタと音を立てている。朝7時の気温は3・5度で、この秋一番の冷え込みだ。今回のブログは5日前のことだから、少々鮮度が悪い。

 台風21号に続き、22号がまたも紀伊半島を襲った。22号が来る前にボート釣りをしようと思ったが、21号の余波で波の高い日が続いていた。しかし幸運なことに、10月27日だけは波の高さが1m以下で天気もよく、このワンチャンスをものにすべく女房とともに由良湾へ出掛けることにした。

 私はアオリイカを狙い、女房はガシラを釣る計画だ。イカ釣りは生きたアジを使うので、まず湾内でアジを釣らなければならない。アジは釣り餌店で売っているけれど、1匹140円もする。朝早くポイントに着けばアジが釣れる確率は高いし、費用も節約できるので、午前4時45分ごろ山小屋を出た。

 空を見上げると、満天に星が輝いていた。その星の数の多さは、標高の高い生石高原でも滅多に見られないほどだった。星の奥に星があり、その彼方にも星がある。無限の宇宙空間を見ていると、なぜか恐怖感に襲われる。説明が出来ない不思議な感情である。

 私には、二つの星空が目に焼きついている。一つは30年ほど前、八ヶ岳に行った時だ。人家の明かりが届かない中腹の草原に寝転んで夜空を見上げると、天の川のあたりに、ぼんやりと宇宙のガスのようなものが見えた。普通では見えないかもしれないが、しかし確かに見えた。花火の後の煙のようだった。

 もう一つは、昨年9月のこと。ペルーの天空都市マチュピチュから帰る途中だった。インカ帝国の首都・クスコ(標高3400m)に近い峠で、漆黒の空を見上げた。その天頂に四つの明るい星が見え、身震いした。それを線で結ぶと十字になり、南十字星だと思った。ひと際明るく、青白い光を放っていた。南半球には似た星があるらしいが、私は南十字星だと信じている。

 出発しようと軽トラに乗り込むと、女房が外からコツコツと窓をたたいた。「あれ、人工衛星と違う?」と言うのだ。そんなものが見える訳がないと思ったが、車から降りて見上げると、なるほど明るい点がおおむね北の方向から南の方に動いていた。

 スピードは飛行機のように速いが、飛行機が放つ点滅の明かりが見えない。ここから関西空港に離着陸する機影がよく見えるのだが、明らかにそれとは違う。女房は「ほれ、あれなんて言うの?ステーションじゃないかしら」と言った。

 ひょっとしたら国際宇宙ステーションかもしれない。後から調べたが、高度は400キロ、大きさはサッカー場ほどらしく、夜明け前に見えることもあるらしい。その明かりは少し赤味を帯びているように見えた。夜明けの太陽が当たっているのかもしれない。

 理系に弱い私は、宇宙ステーションが飛んでいるのではなく、あの速度は地球が回っているスピードだと思っていた。しかし実際は物凄いスピードで地球を回っているらしい。ちなみに、秒速7・7キロ、時速だと2万7千キロだという。もし静止していたら、地球の引力で墜落するらしい。調べてみて、勉強になった。

 さて、この日の釣りだが、余り書きたくないというのが本音。アジは入れ食い状態で、20匹ほど生かしていつものポイントへ向かったが、まったく反応がなかった。給油を二回繰り返し、沖の一文字などへも走り回ったが、一度の当たりもなく万策尽きた。この間に女房がガシラを5匹釣ってくれたので、晩のおかずにはなった。

 これだけでは物足りず、アジのポイントで再び竿を出した。期待はしていなかったが、アジは入れ食いで、女房は一人で160匹も釣った。私はカワハギ釣りを試みたが、たまにチャリコやアジが釣れただけだった。それにしても、なぜイカが釣れなかったのだろう。長雨で塩分濃度が低くなっていたのかもしれない。

 ま、宇宙ステーションが見えたのは良かったが、釣りはまったく納得していない・・・。
 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

全記事表示リンク

訪問者数

ランキング参加中!

PR

PR

PR